後ろから抱きしめる心理!バックハグの男性心理と女性心理【13選】

後ろから抱きしめる心理

好きな男性に後ろから抱きしめられるバックハグが好きという女性は多いでしょう。

「彼が後ろから抱きしめるのは、私を大切にしたい心理の表れに違いない!」

と、彼が後ろから抱きしめるシチュエーションに、ドキドキしたり、キュンキュンしたりするかと思います。

やはり、好きな人には触れていたいし、触れられたいものですよね。

今回は、後ろから抱きしめる心理や後ろか抱きしめられたい心理について、男性心理と女性心理ごとに紹介していきますので、参考にしてみて下さい。

 

後ろから抱きしめる男性心理

後ろから抱きしめる男性心理

女性の可愛さに我慢できなかったり、寂しそうな女性の表情に感情を揺さぶられたりして、女性を後ろから抱きしめたい気持ちが高まるのが男性心理というものでしょう。

男性が女性を後ろから抱きしめる時とは、抑えていた感情が我慢できなくなる本能的な心理によって行われる傾向にあります。

 

では、女性を後ろから抱きしめる男性心理について、見ていきましょう。

 

好意を伝える愛情表現

愛情表現のバックハグ

「好き」「愛してる」などといった言葉の愛情表現を苦手とする男性は、バックハグという行動で女性への愛情表現を行います。

何か下心がある訳でもなく、ただただ愛おしく思う感情が高ぶって、女性を後ろから抱きしめたくなる男性心理と言えるでしょう。

好きな人に触れていたい、好きな人を抱きしめたいと思うことに理由は無いかと思います。

 

自分だけに見せてくれる特別な笑顔や、自分を大切にしてくれる彼女の存在に感謝して、いつまでも自分の側にいて欲しいと願うバックハグは、彼の優しいぬくもりに包まれたようで安心してしまいますよね。

女性の心から信頼している男性心理の表れとも言えるでしょう。

 

女性を守りたい保護本能

保護本能のバックハグ

男性とは自分より弱いものを守ってあげたい保護本能を持つ生き物で、大切に思う本命彼女を守ってあげたい気持ちは男性心理の代表とも言えるでしょう。

女性がデートの別れ際に寂しそうな表情をした時や、無防備な寝顔でぐっすり眠っている時などに、保護本能という男性心理のスイッチが入ってしまいます。

 

素直に頼って甘えてくれるかけがえのない女性であるからこそ、大切に守ってあげたい気持ちが強くなるものです。

彼に負担を掛けまいと無理をしてしまうこともあるかもしれませんが、たまには弱音や不安を打ち明けて、彼に甘えてみてはいかがでしょうか。

もちろん甘え過ぎはNGですので、依存し過ぎることのないように注意して下さいね。

Sponsored Links

自分の彼女という独占欲

“手に入れる”という言葉の通り、愛する女性が他の男性に奪われてしまわないように、手の中に女性を

後ろから抱きしめるのは独占欲の表れと言えるでしょう。

「俺の女は誰にも渡さないぞ!」と言わんばかりのバックハグは、信頼して背中を預けてくれる優越感を得ると同時に、何かの嫉妬心という男性心理が働いて、自分の彼女であることをアピールしているケースもあります。

 

タイプや性格にも寄りますが、男性が後ろから抱きしめるのは「自分と同じように自分のことをもっと見て欲しい」というサインであるかもしれません。

彼の態度や言動をチェックしながら、嫉妬しているかどうかを考えてみても良いかもしれませんね。

⇒ 大好きだから嫉妬する!彼氏のやきもちが分かる【6つの態度】

⇒ やきもち焼きで嫉妬深い彼氏の【6つの特徴】

 

今以上の関係に進みたい

恋の進展を期待するバックハグ

付き合ってもいない男性から、急に後ろから抱きしめられたという経験もあるのではないでしょうか。

友達以上恋人未満の関係に煮え切らず、今以上の関係に進みたい男性心理によって、バックハグという大胆なアプローチをしてしまうのでしょう。

 

「俺の気持ちに気付いてほしい」という心理もあるでしょうが、

「後ろから抱きしめて拒否されるかどうかで見極めたい」というのが本音かもしれません。

 

男性の急なアプローチに戸惑ってしまうこともあるかと思いますが、後ろから抱きしめられることに安心感があるか違和感があるかを判断し、焦らず落ち着いて対処するようにすると良いかと思います。

 

恥ずかしい気持ちの奥手なバックハグ

奥手な男性のバックハグ

彼女に見つめられるのが苦手な奥手タイプの男性は、彼女と面と向かったシチュエーションにドキドキし過ぎてしまうので、バックハグをして愛情表現しようとする場合があるでしょう。

愛しい彼女を抱きしめたいけど、抱きしめる勇気が持てない恥ずかしがり屋の男性ですから、後ろから抱きしめる方がハグしやすいのかと思われます。

 

奥手タイプとはいえ男は男。

独占欲であれ、守りたい気持ちであれ、愛しい彼女をギュッと抱きしめたくなる男性心理に違いはありませんよね。

 

ベッドインするための手段

back-hug-mentality_07

女性に比べ性欲が強い傾向にある男性は、女性らしい柔らかそうな後ろ姿を見て、性欲スイッチが入ってしまうもの。

定番のシチュエーションではありますが、キッチンに立つ女性の後ろ姿にグッと来るという男性はとても多いものです。

 

性欲という心理によるバックハグの特徴としては、首元や胸元を抱きしめるバックハグではなく、腰回りを抱きしめる傾向にあるとされています。

また、包み込むような優しいバックハグよりも、高ぶる感情を表すかのように、少し強めにバックハグをする傾向にあるともされています。

 

いきなりキスでは女性に警戒されてしまうので、バックハグでスキンシップを取りながら、徐々にベッドインに繋げようと考える男性心理が伺えますね。

 

後ろから抱きしめられたい男性心理

Sponsored Links

独占欲や保護本能によって女性を後ろから抱きしめる男性ですが、心の底では女性に後ろから抱きしめられたいという男性心理もあるものです。

彼氏にバックハグされて安心するように、ハグをすると幸せホルモンが促進されて、30秒ハグをするだけでストレスが約1/3に減少するともされています。

 

男性が後ろから抱きしめられたいと感じるときは、どのようなタイミングなのでしょうか。

 

バックハグで癒やされたい

癒やされたいバックハグ

やはり女性の胸の感触がダイレクトに伝わるバックハグを好む男性は多いものです。

男性には無い女性特有の柔らかい温もりに癒やされてしまうのが男性心理というものなのでしょう。

 

男性とは「競争」をベースに考え、プライドが高い生き物ですので、他人に弱音を吐いたり、自分の弱点をさらしたりはしない傾向にあります。

特にかっこ悪い所は見せたくない心理によって、好きな女性の前では良い格好をしようと強がってしまいがちです。

 

毎日残業しながら会社で奮闘する男性は、「本当は誰かに頼りたい」という気持ちもあるでしょう。

本当は弱い自分を優しく包み込むように癒やしてくれるバックハグを求める男性は少なくありません。

彼が落ち込んでいる時や悩みを抱えている時には、彼を後ろから抱きしめて、「大丈夫!」と応援してあげて下さいね。

 

バックハグで慰めてほしい

慰めてほしいバックハグ

いくら能力の高い男性であっても、失敗やミスをすることで落ち込む時もあるものでしょう。

女性の前では強がって頼りがいある男性を演じていても、傷ついた気持ちを慰めてほしい時があるのが本音なのかもしれません。

 

男性はプライドが高い生き物ですので、対面したハグよりも、自分の落ち込んだ表情を見られないバックハグの方が安心できるケースもあるでしょう。

 

どこか落ち込んだ様子の彼に気付いた時には、バックハグで優しく慰めてあげると良いかと思います。

「俺のパートナーは、やっぱりお前しかいない!」と男性心理も働きますので、よりラブラブなカップルになれるはずですよ。

 

後ろから抱きしめる女性心理

後ろから抱きしめる女性心理

自分を大事に守ってくれるようなバックハグに幸せを感じる女性心理がありますが、男らしさを感じるたくましい男性の背中を、後ろから抱きしめたくなるという女性心理もあるかと思います。

広くて大きな男性の背中にハグをすると、何故か落ち着いた気分になったり、セクシーな色気を感じたりすることもありますよね。

 

続いて、男性を後ろから抱きしめる女性心理について見ていきたいと思います。

 

大好きな男性に甘えたい

甘えたい女性心理のバックハグ

いくらしっかり者の女性であっても、大好きな頼りがいのある男性に甘えたいというのが女性心理でしょう。

仕事に疲れた時や辛いことがあった時、男性の大きな背中に甘えて、精神的に癒やされたい心理が働くものとされています。

 

ですが、素直に甘えたい気持ちを表現できずに、我慢してしまうのも女性心理というものでしょう。

素直で可愛い女性でいたいと思っているのに、そんな時ほど上手に甘えられないことに悩む女性も多いのではないでしょうか。

 

重い女やワガママ過ぎる女性は嫌われてしまいますが、素直に甘えて欲しいのが男性心理ですので、背中ぐらいであればいつでも貸してくれるものですよ。

後ろから抱きしめたいと思った時には、彼の背中でたっぷり充電してみてはいかがでしょうか。

 

大好きな男性を守ってあげたい

守ってあげたい女性心理のバックハグ

大好きな男性を守ってあげたい、彼が成長できるように見守ってあげたいと思う女性心理によって、後ろから抱きしめたくなる感情が高まることもあるかとおもいます。

保護本能という男性心理とは似ているようで異なり、「自分無しでは生きていけないのね」などと母性本能をくすぐられることで守ってあげたい気持ちが強まるのでしょう。

 

女性とはお互いが評価を高め合い、成長し合える関係を重んじる傾向にあるとされています。

大好きな男性から与えられる愛を返してあげたい気持ちが、汗水流して一生懸命に頑張る男性を後ろから抱きしめてあげたくなる気持ちに変化していくのでしょうね。

 

大好きな男性を独り占めしたい

独り占めしたい女性心理のバックハグ

好きな人を独り占めしたいという独占欲は、男性だけではなく女性心理としてもあるものです。

男性心理との違いとしては、「男性から必要とされたい気持ち」が独占欲となることです。

 

好きな男性が他の女性と楽しそうに話をしていると、

「もう私のことは必要ではないの?」とどこかで感じてしまうことで、嫉妬心を覚えるようになるのでしょう。

また、男性がどこか遠くへ行ってしまうのではないかという不安が、独り占めしたい気持ちを強くさせるケースもあります。

 

必要とされようと考えすぎずに、「彼は何をしたら喜んでくれるかな?」と彼の気持ちと向き合いながら、バックハグで愛情表現をしてみると良いかもしれませんね。

男性が本命の女性に見せる態度はたくさんありますので、コチラの記事も参考にして頂ければと思います。

⇒ 本命の彼女かどうかは態度でわかる!遊びとの【20の違い】

 

後ろから抱きしめられたい女性心理

後ろから抱きしめられたい女性心理

「後ろから抱きしめられたい!」と願う女性は多く、男性に守られていることに幸せと喜びを感じられるバックハグは、男性の愛を確認できる行為と言えるでしょう。

男性は外敵から身を守るために皮膚が厚くなっていますが、女性は皮膚が薄い傾向にあるため、男性よりも神経が敏感であるとされており、その差は約10倍もあるようです。

彼の気持ちが伝わってくると感じるのは、女性ならではのものかもしれませんね。

 

最後に、後ろから抱きしめられたい女性心理について見ていきたいと思います。

 

背後をガードしてくれる安心感

背中をガードしてくれる安心のバックハグ

背中は視野に入らないので、死角となる部分です。

死角となる背中をガードしてくれるようなバックハグだからこそ、安心感を得られるのでしょう。

 

生物学観点からすると、女性は男性の遺伝子を授かり、自分の子を育てていく役割があります。

ですので、ハグやキスの仕方、普段の言動をチェックしながら、一緒に子供を育ててくれるか、自分を一生守ってくれるかを見極めながら、男性と付き合おうとします。

 

自分が子育てに集中できるよう、外敵から背後を守ってくれる安心感が得られるので、後ろから抱きしめられたい心理が働くのでしょう。

 

男性がどの女性にでも後ろから抱きしめたいと思うものではないように、女性もどの男性からでも後ろから抱きしめられたいとは思いませんよね。

お互いの信頼関係が確かめ合えるバックハグなので、女性は幸せを感じられるのでしょう。

 

愛されていることを実感したい

愛されていることを実感できるバックハグ

男性が本能的なキッカケで後ろから抱きしめるのに対し、女性は精神的欲求を満たしたい気持ちが後ろから抱きしめられたい気持ちを強くさせます。

「私は彼から愛されている」

「私は彼から必要とされている」

などと精神的に満たされたい女性心理によって、後ろから抱きしめられたいと思うようになるものです。

 

先程もご紹介した通り、女性は男性に比べ神経や感覚が敏感であるとされています。

バックハグは、男性の匂い(フェロモン)や優しい温もり、相性の良さを感じる息遣いや鼓動が全体的に伝わってくるので、愛されていることを実感できるのでしょう。

 

バックハグは男も女も憧れるシチュエーション

言葉では伝えられない愛情表現をする男性心理のバックハグと、守られている愛を感じられるバックハグを求める女性心理がありますので、バックハグは男女がキュンキュンしてしまうシチュエーションですよね。

好意や心理といったお互いの気持ちを分かち合えるバックハグだからこそ、二人が笑顔になれるのかもしれません。

ドラマや映画のバックハグシーンにドキドキして、妄想するのも楽しいものかと思います。

 

いつでもバックハグされても良いように、頭皮のニオイはケアしておきたいところ。

ヘアフレグランスやヘアミストでケアをして、彼の心をギュッと掴んでしまいましょう!

⇒ おすすめのヘアフレグランス&ヘアミスト9選!モテる女のイイ香り!

Sponsored Links

このページの先頭へ