復縁できる?復縁できない?復縁できた人に学ぶ共通点【5つ】

復縁できた人の共通点

復縁できる可能性はありますが、復縁することが簡単はことではありませんよね。

閉じかけている元彼の心を改めて開かせる必要がありますので。

ですが、復縁できる人と復縁できない人の差はあるもので、復縁できた人に見られる共通点があるかと思います。

今回は、復縁できた人に見られる共通点をご紹介します。

元彼と復縁する方法についてはコチラの記事で紹介してますので、後ほど参考にしてみて下さいね。

⇒ 元彼が忘れられない!元カレと復縁するための方法【7つ】

Sponsored Links

復縁できる可能性は高くない

元彼と復縁できることが簡単ではないことは想像できますが、復縁できる可能性はどのくらいあるものなのでしょうか。

元恋人と復縁した経験があるかどうかに関する統計データがコチラです。

復縁できた経験

出典:http://koigaku.machicon.jp/

復縁した経験がある男性は13.4%、女性は18.7%となっており、復縁経験のある男女は2割にも届いていない結果となっています。

一度別れた相手とは復縁しないという方もいますし、お互いが前を向くために苦渋の決断をしたケースもあるでしょうから、やはり復縁できることはそう簡単ではないようです。

 

ですが、もちろんチャンスが無い訳ではありません。

復縁したいと思うか

出典:http://matchalarm.co.jp/

コチラは元恋人と復縁したいと思うことがあるかに関する統計データですが、男性が67.8%、女性が58.7%と男性の方が10%ほど復縁について前向きに考えているという結果となっております。

 

男性の恋愛は熱しやすくて冷めやすく、それぞれの思い出を別々のフォルダに保存するとされていますから、離れた感じる大切さや、ふとした懐かしさに心惹かれる男性は少なくないようです。

もちろん別れた原因や付き合っていた期間によっても、復縁できる可能性は変わってくるかと思います。

ですが、もしアナタが元彼との復縁を望むのであれば、それだけ「難しいことにチャレンジする」ということを理解することが重要ではないかと考えます。

 

とても悲しいことではありますが、別れてしまえば、もうその男性の彼女ではありません。

彼氏・彼女と元彼・元カノでは、男女の関係は異なりますよね。

復縁できる人と復縁できない人での大きな違いは、失恋を受け入れることが出来たか出来なかったかにあるかと思います。

 

復縁できた人に見られる共通点

では、失恋を受け入れ、復縁できた人にはどのような共通点があるのでしょうか。

元彼と復縁する可能性をアップさせるヒントとして、参考にして頂ければと思います。

 

復縁できることを期待しない

復縁できた人に見られる共通点としては、復縁できることを期待していない方が多くおられました。

復縁したい気持ちが強いほど、冷めてしまった彼との気持ちにギャップが生まれるので、復縁できることを期待するのはNGであると言えるでしょう。

 

復縁できることを期待するということは、アナタが元彼に対して求めているだけに過ぎません。

別れるまで愛してくれていた元彼を思い出す程、「復縁して欲しい」という気持ちは、アナタの中で「復縁するべきだ」という考えへと変化していきます。

そのような元彼に求める期待感が、失恋したいという現実を見失わせることになりますので、失恋した現実を真摯に受け止めることが重要です。

 

元彼を追い詰めない

元彼を追い詰めないことは、復縁できた人に見られる特徴として挙げられます。

どうしても寂しい気持ちを我慢できず、元彼にLINEやメールを送ってしまう。

別れた理由を聞きたいから、謝罪して誠意を見せたいからといって、元彼に会って欲しいとお願いする。

などといった言動は、元彼を追い詰めてしまうだけに過ぎません。

「私の話を聞いて欲しい!」というのは、「俺の気持ちを察して、連絡しないで欲しい!」というのと変わりありませんよね。

 

元彼を追い詰めても彼の心を閉ざすだけで、逆効果になってしまいます。

「どうしよう、どうしよう…。」という不安を消したいがために、元彼にその不安を消してくれることを求めているだけに過ぎませんので。

 

復縁できた人は、自ら連絡しないと覚悟を決めた人です。

この覚悟を決めるためであれば、いくら泣いても、いくら反省しても良いのではないでしょうか。

一歩進むための前向きな涙と気持ちですから、「めそめそ」「くよくよ」とは違うものですよね。

Sponsored Links

線引きをする

元彼と復縁できる人は、きっちり関係性を線引きしているものです。

復縁したい気持ちがあるからこそ、元彼が求めることを受け入れてしまいますし、体の関係を持ってしまうケースもあるでしょう。

ですが、それでは復縁ではなく、都合の良い女として扱われてしまう可能性が高まりますので、何を許して、何を許さないかの線引きをすることが重要です。

 

平日急にデートに誘われても断る。

一夜を共に過ごす雰囲気は避ける。

などと、勇気を持って元彼との付き合い方にルールを設けるべきかと思います。

 

遊びかどうかの判断ポイントについてはコチラの記事で触れていますので、併せて参考にしてみて下さいね。

⇒ 本命の彼女かどうかは態度でわかる!遊びとの【20の違い】

 

期限を決める

復縁できた人にも復縁できなかった人にも冷却期間があるかと思いますが、その期間は別れた理由や関係性によって異なります。

数日~1週間程度の場合もあれば、半年~1年、またはそれ以上となるケースもあるでしょう。

ですが、元彼と復縁したい今の気持ちによってズルズルと行ってしまうのは、良いことではありません。

 

1ヶ月は自分から絶対連絡しない。

3ヶ月経っても、彼から連絡が無ければ他の男性と会ってみる。

半年間は自分磨きをして、元彼に後悔してもらう。

1年経っても、復縁できないと思ったら諦める。

などと、復縁できる・復縁できないに関わらず、期限と目標を立てて進めていくことが重要です。

 

1歩でも1cmでも構いません。

出来る限りで前に進むことが、アナタの幸せを掴むことに繋がるでしょうから。

 

復縁は続きではなく再スタートと認識する

「復縁」という言葉を聞くと、「モトサヤに納まる」という言葉があるように、別れる前の恋愛を続けるイメージがあるかと思います。

ですが、復縁できた人は「続き」ではなく、「再スタート」と考えているものです。

 

たくさん話し合い、お互いが前に進むために別れたのであれば、なおさらのことかと思います。

変化の無い女性は魅力的ではありませんし、新しい変化が生まれるからこそ、元彼は復縁の可能性を考えるものですから。

 

元彼が復縁を考える場合、「前のアナタとまた恋愛したい。」とは考えません。

「今のアナタとならうまくやっていけそう。」と思うので、復縁を考えることになります。

 

復縁できた人は必ず自分磨きをして、新しい魅力を身に付けているものですよね。

 

復縁できるか復縁できないかはアナタ次第

復縁できた人に見られる共通点をご紹介しましたが、復縁できるか、復縁できないかはアナタ次第と言っても過言ではないかと思います。

復縁できる道を作るのもアナタですし、復縁できる道を閉ざしてしまうのもアナタ次第でしょうから。

復縁できる可能性は決して高くありません。

ですが、復縁できるチャンスの逃すのは、とてももったいないことです。

「どうしたら彼は戻ってきてくれるの…。」

「彼がいない生活は考えられない…。」

といった不安や後悔を抱えるよりも、“復縁できる人”を目標に前に進んでみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links

このページの先頭へ