告白して振られた後のチャンスを活かして逆転に導く方法【9つ】

告白して振られた後のチャンスで逆転

片思いの男性に告白して振られた後は、まるで恋が終わってしまったかのような暗い気持ちになってしまうものです。

ですが、告白して振られた後であるからこそチャンスとなることもあり、逆転して付き合うことが出来たというケースは多く存在します。

今回は、告白して振られた後のチャンスを活かして逆転に導くヒントをご紹介しますので、参考にして頂ければと思います。

Sponsored Links

告白して振られた後のチャンスを活かして逆転に導く方法

告白して振られた後のチャンスを活かして逆転に導く方法

告白して振られた後のチャンスを活かして逆転を狙うとしても、再度積極的にアプローチをすれば成功するというものでもないでしょう。

告白して振られた後のチャンスを活かすにも、改めてアプローチするポイントや再告白のタイミングをしっかり見極めることで逆転の可能性が高まります。

 

男性の55%が「意識していなかった女性が恋愛対象に変わった経験がある」と答えた統計データもあり、1回目の告白がキッカケとなって、男性側に恋心が芽生えるというケースは少なくありません。

ただ単に1回目の告白はタイミングが悪かっただけかもしれませんし、その時点では男性側に付き合うという発想が無かっただけの場合もあります。

「ずっと片思いでいるのが辛いから、踏ん切りを付けるために告白しよう!」

と告白に挑んだのであれば、2人の距離感や彼の気持ちを横に置いてしまって、主観的な考えで告白をしているので、そもそも告白が成功する確率は高くなかったと言えますよね。

 

統計の詳細や片思いの男性を振り向かせる方法についてはコチラの記事で紹介していますので、後ほど併せて参考にしてみて下さい。

⇒ 好きな男を落とす!片思いの男性を振り向かせる【10の方法】

 

では、告白して振られた後のチャンスを活かして逆転に導く方法をご紹介していきます。

Sponsored Links

振られたことを受け止めて改善ポイントを探す

告白して振られた後だからこそ改善ポイントを確認する

告白して振られた後、それをチャンスに変えて逆転させることが可能にするためにも、まずは改善ポイントを探してみましょう。

振られた相手に直接聞けるのであれば、思い切って聞いてみるのも良いかと思います。

 

大切なことは、告白で振られた理由を聞いても落ち込まずに前向きでいることです。

話の内容を冷静に受け止め、それを改善できるように努力するよう心掛けましょう。

努力して改善出来たことを認めてもらえれば、2度目の告白も成功する可能性が上がります。

 

しかし、振った理由を相手に正直に話すというのはなか勇気のいる行動ですので、中には喋りたがらない男性もいるでしょう。

その時は無理に詮索せずに自分で改善ポイントを探すのが得策です。

 

関係を一度リセットさせる

告白して振られた後も彼にいつもと変わらない態度で接することで、ギクシャクした関係にならずに済みますし、それをチャンスにして振られた結果を逆転に導くことも出来ます。

特に、学校や職場が一緒である場合は、避けたりそっけない態度を取ってしまうとお互いの距離間がドンドン開いて、余計に気まずくなってしまうので注意が必要です。

 

彼はあなたの気持ちを知った後ですから、その事実を前向きに捉えて自分の魅力をアピールしていくと良いでしょう。

しかし、「彼を好き」ということに執着し過ぎると、彼に圧迫感を与えてしまい逆効果ですので、アナタと一緒にいて彼が自然体でいられることから意識してみると良いでしょう。

 

今まで以上の笑顔を心掛ける

告白して振られた後は笑顔を心掛ける

好きな彼に告白して振られた後は気持ちが沈んでしまい、つい明るい表情に忘れてしまいがちですよね。

ですが、それではせっかくのアナタの魅力が半減してしまいます。

彼と接する時はいつも以上の笑顔を心掛けることで、その「笑顔」が逆転のチャンスとして活かせるかもしれません。

 

暗い表情で彼に挨拶するよりも笑顔で挨拶した方が好印象ですし、告白して振られた後の笑顔であるからこそ、好感度をグッと上げることも可能となります。

無理して好きな相手に話しかける必要はありませんが、相手から話かけられた時などはとびきりの笑顔で接する心掛けると良いでしょう。

不意打ちの笑顔に、彼もドキッとするかもしれませんよ!

 

仕事や趣味に集中して、明るいオーラを身につける

好きな男性に告白して振られた後は、仕事や趣味、習い事などに集中してみてください。

何か夢中になって小さな成功を積み重ねて行くと、失っていた自信を持つことが出来ます。

そうすれば、自然と気持ちも前向きになっていきやすくなりますよね。

 

また新しい自信という明るいオーラを身に付けた姿は、逆転の結果を導くチャンスになるかもしれません。

失恋直後はなかなか前向きな気持ちにはなりにくいものですが、集中して取り組めることがあるのであれば、それを進んで行うようにしましょう。

明るいオーラを纏った魅力的なアナタの姿を見れば、きっと彼も告白されて振ったことを後悔するようにはずです。

 

一途さをアピールする

告白して振られた後に一途さをアピール

告白して振られた後の逆転チャンスを活かすのであれば、すぐ他の男性に切り替える行動は、告白された相手にあまり良い印象を与えません。

その理由は、男性は独占欲が強いとされる生き物ですので、一度自分に告白してくれた女性は、その後も自分のことを好きだと考えている傾向にあるからです。

 

ですが、独占欲から生まれる男性の嫉妬心を見ながら、恋の駆け引きをするのは簡単ではありませんよね。

告白した振られた後という状況を考えると、恋の駆け引きをするメリットは多くないように思えます。

 

それであれば、とことん一途さをアピールしてみてはいかがでしょうか。

情に弱いタイプや一途さを好むタイプの男性であれば、一途さをアピールすることで逆転のチャンスに繋がるかもしれません。

 

主観的に自分の気持ちばかり押し付ける形にならないよう気を付けながら、友達として楽しい時間を過ごすことを心掛けることがポイントです。

彼が興味のあることをリサーチしたり、共通の話題を調べておくのも得策です。

次第にアナタと一緒にいる時間を心地良いと感じ始め、恋愛対象として意識してくれるようになるかもしれませんよ。

 

しつこく連絡し過ぎない

「告白をして振られた後も今まで通りの関係を保ちたい」という気持ちや、「振られた後も彼のことを諦めきれず、逆転のチャンスを狙っている」という場合であっても、1度気持ちをリセットさせて、彼と少し距離を置く冷却期間が必要になってきます。

どうせ気持ちはバレているのだからと、振られた後すぐに再アプローチを始めたり、「なんで?どうしてダメだったの?」などと、しつこく彼に理由聞くようなことは絶対に避けたいところです。

 

しかし、振られた後に一切の連絡を断ち切ってしまうと、友達に戻ることも難しくなってしまい、再告白のチャンスすら失ってしまうのでは…という不安もありますよね。

告白をして振られた後に気まずい思いをしているのは彼も同じです。

振った側でも罪悪感があったり、今後どう接していいのか分からなくなっていたりするものです。

「今までと変わらず友達でいてほしい」という、素直な気持ちを伝えることはOKです。

ですが、一旦は諦めたとみせかけて、距離を置くように心掛けることが逆転するチャンスを掴むキッカケにもなるのです。

 

自分磨きをして彼好みの女性を目指す

告白して振られた後は自分磨きをする

大好きな人に告白をして振られた後というのは、どうしてもふさぎ込んでしまってネガティブになりやすい時期ですよね。

しかし、逆転のチャンスはここからなのです。

 

1度振られた後、見事逆転劇に導いて、晴れて成立したカップルは世の中にたくさんいます。

再告白を成功させることが出来る人は、振られた後の努力を怠りません。

「自分磨きをして必ず彼を振り向かせてみせる!」と強く思える人こそが、これから逆転させる可能性を秘めている人なのです。

 

自分磨きで最も有効なのは、外見を磨くこと。

失恋して前髪を切った!化粧やネイルを少し変えてみた!程度の些細な変化では気付かない男性も多いかもしれませんが、見違えるほど綺麗になったアナタをみたら「惜しいことをした」と思わせることが出来るでしょう。

もちろん中身を磨くことも大切ですが、振られた相手との距離をとっている間は内面の変化には気付いてもらいにくいですよね。

 

化粧や髪形、ファッションなど、何から何まで彼好みに合わせて変身する必要はありませんが、アナタに何が足りなかったのかを考え、自分を磨き上げる努力無しでは、何度気持ちを伝えたところで結果を変えることはできません。

「最近雰囲気変わったね」などと言ってもらえたときこそ、再アプローチを開始するチャンスなのではないでしょうか。

 

改めて脈ありかどうかを確認する

「告白をして振られた後にこそ逆転のチャンスがある」という言葉もあり、冒頭でもご紹介した通り、それは告白をしたことで初めて彼がアナタのことを異性として意識し始めることがあるからです。

自分に好意がある相手と分かると、急にその人のことが気になってしまったり、意識をするようになってしまった、なんていう経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

そんな気持ちを心理学では「好意の返報性」と呼ばれますが、人間には好意を向けられるとそれに応えたくなるという習性があるとされています。

もちろん100%ではないものの、全くの脈なしでないのであれば「好意の返報性」の効果は期待されますので、振られた後だからこそ、相手に今まで以上に意識をしてもらえる可能性はありますよね。

 

相手との距離を保ちながらも相手の言動に注意をして、今後逆転のチャンスがあるかどうかを探りながら、改めて脈ありかどうかを見極めることが大切です。

男性が送る脈ありサインについてはコチラの記事で紹介していますので、併せて参考にしてみて下さいね。

⇒ 男性の脈ありLINE!好意が分かる【15個の好きサイン】

⇒ 職場の男性が送る好意の脈ありサイン【12選】

⇒ 年上男性の脈あり態度と行動!年下女性への好意のサイン【6つ】

 

再告白は時間を空けてタイミングを伺う

告白して振られた後の再告白はタイミングを狙う

もう1度告白をするチャンスを狙っているのであれば、そのタイミングこそが逆転への鍵となってきます。

振られた後すぐに再び告白をしても、しつこいと思われてしまうだけなので、しばらくは距離を置いて、振られたことを受け止め改善点を考えたり、再アプローチに向けた自分磨きに専念しましょう。

 

一般的に再告白をするのは2~3ヵ月くらいあけるのがベターだとされていますが、実際のタイミングは人それぞれ。

状況が変わり、1回目に告白した時よりも仲良くなれたと思えるタイミングが、再告白に向けて動き出すチャンスです。

 

振られてしまった理由にもよりますが、「他に好きな人がいるから」「仕事が楽しくて恋愛に目を向けられない」など、相手の事情で振られてしまった場合は、相手の心境の変化を待つことも重要になってきます。

相手の状況が変わっていない内に再告白をしても結果は変わりません。

 

逆に「アナタのことを友達以上に思えない」「タイプではない」という理由で振られてしまったのであれば、アナタ自身が変わることができたと思えてから再アプローチをしなければ期待が持てないとも言えるでしょう。

再告白をするであれば、状況の変化を見逃さず、タイミングをしっかり抑えて逆転劇に結び付けたいものです。

 

告白して振られた後の逆転チャンスを掴む一歩を

告白して振られた後のチャンスを活かして逆転に導くかどうか、アナタの行動や考え次第とも言えます。

1回目の告白が失敗したからといって、再告白をしてはいけないというルールはありません。

「どうしても諦めきれない!」という気持ちがあるのであれば、その気持ちを大切にして一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

「告白して振られた後は気まずいから、この恋も終わりかな…」と諦めることも出来ますが、それではアナタが大切にしてきた好きな気持ちが勿体無いですよね。

Sponsored Links

このページの先頭へ