後悔する年の差婚は?離婚率が高い【5つの理由】

年の差婚は後悔する?

芸能界でも話題の年の差婚。

一回り上の年上男性は、「包容力」と「経済力」がある魅力的な異性でしょう。

しかし、「年の差婚で後悔した!」なんて言う声も多かったりします。

その理由や原因について調べてみましたので、参考にしてみて下さい。

予めお伝えしておきたい事として、ちょっとマイナスな表現が続いてしまいますが、そこは一つご了承頂きたく思っております…。

後悔する年の差婚は離婚率が高い?

年の差婚で後悔するということは、年の差カップルは離婚率が高いのでしょうか?

米・エモリー大学が3,000組のカップルを対象に行った調査によると、一番離婚率の低いカップルの年齢差は“0”。そう、同い年のカップルだそうです。

しかし、年齢差が大きくなるにつれて離婚率は上昇。1歳差でも3%多く、10歳差で39%、20歳差では同い年カップルの95%も高確率! 30歳差婚というのはあまり耳にしませんが、なんと172%のアップだそうです。

出典:http://news.livedoor.com/

結果としては、年の差があればあるほど、離婚率は高まるようですね。

Sponsored Links

後悔する年の差婚の原因

年の差婚とはいえ、カップルとして付き合い、結婚まで行き着いた訳ですから、判断した上での結婚だと思います。

それはもちろん、年の差カップルだけに言及するものではなく、同い年婚でも同じですよね。

しかし、なぜ離婚率が高まるのか原因を調べてみました。

 

ジェネレーションギャップが起きる

ある程度想定した上かと思いますが、やはりジェネレーションギャップは生じるようです。

アナタが高校時代の思い出を語っていても、その時旦那さんは社会人ですので、「その頃はバリバリ働いていたなぁ」と思い出に違いが生じます。

学生時代に流行っていた音楽やドラマなどは、あるあるのギャップですよね。

共通の思い出があることは、夫婦間でプラスに働きますので、世代による摩擦は1つの原因でしょう。

 

年下扱いされる

アナタが20代の頃は相手が30代だったりしますので、経済的にも知識的にも相手の方が上手であると思います。

そのような関係で付き合って結婚に至る訳ですが、あなたが30代で相手が40代だとした場合、経済的な差はあるかもしれませんが、精神面や知識面では同じ大人になっているでしょう。

また、結婚をして色々な経験をしてきたアナタは、むしろ子供っぽいと思ってしまうかもしれません。

 

それが可愛いと思えれば良いでしょうが、昔と変わらず年下扱いされてしまっては、アナタも黙ってはいませんよね。

 

体力的な問題

アナタがバリバリと旅行や登山などアクティブデートをしたくとも、相手は体力的に難しい場合もあるでしょう。

人間40歳にもなれば、体のどこかに異常が起きてもおかしくないですし、持病で通院しなくてはいけない場合もありますよね。

荷物を持ったり、ゆっくり歩いたり、運転してあげたり。

お出掛けしても、年下のアナタの方が気を使う部分は多いでしょう。

 

外見やニオイなど加齢による問題

若々しい30代だった人が老けた40代になる場合もあります。

体型はぽっちゃりで、加齢臭もしてきたりですとか。

同い年であれば、「私ももう良い歳だから」と思えるかもしれませんが、年の差がある場合は、ここにもギャップが生まれます。

 

経済的な魅力が減る

「経済力」は年上男性の大きな魅力ポイントだと思います。

しかし、1つ面白い統計を発見しました。

agedifference_husbandandwife_02

出典:http://corp.allabout.co.jp/

10歳以上の年の差婚の夫婦が回答したアンケートですが、年の差婚夫婦の方が「経済力がない」という不満を回答にしています。

もちろん経済力はその家庭によってバラバラでしょうけど、アナタが20代の時と30代の時では収入も金銭感覚も変わっているでしょう。

「同期の○○君が出世して年収●●●円らしいよ!」なんて話を聞いてしまうと、後悔と思ってしまう原因かもしれませんね。

 

年の差婚で後悔しないための対策

後悔する原因を調べてみましたが、結局は「夫婦の価値観の問題」かと思います。

年の差婚であれ同い年婚であれ、価値観が違えば、結婚生活もうまく行きませんよね。

ただ、年の差婚の場合、価値観のギャップが生まれやすいだけではないかと考えます。

 

原因が分かれば対策ですね。

対策といってしまうと仰々しいかもしれませんが、夫婦仲をより良くするためのポイントとして、参照してもらえればと思います!

 

お互いが価値観の違いを認め合う

これが一番大事なポイントだと思います。

重要なのは、アナタだけではなく、お互いが価値観の違いを再認識することです。

アナタだけが歩み寄っても、 結局否定し合ってしまえば、ギャップはギャップのままですからね。

難しいこととも思いますが、自分の意見など独断で行動はせず、ゆっくりと話を聞いてみたり、意見を求めてみるなど、お互いが理解できる土台を造るようにしましょう。

夫婦は人生のパートナーですからね。

 

パートナーの老いは当たり前のこと

相手の方が年上である以上、アナタより老化スピードが速いのは当たり前のことです。

その点においても、周囲とは比較しないで下さい。

今はアナタが助けてあげている部分が多いかもしれませんが、アナタが風邪や病気にかかった時、助けてくれるのはそのパートナーしかいないかもしれませんよ。

 

パートナーが少しでも若く見えるようにサポートするのも1つでしょう。

加齢臭が気になるのであれば、臭わないように対策をすれば良いのです。

全額返金保証付きクリアネオボディーソープは旦那さんの嫌なニオイを解消するアイテムです。

加齢臭にお悩みであれば、試してみて下さい。

クリアネオ

甘えてみる

年上男性の場合、年下女性より上に立ちたい気持ちもあるかもしれません。

それを逆手に取ってではないですが、時には甘えてみるのも1つの作戦ですね。

気分が良いタイミングを見計らえば、思わぬプレゼントが付いてくるかもしれませんよ!

 

思いやりを大切にする

年の差婚であれ同い年婚であれ、相手のことを想わず、自分勝手なことばかりしていては、夫婦関係が上手くいかないのは当たり前ですよね。

ちょっとした心遣いや言い回し、タイミングなど工夫してみるのも良いかと思います。

気を使いすぎて、アナタがストレスを感じては意味がありませんからね。

素直な気持ちで、自分が出来うる範囲で進めて頂ければと思います。

 

年の差婚で離婚率を下げる条件

先ほどの統計と同じ調査の中で、たとえ年の差婚であっても、離婚率が低くなる条件があるようです。

  • 結婚している期間が長いこと
  • 2人の間に子どもがいること
  • 2人の教育レベルが似ていること

最後の教育的価値観は、とても大きいようにも思えます。

ふむふむ。やはり話し合いと歩み寄りが重要だということですね。


年の差婚であれ、幸せな夫婦はたくさんいます。

それは夫婦の問題をお互いが解決していっているからでしょうね。

「結婚する前はこうだった!」などお互いが求めるイメージとのギャップによる所もあるでしょう。

記念日には、日頃の感謝を伝えてみてはいかがですか?

Sponsored Links

このページの先頭へ