出会いがない社会人女性が出会いのキッカケを作れる場所【24選】

出会いがない社会人女性が出会いのキッカケを作れる場所

「社会人になると中々出会いがない!」という社会人女性も多いのではないでしょうか。

「職場は年上の男性ばかりで出会いがない…。」

「友人は新しい彼氏をGETしたのに、何で私は出会いがないんだろう…。」

などと、社会人になってから出会いが少なくなったという女性も少なくないでしょう。

今回は、出会いがない社会人女性が出会いのキッカケを作れる場所をご紹介します!

Sponsored Links

出会いがない社会人女性が出会いのキッカケを作るためのポイント

出会いがない社会人女性が出会いのキッカケを作るためのポイント

「社会人になると出会いがない」というのは、環境の変化によるものでしょう。

共学であったのであれば出会いが生まれるキッカケは多いでしょうし、時間に余裕もあるので出会いの場所に出向くことも出来たかと思います。

社会人という環境の変化によって出会いがないのであれば、やはり出会いのキッカケを作るために行動する必要があります。

まずは、社会人女性が出会いのキッカケ作るためのポイントについて、見ていきましょう!

 

自らアクティブに行動する

出会いがない社会人女性は自らアクティブに行動すること

特定のパートナーがいないという男女の数が増えている近年ですが、出会いがないという女性はどのような場所に行けば出会いがあるのでしょうか?

「社会人になって忙しく出会いがない」という人も多いとされていますが、出会いがないのであるなら、出会いがある場所へ出向く必要があります。

では、アクティブに行動するとはどういうことなのか?もちろん休日に家でゴロゴロ寝ていては出会えるはずがありません。

 

アクティブに行動するために必要なことは、言い訳をしないことです。行動を後回しにしない人がアクティブなのです。

「メールするのは面倒くさいから明日にしよう」

「忙しいから食事の約束するの気が進まないな」

などと、忙しい、面倒くさいことを言い訳にして行動を後回しにする女性は、出会いのキッカケがあるにも関わらず、自分で遠ざけてしまっている可能性があります。

忙しくても行動するマメな女性は、どんなに忙しくてもメールをしたり、食事の約束も喜んで予定に入れたりと、出会いのキッカケを逃さないものですよね。

 

チャンスを逃さないために自分磨きをしておく

出会いを求めて行動する以上、出会いのキッカケを逃したくはありませんよね?

しかし、キッカケを逃すまいとするあまりに獲物を狙うように張りつめていては、男性は怖くて声も掛けられません。

緊張してガチガチになっていては咄嗟の対応も上手くできるものではありません。

 

余裕がある女性は男女関係なくモテます。

リラックスした余裕があるので、突然起きた出来事に対しても、余裕の心構えで対応を考え行動することができるのです。

 

そんなチャンスを逃さない女性になるためにはどうしたら良いのでしょうか?

趣味や習い事をして楽しんだり、ボランティア活動や社内サークルで活動するなど、アナタの内面を充実させましょう。

自分の世界を持つこと、行動範囲を広げることで新しい場所で出会いがあるかもしれません。

自分の人生を楽しんでいる女性はとても魅力的だと思います。

 

いつ出会いが訪れても対応できるように余裕のある女性を目指してみましょう。

それには日頃からアナタの毎日を楽しむことです。

出会いがないと言って焦って必死になっている女性よりも、人生を楽しんでいて魅力的な「余裕がある女性」は自然と人が集まりモテるものです。

 

笑顔と挨拶を忘れない

出会いのキッカケは笑顔と挨拶で作る

社会人になって出会いが減ったと思っている人は多いようです。

会社には良い人がいないし、会社と家の往復だけで新しい出会いもないという人も、自分の行動で出会いのキッカケを掴めることがあるのです。

 

とても簡単で効果的なキッカケは「挨拶」です。

挨拶でどうやって出会うの?と思うかもしれませんが、挨拶はとても強力なコミュニケーションなのです。

例えば、挨拶する人としない人では、挨拶する人の方が印象が良いですよね?

毎日挨拶を繰り返し行うことで相手への印象は良くなり、次第に距離が縮まり親しくなることがあります。

 

そして、挨拶をする時は笑顔が大切なポイントとなります。

笑顔で挨拶を続けることをキッカケに好印象を持たれ、思いがけない出会いがあるかもしれません。

それは笑顔で挨拶してくれる人には話しかけやすいからです。

他部署の人や同じビル内の他社の人など、目が合ったら会釈だけでもすると良いでしょう。

笑顔で挨拶することがキッカケで会話を始まり、知り合いが増えていきます。

 

挨拶は社会人のマナーですが、笑顔で気持ちよく挨拶することで出会いが広がる可能性も広がります。

どこで誰が見ているかわかりません。笑顔と挨拶を最高の武器に素敵な社会人女性になりましょう。

 

一つ一つの出会いを大切にする

アナタは出会いのキッカケを大切にしていますか?

「好きなタイプとは違うから、食事の誘いは断ろうかな」

「仕事が忙しくて会う時間が取れない」

などと、何かと理由を付けて出会いのキッカケをふいにしていませんか?

 

出会いがないと言いながらマイナス面に注目していては、せっかくの出会いも通り過ぎてしまいます。

出会いを求めている人は、「誰かを好きになりたい、好かれたい」と思っているはずです。

社会人になっても、好きな人にアプローチするのは「恥ずかしい」「傷つきたくない」などの想いが邪魔をしがちです。

それはアナタだけでなく相手も同じです。傷つくのはみんな嫌なものですが、お互いがアプローチしなければ何も始まりません。

 

「いいな」と思う気持ちが少しでもあるのなら、まず声を掛けましょう。面倒くさがらず、後回しにもしてはいけません。

そして、必ず相手のマイナス面ではなく、プラス面を見るようにしてください。

「タイプじゃないけど、こんな面もあって素敵だな」など、話してみたら楽しくて、もっと相手を知りたくなるかもしれません。

自分の理想像に当てはめて、当てはまらない部分を見るのではなく、相手自身の素敵なところを見つめて一つ一つの出会いを大切にしていきましょう。

きっと相手もアナタの素敵なところを見てくれていると思います。

Sponsored Links

出会いがない社会人女性が出会いのキッカケを作れる場所

出会いがない社会人女性が出会いのキッカケを作れる場所

「社会人になって出会いがない」というのは環境の変化によるものですが、社会人だからこそ出会いのキッカケになる場所もあるでしょう。

出会いがない社会人女性が出会いのキッカケを作れる場所をご紹介していきますので、1つ1つの出会いを大切にしながら行動に移してみて下さいね!

 

職場恋愛、社内恋愛での出会い

職場恋愛と社内恋愛での出会い

社会人女性にとって、出会いのキッカケを1番掴みやすい身近な場所といえば職場ではないでしょうか。

入社したての頃は、素敵な出会いに期待をしていた方も多いでしょう。

しかしある程度の時間が経つと関わるメンバーも固定され、その中に恋愛対象となる人がいないとなると、職場での恋愛を諦めてしまいがちです。

 

社員の数は多いけど、自分の部署にいるのは既婚者と女性ばかり…。

そんな方は自ら行動範囲を広げることで出会いのキッカケを掴むことができます。

 

例えば、いつもお弁当を持参している方は、時々社員食堂を利用してみるのもいいでしょう。

独身の男性こそ、社員食堂の利用率は高いものです。

他にも、時間にゆとりのある時はいつもと違うフロアのお手洗いを利用するなど、普段出会う機会の少ない男性とすれ違うキッカケを作れます。

普段は面倒で断っている自由参加型の会社イベントや、忘・新年会などにも積極的に顔をだすことでも出会いのキッカケに繋がりますよ。

 

同じ会社でパートナーが見つかれば、予定の合わせやすさや、忙しくても顔を見れる機会は増えるなどメリットもたくさんあるので、「うちの職場には出会いが全くない…」と嘆く前に、もう1度職場をよ~く観察してみてください。

⇒ 職場恋愛のきっかけ!男性が女性を意識するキッカケ【15選】

⇒ 社内恋愛はアプローチすべし!職場恋愛を成功させる【7つのコツ】

 

取引先での出会い

社会人女性にとっての出会いの王道となる場所は職場です!とは言っても、そもそも従業員の少ない小さな会社や、女性スタッフがメインの職種であれば、社内での出会いはどうしても限られてしまいますよね。

だから自分の環境では、職場恋愛のキッカケは掴めないだろう、と思っている方!

諦めるのはまだ早いかもしれませんよ!

 

やはり社会人にとって職場は、多くの方が週5日・1日8時間も以上の時間を過ごしている場所なのです。

出会いのチャンスとしてはやはり1番身近な場所といえるでしょう。

社内に良い出会いがないのであれば、次は社外にも目を向けてみてください。

取引先など社員ではなくても、職場に出入りする人を意識してみると、意外と異性はいるものです。

 

不意な出会いにも、自信を持って笑顔を魅せられるように、出会いの少ない職場でも普段から身だしなみや仕草には気を抜かないようにすることで、舞い込んだチャンスを逃さないようにしていきましょう。

 

友達の紹介での出会い

友達の紹介による出会いのキッカケ

学生時代に比べて、社会人になって出会いのキッカケが減ってしまった…という方も多いですよね。

みんなどんな場所で出会いを見つけているのでしょう。

 

そこで注目したのが、テレビや雑誌などの街頭インタビューで、「お二人の出会いのキッカケは?」と質問されたカップルに意外と多い、「実は友達の紹介で」という台詞。

言われてみると、アナタの周りにも「友達の紹介で彼氏できちゃった♡」なんて友人はいませんか?

いや、そもそも私、友達に紹介したことあるわ!なんて方もいるのではないでしょうか。

 

特定の「場所」を責める以外にも出会いのキッカケはあるのです。

日頃から友人に「良い人がいたら紹介してね」と言っておくだけでも、いざというとき意識してもらえるので、1人で待っているよりも出会いのチャンスは確実に上がります。

 

また、時々誘われるけど、恋愛感情を持てないから2人で遊ぶにはなかなかノリ気になれない男友達がいれば、「友達も誘ってワイワイ遊ぼうよ!」と言って交友関係を広げるキッカケにしていきましょう。

ただし、実際に友達が紹介をしてくれたときは、あまり好みの男性ではなかった場合でも、感謝の気持ちを忘れないようにしましょうね。

 

合コンでの出会い

出会いを求める男女が集まる場所といえば合コン。

失恋した友人を慰めるときなんかにも、「よし、合コンいくぞ!」なんてよく聞く台詞ですよね。

そんな出会いの王道イメージでもある合コンですが、何といっても合コンのメリットは、男性も女性も「出会いを求めて参加している」人が多いので、カップルが成立する可能性がとても高く、仲良くなってから付き合うまでの時間もあまりかからないことが多い、ということです。

 

もし、普段いくら好みの男性に出会っても、それが通りすがりの人であったり、初めて行くお店の店員さんであれば、いきなり連絡先を聞くこと(いわゆる逆ナンですよね)はとっても難易度が高い割に成功率は低いのですが、合コンに参加している人であれば自然な流れで連絡先を交換することができます。

 

しかし、そんな出会いを求める女性の気持ちを逆手に取って、何か偽りを持って参加している男性や、遊び好きの男性がいる可能性もあるので「一晩の恋」にならないように、しっかりとお付き合いをスタートさせるまでは舞い上がらないように気を付けましょう。

また、合コンは行き過ぎてしまうと、軽い女性と思われてしまうこともあるので気を付けてくださいね。

⇒ 合コンでモテない女がモテる女になるための【7つの方法】

⇒ 合コンの服装やファッションで男ウケするためのポイント【12個】

⇒ 合コンの会話・ネタ・話題!好感度をグッと上げるネタ【16個】

 

街コンでの出会い

出会いがない社会人女性が街コンで出会いのキッカケを作る

出会いがない社会人が出向く場所として定番ともなっている街コン。

街コンは奥手なタイプの方でも比較的挑戦しやすく、手軽な出会いのキッカケになっているようです。

男性も女性も街コンには大体の人が出会いのキッカケを求め参加します。

大勢の人がいる中での出会いはある意味で早い者勝ちです。

女性側の見極めも重要になってくるので、ピンと来る男性がいたら、なるべくでも勇気を出してキッカケ作りの行動を起こすことが大切でしょう。

 

街コンではお互いに初対面の場所であるため、行動を起こす際はあくまで距離感を維持しながら、段階を踏むことも忘れずにいてくださいね。

急激に距離を詰めようとしてしまったり、気を遣いすぎて何も伝わらないような行動を起こしてしまうと、せっかくの出会いが台無しです。

何よりも、その場所を楽しむことを前提としてコミュニケーションをすると好感を持たれやすいでしょう。

 

ただ、街コンはチャラチャラしたイメージも持たれがちなことがデメリットでもある可能性もあるため、参加する以上は前向きに楽しむ事が必須。

街コンだとしても、あくまで出会いのキッカケに過ぎません。出会ったそのあとが本番なので、まずは気軽な気持ちでいましょう。

出会いがないことを後ろめたく思わずに、その場所で出会えたことを嬉しく思う様子を伝えてみると良いでしょう。

 

同窓会や昔の友人との出会い

出会いがないとはいっても、なにも初対面同士でなければいけないわけではありません。

同窓会などの「昔の友人と久々に再会する」というシチュエーションに少なからず緊張感を持つのは、社会人ならではの楽しみとも言えます。

そして、新たな出会いのキッカケとしても、非常に自然な場所とも言えますよね。

 

何年も顔を合わせていないようであれば、学生から社会人への変化とは人それぞれかと思われるのでそういったドキドキ感もあります。

昔を懐かしむような共通のトークで盛り上がれる場所でもあるので、同窓会や昔の友人の集まりには出向いてみるのが良いでしょう。

 

参加する際は、学生の頃と社会人になった自分とのギャップを改めて自分自身見直してみましょう。

「女子」だった頃から「自立した女性」として自分がどう見られるようになったか、どう変わったかを認識しておけば同窓会での振る舞いも困らずに楽しめます。

自信を持ち、輝いている女性は美しく見えるものですよね。

 

「あの頃よりも老けたし」と、参加を躊躇ってしまう場合もあるかもしれませんが、それは全員に共通している事です。

「あの頃よりも老けた」という思考より、「あの頃よりいろんな経験をした」という方がより魅力を感じるものです。

共通の知り合いもいる中での新たな再会というのは、お互いに安心感も生じますし、出会いのキッカケを生みやすくもあります。

 

参加した結婚式での出会い

出会いがな社会人女性は参加した結婚式で出会いのキッカケを作る

なかなか出会いがない社会人同士の出会いのキッカケとして、一般的に主流とされてきているのが結婚式。

結婚式は幸せを祝う場所であり、同時に華やかである場所です。

この出会いはとてもロマンチックで、男性女性お互いのテンションも少なからず上がった状態なので、実現しやすいキッカケとなります。

 

では、具体的に結婚式でどのように出会いに繋げていくか様々な例がありますが、2次会の催しは来場者同士コミュニケーションを取れるような出会いに寄り添ったようなものも多いため、出会うキッカケを掴めるチャンスも多々潜んでいます。

花嫁と婿を挟むので、その場は「共通の知り合い」であることは当然であり、仲良くなりやすいシチュエーションですよね。

 

ただ、出会いを求めるがあまりに女性からガツガツしすぎてしまうなんてことがあれば、印象はあまり良くないので要注意です。

あくまで主役は友人夫婦であることを忘れないようにしましょう。

 

それにより「気になっていたけど連絡先が聞けなかった」という結果になっても、後々友人夫婦に頼ることも手です。

指定をせずに共通の知り合いを紹介してもらうよりも「この人が良い」というような、こちらから相手を希望するやり方が手っ取り早く、お互いに前向きに捉えやすい出会いと言えるでしょう。

 

友人夫婦を介しているだけあり、良い意味での緊張感を持つこともできます。

結婚式に参加する際は、気を抜かずに女性として最善の自分でいましょう。

 

趣味や社会人サークルでの出会い

社会人になると学生の頃と比べ、趣味やプライベートに意識を傾けることも少なくなりがちですよね。

学生の頃よりも出会いのキッカケがないライフサイクルになってしまうのも仕方のないことですが、今では社会人同士で趣味を通してプライベートを楽しむようなネットワークは、多く存在しています。

そういった場所に積極的に出向けばプライベートの充実も図ることができ、一石二鳥とも言えます。

 

そして何より、お互いに共通の趣味を経て出会うというキッカケは充実度も高く、前向きで楽しみやすいのもメリットとして挙げられます。

さらに出会いを目的とするよりも、まずは趣味を楽しむ場所として時間を何度か共有できるシチュエーションでもあります。

あえてお互いに男性、女性として意識し合うことに意識を向けない分自然な近づき方が可能であるため、相手の事をよく知れる機会もたくさんあります。

ということは、友情関係のままという状況にも転がりやすくもあり社会人としては、これはデメリットとも捉えることができます。

一人の女性として見てもらえるように、品良く楽しんでいることも忘れずにいましょう。

 

習い事での出会い

出会いがない社会人女性は習い事で出会いのキッカケを作る

出会いがない社会人女性の方は、習い事をキッカケ作りの場所として活用すると良い出会いがあるかもしれません。

男性と共通の趣味を持ちたいと望んでいる女性であれば、自分の趣味にあった習いごとを選べば良いですし、家庭的な男性を望んでいるのであれば料理教室を選択することで、料理が趣味の男性に出会えます。

そして、自分の料理の腕も上げることが出来ますよ。

 

ダイビングなどのスポーツの習い事は、ダイエット効果が期待出来て自分磨きに最適です。

そこへ通っている男性もまた、たくましい体系の方が多くなります。

英会話教室を習っている男性はビジネスマンが多く、外資系企業など収入が安定している男性がいる可能性があるので、結婚を視野に入れている女性の理想的な男性がいる可能性があるのです。

 

好きな趣味に合った習い事での出会いは、付き合ったあとも長続きすることが多いのがポイントです。

そして社会人男性は仕事を活かすために習い事をしている人もいますので、結婚を前提に出会いを求めている女性にはとても良い場所となりますよ。

 

ボランティア活動での出会い

社会人女性で出会いのキッカケを探している方に是非ご紹介したい場所の1つに、ボランティア活動があります。

ボランティア活動はお金がほとんどかかりませんし、様々な地域に赴く場合が多いため色々な人との出会いがあります。

普段ならば関わる機会がなかった人ともそこで接点が生まれますし、男性との出会いの他にも人脈作りが出来ますよ。

 

また、ボランティア活動に参加する男性の多くは「社会に貢献したい」「誰かの役にたちたい」と考える真面目な人が沢山いますし、活動的でポジティブな男性に出会える可能性が高いのです。

しかし、アナタが参加するにあたり注意しなければならないのが、出会い目的のみで参加するのは周囲に迷惑がかかるため、社会貢献を第一に参加することがマナーとなります。

そこで同じ考え方や価値観を持った男性とめぐり会えた時は、ボランティア活動を通して積極的にアピールしていくと良いでしょう。

 

お見合いパーティーでの出会い

出会いがない社会人女性はお見合いパーティーで出会いのキッカケを作る

出会いのキッカケを求めている社会人女性にとって、お見合いパーティの場は外せないでしょう。

参加費用が女性に対しては特に低めに設定されている場合が多いため、無料~3,000円など、気軽に参加できるパーティが多く存在しています。

そして、双方が結婚を目的として参加していることが多いので、結婚を視野に入れた出会いを求める方にとってはメリットも多いでしょう。

カップル成立してから結婚に辿り着くまでの時間があまりかからないケースも考えられますよね。

 

年齢が気になる方でも、年代別の企画パーティが各地で開催されていますので、気後れすることなく参加することが出来ます。

お見合いパーティはその人の条件に合った出会いや企画にピントを当てて開催してくれているものが多く存在します。

特別な出会いとはならなくとも、出会いがないと嘆いてばかりで前進出来ないという方は、1度参加してみると前向きな気持ちになれるかもしれません。

アナタのことを好みだと言ってくれる男性にきっと出会えるはずですよ。

 

紹介されたお見合いでの出会い

社会人の女性は毎日が多忙である場合が多いため、出会いがなかなかありませんよね。

そんな女性がキッカケを作る場所として、紹介されたお見合いが出会いのキッカケとなるケースもあります。

親や親戚からの紹介であれば特に、男性に借金はないか、仕事は何をしているのかなど、事前に調べた上での紹介である場合が多いため非常に安心感があります。

 

また、やはり男性の外見も気になりますよね。

お見合いであれば事前に写真などで確認しておくことが出来るため、タイプでない時は会う前に断ることも可能です。

恋愛結婚では必ず行う両親への紹介が必要ないため、両親が男性のことを気に入らないなどといった、いざこざが起こらずに済みますよ。

 

恋愛結婚ではドキドキした気持ちなどがありとても楽しいと思いますが、いざ結婚してから「付き合ってた頃と結婚後の彼のイメージが変わった」など、理想とは違う場合があります。

しかし、お見合い結婚は事前に男性のステータスを知っておくことが出来るため、ドキドキしたりロマンチックな場面は少ないものの、結婚後は安定した生活を送れる可能性が高いので、もしもお見合い相手を紹介してくれる人が周りにいるのであれば、話を聞いてみるのも悪くないと思いますよ。

 

紹介されたお見合いの断る場合はマナーがありますので、コチラの記事を参考にして下さい。

⇒ お見合いの断り方で会う前・上司・直接本人に断る時の【13のコツ】

 

SNSやオフ会での出会い

SNSやオフ会は出会いがない社会人女性が出会いのキッカケを作れる場所

なかなか対面での出会いがないのであればSNSやそれを通じた出会いを作る事も手です。

SNSでの出会いは、社会人生活によって新たに繋げていくことも可能なものです。

より親密になれるキッカケとしては非常に利用しやすいですよね。

ただ、少なからずメリットとデメリットが存在しているものでもあります。

 

SNSやオフ会での出会いにおいて写真などで双方の外見を認識している場合、片方だけが認識している場合、お互いに認識していない場合と様々でしょう。

SNSやオフ会での関わりでは相手との会話を文章でやり取りするところからのキッカケというのがほとんどだと思いますが、そこで交わされるお互いのプロフィールが第一印象となります。

 

ここでのメリットは外見からの印象よりも先に言葉でのやり取りでの印象を互いに与え、持つことが出来る、ということです。

ただそれと同時に言葉と文章でどうやりとりが形成されていくかが最も重要なキーポイントとなります。

絵文字や顔文字の使い方、言葉の使い方次第で相手へ与える印象も変わってくるものなので、なるべく普段の自分とのギャップが無いようなやり方が良さそうです。

 

女性として社会人としてのマナーもここでは必須です。

学生気分のままでは単なる遊びになってしまう可能性もあるので、あくまで大人としての対応を心掛けましょう。

もちろん、お互いに「出会い」として意識しているもの。会話が盛り上がれば「食事でも」という対面へのステップを踏む事となるでしょう。

対面する際も「あまり生産性を感じられなかった」という結果になる恐れもあるのでなるべく静かな場所や、楽しみを共有できる内容を選ぶ事をオススメします。

 

こういった場所での出会い方は、様々な年齢層が居るので出会える幅も広がります。

年下であろうとも自分の年齢に敏感にならず、自身を持って楽しみましょう。

なによりも相手との距離感を把握することが大切。

言葉でいくらやり取りをしていたとしても、初対面という事を忘れずに、社会人として女性としてのマナー保ち出会いを素敵なキッカケに結びつけて行きたいものですね。

 

婚活サイト・マッチングアプリでの出会い

「出会いがない」とする社会人女性は意外にも多いようで、婚活サイトやマッチングアプリの利用者もかなり増加し、そういった出会いに抵抗を持つ人も減少しつつあるようです。

登録者の年齢層も幅広く、プロフィールなどでは写真はもちろん年齢、経歴や年収まで知る事の出来る機能が備わっているものもありますよね。

あれこれと条件が並べられているとつい条件で相手を見てしまうという事が懸念されるので、そういった部分には注意をしていきたいものです。

 

出会いのキッカケとしては非常に手軽なもので、男性も女性も大勢の中から選び、選ばれるような場所です。

こういったサイトやアプリで失敗しない出会いを作るには写真もプロフィールもありのままの情報を、取り繕った自分ではない方が最善です。

何万人と登録のあるアプリ等では真剣な出会いを求めるわけではなく、遊び相手を探している人も大勢います。そういった点を見極める事も最重要となってきますよね。

 

やはり社会人として真剣に出会う事を目的とすれば、同じ社会人同士であるほうが失敗する確率は低いでしょう。

完全に恋愛対象を探すといった出だしになりがちでもあるので、「選ばれる女性」でいられるために日々の自分磨きはこういった場所の出会いでも欠かせません。

どんな出会い方でもそのキッカケをしたたかに、賢く掴んで行きましょう。

 

行きつけのお店での出会い

行きつけのお店は出会いがない社会人女性が出会いのキッカケを作れる場所

行きつけであるという事は定期的に通うという事なので、お気に入りの場所や特定の場所に多く出向き、アンテナを張ってみるのも良いでしょう。

自分の行動範囲内で見つけられる出会いは、ごく自然であり、案外傍に転がっているもの。

社会人は出会いがない!と嘆く前に、行動を起こすことこそが素敵な出会いのキッカケに繋がる事も少なくはありません。

 

まずは自分を、積極的に外に出してあげてみてください。

学生の時には味わえないような、社会人ならではの遊び方、お金の使い方は、大人としての自分をどんどん磨いていけるものでもあると思います。

充実している状態の人間は、輝いて見えるものです。

いつどんな場所でも「外に出してあげられる女性である自分」でいられれば、出会いのキッカケを掴む機会も増えるはずです。

 

張ったアンテナに反応したら、行動を起こして見ましょう。どういった行動を起こすべきかは、その時々で違ってきます。

相手の事を考え、相手の立場になって考えてみることが大切です。

女性からキッカケを与え続け、その後の行動は男性にしてもらえる駆け引きのようなことが出来たら、とても楽しいと思います。

 

ライブや季節のイベントでの出会い

ライブやイベントのようなレジャーを楽しむような場所はチャンスであり、沢山「出会いのキッカケ」が潜んでいます。

楽しさや盛り上がりを共有する空間なので全体のテンションが高くなっているため、出会い頭の印象も自然と前向きで良いものになりやすいです。

休日を楽しむぞ!と張り切って繰り出す社会人も非常に多く集まる場所は、その分どういった人と出会えるかというのも非常にスリリングにもなりがちなので、ここでも見極める力は重要となってきます。

やましい気持ちで女性に近づく男性も少なくは無いでしょう。

 

まずはきちんと断れるメリハリを付けつつ「出会いを探す」ことはなるべく目的から避け、前向きな気持ちで行事を楽しむ事が前提です。

趣味を共有しやすい環境でもあるので女性からキッカケを提供することも全く不自然ではありませんし、比較的多くの出会いを見つけられます。

 

ただし、お酒などでくれぐれもハメを外し過ぎない事です。

社会人としてのマナーを守りつつ楽しく笑顔で様々な人とコミュニケーションを取ってみてくださいね。

 

社会人が集うバーでの出会い

社会人が集うバーは出会いがない社会人女性が出会いのキッカケを作れる場所

バーと言ってもワンコインバーから高級バーまで幅広く、様々な会社からスーツやオフィスカジュアルをまとった人や、それを着替えるなどして後から合流した人が集い、仕事の疲れを癒しに来ます。

居酒屋ではなくバーということで、社会人らしい大人の出会いが隠れているかもしれません。

ワンコインバーのようなカジュアルな場所であれば、友人との2次会として足を運んでみながら、出会いのキッカケを掴んでみるのも良いでしょう。

 

 

バーという言葉からイメージされるようなオシャレな場所であれば、ゆっくりとした時間の中で男性のことを知るキッカケを作ることも出来ます。

好きなお酒の話などで会話が弾んだり、もちろん自己紹介をして連絡先を渡すだけでもOKかと思います。

お酒に詳しい男性との出会いがあれば、「今度お酒が美味しいお店を教えて下さいね」と男性を立てながら誘ってみると喜ばれるでしょう。

 

クラブイベントでの出会い

「社会人になってクラブは…。」と抵抗感のある方もいるかと思いますが、そのような考えだけでクラブイベントでの出会いを無いものにしてしまうのはもったいないかもしれません。

場所に地域によって集まる年齢層は異なりますし、イベント内容によっては普段クラブに行かないような男性との出会いのキッカケが潜んでいる場合もあるからです。

夏シーズンやハロウィン仮装、クリスマスイベントなど、シーズンによって開催されるクラブイベントであれば、色んなタイプの男性が参加する可能性があります。

社会人になって溜まった日頃のストレスを、ワイワイ盛り上がりながら発散してしまうのも良いでしょう。

 

クラブに行くと踊らないと行けないという訳でもなく、チルスペースという休憩所のような場所でフロアから流れる音楽を聴きながらお酒を楽しむことも出来ますので、普段の社会人生活にはない刺激を求めて足を運んでみると良いかと思います。

 

相席居酒屋での出会い

出会いがない社会人女性が相席居酒屋で出会いのキッカケを作る

「社会人になると出会いがない!」と友人や同僚と女子会を楽しんだ後に、終電まで時間があるようであれば相席居酒屋に行ってみるのもオススメです。

相席居酒屋は合コンと変わりなく、女性は基本無料で入ることができ、出会いがない社会人女性が出会いを求める場所としても人気のスポットです。

もし相席した男性が好みでなければ、他の席に移動することも出来ますので、出会いのキッカケを求めて積極的に行動してみると良いでしょう。

 

相席した男性との出会いではなくとも、その男性を介した合コンによって新しい出会いが生まれるケースも少なくなく、男友達の人脈を広げていくことも可能です。

「出会いのキッカケを掴むぞ!」と意気込んで行くというよりも、「もしかしたら良い出会いがあるかも」などと気軽な気持ちで行ってみると良いかと思います。

 

シェアハウスでの出会い

少し特殊な出会いの形となりますが、シェアハウスという特殊な環境が出会いのキッカケになる場合もあります。

数は少ないものの趣味に特化したシェアハウスもあり、音楽好きのためのシェアハウス、大きなカウンターキッチンが設けられたシェアハウス、ビリヤード台などの娯楽があるシェアハウスなど、同居人との交流を楽しめるスペースが用意されています。

シェアハウスに住む人達はプライベートな時間でも誰かと緩く繋がっていたいと考える人も多いため、拒まない限りは自然と交流も増えていくでしょう。

 

シェアハウス内で企画されるパーティーやイベントが出会いのキッカケとなり、恋愛から結婚に至ったカップルも存在します。

出会いがないという社会人女性でも、学生時代の共同生活や部活・サークルなどの気分が蘇り、新鮮な気持ちに帰れるのもメリットの1つかもしれませんね。

 

色んなタイプの男女が集まるため、その分色んな出会いのキッカケが転がっているシェアハウスですが、それがゆえにトラブルも少なくないとされていますので、注意も必要です。

会社や社会人生活とは全く異なるコミュニティーを広げたいという方は、シェアハウスでの出会いも視野に入れて物件を探してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links

このページの先頭へ