元彼の結婚がショックで悔しい理由【12個】と対処法【4つ】

元彼の結婚がショックで悔しい理由

元彼の結婚を知ってショックを受けたり、悔しいと思ったことがあるのではないでしょうか。

特に元彼に未練がある訳でもないのに、元彼の結婚がショックで悔しいと感じるのは不思議ですよね。

「元彼の結婚がショックで悔しいと感じるなんて…。」

「元彼の結婚を心から祝ってあげたいのに…。」

などと、ショックで悔しい理由も分からずに自己嫌悪に陥ってしまうケースもあります。

今回は、元彼の結婚がショックで悔しい理由と、その対処法についてご紹介しますので、参考にして頂ければと思います。

Sponsored Links

元彼の結婚がショックで悔しい理由

元彼の結婚を知ってショックで悔しいと感じる理由

元彼の結婚にショックで悔しいと感じる理由が分からないとモヤモヤした気持ちになりますよね。

元彼の結婚を知ってショックを受けたり、悔しいと感じるには様々なケースが考えられます。

考えられる理由を12個ご紹介しますので、モヤモヤを解消するためにショックで悔しいと感じる理由を探してみて下さいね。

 

元彼に未練があるから

heartbreak-recover_01

元彼に対する未練が残っていることを自覚している場合、元彼からの結婚報告は、とてもショックで辛いものであると思います。

別れた理由や時期にもよりますが、「またいつか復縁できるように」とコッソリ努力を続けていた人にとっては、自動的に2度の失恋を味わわなければいけないようなもので、元彼の結婚という事実は、願い続けてきた復縁すらも諦めなければならないことになります。

 

また、今まで未練が残っていることに自覚がなかった場合でも、「元彼の結婚」という事実を目の当たりにすることで、無意識にも溢れてくる「ショック」や「悔しい」といった感情から自分の中に残っていた未練に気付いてしまう、というケースもありますよね。

 

元彼に対する未練が残っているのであれば、無理して結婚を祝福しようとしなくても大丈夫です。

時間にしか解決ができない問題もあるので、今は思いっきり目を背けてストレスを溜め込まないように自分を可愛がってあげましょう。

 

今の恋愛が上手くいっていないから

元彼に対する未練はなかったはずなのに、結婚をすることを知って複雑な感情が芽生えてしまうのは、かつて同じ時間を歩んできたパートナーが自分を残して先に幸せになってしまうから。

このとき感じる「ショック」や「悔しい」という気持ちは「未練」とはまた別物の感情ですよね。

 

特に、元彼と別れた時に

「イイ女になって元彼を見返してやる!」

「元彼よりもイイ男の人を見つけて必ず幸せになってやる!」

という想いで失恋から立ち直ってきた方であれば、自分にはまだ良い出会いもなく、新しい彼氏もできていないという状態での元彼の結婚報告に、なおさら強い敗北感を感じてしまうのではないでしょうか。

 

しかし、必ずしも「結婚=幸せ」という方程式が成り立つものでもありません。

もしかしたら、元彼もアナタと別れたことで寂しさを募らせ、結婚を急いだ可能性だってあるのです。

 

元彼に対して未練がないのであれば悔しさや敗北感は1度封印して、ここは素直に結婚を祝福してあげられるといいですね。

 

元彼に先を越された気がするから

元彼に先を越された気がしてショックで悔しい

たとえ今現在、自分が新しい恋愛をしていたとしても、元彼からの結婚報告にショックを受け、悔しいと感じてしまう方は少なくありません。

それは、元彼に先を越された気がするから、自分だけ取り残されたような感覚になってしまうからです。

もしもアナタが先に結婚をしていたり、近々結婚をする予定があれば、きっと感じていなかったでしょう。

 

また、元彼とアナタに共通の友人や知人がいたりすると、元彼が先に結婚をするということで、

「変に気を使われたり、同情をされたらどうしよう」

「他人からみて今の自分は可哀想だと思われているのかな?」

などと、周りの人の目に自分がどう映っているのかを気にして、さらに虚しくなってしまうこともありますよね。

 

きっとアナタは無意識に元彼と自分の幸せのバロメーターを「結婚」を基準にして比較してしまっているので、先を越されたような気がして悔しいと感じてしまうのです。

 

幸せの基準は人それぞれなので、結婚の後・先で幸せを図ることはできませんし、周りの人間が他人の幸せを比較することはできません。アナタはアナタのペースで幸せを掴めばいいのです。

 

自分ではない誰かのものになってしまったから

元彼の結婚にショックを受ける人の多くに共通をしているのが、今まで自分は「元カノ」であることで、彼にとって少し特別な存在であると思っていたのに、これからは奥さんになる人が、彼にとって1番大切で特別な女性であるということを思い知らされたような感覚になるからです。

 

1度は自分のものだった元彼が、自分ではない誰かのものになってしまうと思うと、愛されていた頃の心地よさや特別感を思い出して切なくなり、一時的にショックや悔しいといった気持ちを感じてしまうのです。

このときの切なさやショックは感傷によるものなので、未練と混合してしまわないようにしましょうね。

 

恋愛に付き物の「独占欲」や「嫉妬」ですが、その感情は別れた後にも顔を出す場合もあるのです。

しかし、「元彼と結婚したいのか?ヨリを戻したいのか?」と言われるとそういう訳ではない。

ただ、「いつまでも自分が彼の中の1番でいたい、特別な女性でありたい」と思ってしまっているのです。

 

自分勝手な願望ではありますが、実はそう思っている女性は少なくありません。

 

「自分が結婚していたかもしれない」可能性が無くなるから

自分が結婚していた可能性があるからショックで悔しい

付き合っている相手がいれば、「この人と結婚をしたらこんな感じかな」という想像をすることもありますよね。

結婚をすることが必ずしも幸せというわけではないのですが、交際中のカップルにとって、やはり目指すゴールとしているところは「結婚」なのではないでしょうか。

 

そのため、元彼との恋愛を振り返って、自分とでは達成することができなかった結婚を、他の誰かと成し遂げる元彼に悔しいという感情を抱いてしまったり、元彼が結婚することで自分が彼と結婚していたかもしれない可能性がなくなり、1つの未来を失ってしまったかのような喪失感を感じてショックを受けてしまうのです。

 

「もしもあの時別れていなければ、今彼の隣で結婚という喜びを噛みしめていたのは自分だったかもしれない」

と、過去を振り返ってあの時こうしていたら、こうしていれば、などと思う「たら・れば」は、恋愛に限らなくても人生には付き物です。

 

振った元彼が幸せになるのが悔しいから

自分で別れを選んだはずなのに、未練などは残っていないつもりだったのに、元彼の結婚の報告を聞いた途端、何故か急に悔しくなったり、ショックを受けてしまうことがあります。

自ら元彼を振ったときには、罪悪感から「早く幸せになって欲しい」と願っていた人であっても、いざ彼が幸せになると思うと「逃がした魚は大きい」と感じ、悔しいと思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

人間の記憶とは、時とともに嫌なことや辛いことを忘れて、良い思い出だけは美化されて残るもので、元彼との思い出も同じです。

しかし、彼との別れを決意した当時は必ず「理由」があったと思います。

このまま付き合っていても幸せにはなれない!と思って別れた原因や理由を思い出すことで、あのまま付き合っていても幸せにはなれなかったんだ、と思うようにしましょう。

 

元彼と別れた後の期間が短いから

元彼と別れた期間が短いからショックで悔しいと感じる

元彼と別れてからの期間が短く、まだ別れてから1年程の状態で元彼の結婚報告を受けてしまった場合、ショックというよりもとにかく驚いてしまう方がほとんどだと思います。

また、あまりにも別れてからの期間が短かければ、「自分と付き合っていた頃から関係があったのではないか?」という疑念すら抱いてしまいますよね。

 

さらに元彼と交際中、アナタには結婚願望があったけれどもプロポーズされる気配が全くなく、ダラダラと付き合うことに疲れて別れることに至った場合であれば、「自分では結婚できなかったのは、何か足りない所があったのでは…(彼に結婚願望があると思わなかった)」と、自分を責めてしまいがちです。

 

別れてからの期間が短いうちは、まだ付き合っていた頃の記憶も新しく、好きだった感情も思い出しやすい時期なので、元彼の結婚報告を聞くと「悔しい」「ショック」という感情も強く感じてしまいがちですが、それは未練とは別の感情です。

たまたま元彼が結婚を意識するタイミングが今だったのだと割り切って、自分を責めることはやめてくださいね。

 

今の彼氏と比較してしまうから

新しい彼氏と幸せに過ごしていても、突然「元彼の結婚」という事実を耳にすれば、焦りやショック、悔しさなど、今までは感じていなかった感情に戸惑ってしまう方は多いと思います。

 

過去の恋愛はどんな別れ方をしていても、時間とともに思い出は美化され、幸せだった記憶ばかりが残るものですが、現在進行形の恋愛では今彼に対する不安や不満といった感情の方が先行してしまいがちです。

 

そんな時間軸の違う恋愛を比較してしまえば、無意識に「元彼のいいところ」と「今彼の悪いところ」を比べていませんか?

ルックスや年収など目に見えることだけでなく、内面的な部分の記憶の方が美化されて蘇る傾向にあります。

元彼のほうが「自分を大切にしてくれていた」「自分のことを理解してくれていた」などと思い込むことで、昔の方が幸せだったのでは?と錯覚してしまう場合もあるのです。

 

「隣の芝生は青く見える」「無いものねだり」などという言葉もありますが、人間はどうしても自分の持っていないものに魅力を感じてしまう生き物です。

それが過去に自分のものであったのであれば、失ったことで喪失感も大きいでしょう。

 

しかし、元彼と別れたのには必ず理由があったはずです。美しい「思い出」ではなく、過去の「事実」を思い出すことが大切です。

一時的な感傷に惑わされて、今の彼氏を傷付けてしまったり、間違った選択をしてしまわないように気を付けてください。

 

元彼が結婚の報告をしてくれなかったから

元彼が結婚の報告をしてくれなくてショックで悔しい

元彼の結婚を友達伝いやSNSで知ってしまった時、ショックを受けたり悔しい気持ちになったりしたことはありませんか?

「あなたは元カレ、元カノの結婚をSNSなどで耳にしたことがありますか?」というアンケートに対して、「はい」と答えた人が60人(13.9%)「いいえ」と答えた人が371人(86.1%)と、全体の約14%の人がSNS経由で元カレや元カノの結婚を知ったことがあると答えています。

SNS経由で元彼の結婚を知るのは少数派ですので、間接的な報告だと少し裏切られた気持ちになってしまいますよね。

特に、別れた後も元彼と友達として付き合いがある場合は、このような気持ちになることが多い傾向にあるとされています。

 

友達なのだから、結婚の報告はしてほしいと思うのは当然のことです。

その気持ちに反した行動をされてしまうと、途端にショックな気持ちでいっぱいになってしまいますよね。

「結婚する際には祝福する気持ちでいたのに。余計な気遣いなんてされたくなかった」と悔しい気持ちで一杯になります。

 

それと同時に、置いてけぼりにされたような寂しさを感じてしまう女性もいるのではないでしょうか。

自分は友達として接しているつもりであったからこそ、裏切られたような感覚に陥りやすくなってしまうのです。

 

元彼の結婚相手に嫉妬しているから

元彼から結婚の報告を受けた時にショックだったり悔しい気持ちになったり、マイナスな感情が芽生えてしまうことがあります。

そのマイナスな感情の原因の1つに、元彼の結婚相手に対する嫉妬があります。

何故嫉妬してしまうのかという理由には、「結婚相手が自分の友人だった」「自分よりも極端に年が離れている女性だった」などが挙げられます。

 

結婚相手が友人であり、尚且つ親友であったならば、「元彼に親友を取られた悔しさ」と「親友に元彼を取られた悔しさ」とが入り混じり、嫉妬で心が満たされてしまいそうですよね。

「極端に自分よりも年が離れている女性」に対して嫉妬しているのは、その女性自身にというよりも、その女性が自分よりも年下ならば「若さ」、年上ならば「大人の女性らしさ」に嫉妬しているのではないでしょうか。

 

「自分には無いものを相手の女性は持っている。その魅力に惹かれて元彼は結婚を決めたんだ。」

そう感じた時に嫉妬というものは芽生えてしまうものです。

つまり、「嫉妬」とは結婚相手より自分が劣っていると感じる瞬間でもあります。その考え方の視点を変えてみれば、向上心に繋げることが出来るかもしれませんよ。

 

元彼の結婚を素直に喜べないから

元彼の結婚を素直に喜べないからショックで悔しい

アナタの元彼が結婚を素直に喜ぶことが出来ず、ショックを受けたり、悔しいと感じることもあるでしょう。

本来であれば喜ばしい結婚のはずなのに、何故元彼の場合は素直に喜べなくなるのでしょうか。

ショックを受ける理由は、別れた事実に対して少なからず後悔の念があるからと考えられます。

 

過去のことでも1度は好きになった相手ですから、元彼と一緒に過ごす未来を想像したこともあるでしょう。

しかし、それが叶わず、他の女性と未来を歩む結果になってしまったという事実がアナタにショックを与えているのです。

 

また、今の自分に満足していなかったり、何かしらのストレスを感じている時、人間の本能として他人の幸せを疎ましく感じてしまう傾向があります。

過去に囚われているとその先にある幸せを逃してしまうかもしれません。趣味、仕事あんどに打ち込んでみると、新しい出会いが待っているかもしれませんよ。

 

付き合っていた頃を思い出すから

本来結婚とは「幸せ」「嬉しい」などの感情が湧き上がる場合が多いですが、元彼に対してとなると、「ショック」だったり「悔しい」という感情が芽生えてしまいます。

当時の付き合っていた頃を思い出して、元彼との「楽しかった日々」「充実していた毎日」のことを振り返り余計に後悔してしまってはいませんか?

元彼が明るく社交的な人物であった時は尚更です。

 

かつてはアナタが元彼のパートナーであったのですから、「本当であれば、私が元彼を幸せに出来たのではないか?」と感じる女性もいるでしょう。

しかし、先述の通り、良い記憶というものは過去の思い出になればなるほど美化されていくものなのです。

元彼の欠点も次第に薄れていって、長所のみが心に残ります。

アナタが元彼と別れた理由を振り返って、自分を信じることが大切ですよね。

 

元彼の結婚がショックで悔しい時の対処法

元彼の結婚がショックで悔しい時の対処法

元彼の結婚をショックで悔しいと感じる理由が分かってくると、自己嫌悪になって気持ちがマイナス方向に進んでしまうこともあります。

そんな時の対処法をご紹介していきますので、参考にしてみて下さい!

 

元彼と別れた理由を今一度思い出す

元彼の結婚にショックを受けている人は、まず別れた理由を思い出してください。

「些細なことで喧嘩ばかりしていた」「浮気された」など色々な理由があると思いますが、別れるほどの理由があったはずです。

 

元彼の結婚を知ってから、元彼との楽しかった日々を思い出していませんか?

別れた後、人は何故かいい思い出ばかりを思い出すものです。

別れる時、アナタが振った立場ならまだしも振られた立場だった場合、失恋から立ち直れていない人もいるでしょう。

しかし、現在別れているだけの理由があった過去の事実をしっかりと思い出してください。

 

もし今アナタが未婚ならば、そのショックは元彼に先をこされて悔しいだけかもしれませんよ。

結婚しているならば、つまらないことに気を取られず、アナタが掴んでいる旦那さんとの幸せを考えましょう。

 

元彼の欠点を思い出す

元彼の結婚を聞いて悔しいと思っているアナタはちょっと待ってください。どうして悔しいのでしょうか。

「あんなに素敵な元彼が結婚して他の女性のものになるなんて」

「元彼の一番は、もう私ではないのね」

なんて考えていませんか?

思い出の良いところばかり思い出していないで、彼の悪いところや欠点を思い出してみてください。

 

「浮気性だ」「お金にだらしがない」「ケチで奢ってもらったことがない」「約束を平気で破る」「人の話を聞かない」など、こんなところが嫌だった、こんなことが理由でよくケンカをしたなど元彼の嫌なところを思い出しましょう。

こんなに嫌なところがある元彼だから、現在アナタは別れているのです。

 

人は好きでなくなっても、長い期間付き合っていると情というものが沸いてきます。それは恋愛感情とは違うものです。

元彼が結婚して完全にアナタから離れてしまうショックがあるのかもしれませんが、結婚して離れてしまうのではありません。

元彼とアナタが別れた時からアナタが自分の道を歩いてきたように、元彼も元彼の道を歩いているのです。

 

元彼の欠点を思い出してどう思いますか?まだやり直したいと思いますか?

いいえ、「元彼と結婚しなくて良かった」と思いませんか…?

 

元彼以上の男性を探す

冷静に考えてみてください。結婚するとショックを受けるほど、元彼は素敵な男性でしたか?

思い出は美化されます。アナタにとって都合よく書き換えられることもあります。

 

現在、彼氏がいない人は周りにいる男性を見てください。

元彼より「格好いい人」「優しい人」「笑顔が素敵な人」「仕事ができる人」が見当たりませんか?

彼氏がいない人は好きな人を見つけましょう。友人に紹介を頼んだり、出会いの場に出かけるようにすることも大切です。

気になる人や好きな人ができればショックや悔しい気持ちなんてどこかへ行き、好きな人のことを考えるようになりますよね。

 

新しい彼氏や旦那さんがいる方の場合ですと、現在のパートナーは元彼より素敵だと思いませんか?

とても素敵な人だと感じたから、一緒にいるのだと思います。

元彼という過去の存在よりも、新しいパートナーとこれからを一緒に楽しく過ごそうとすることの方が大切かと思います。

元彼との恋愛で後悔したことがあるのであれば、今のパートナーとの恋愛に活かしていけば良いことです。

同じ過ちを繰り返さないためにも、今の恋愛を精一杯に楽しむための努力をしていくようにしましょう。

 

自分磨きをして新しい魅力を手に入れる

元彼の結婚を知ってから、ずっとそのことばかり考えていませんか?

ショックで悔しい気持ちはわかりますが、元彼の結婚に気を取られている時間がもったいありません。

アナタが働いているのなら、仕事を今以上に頑張ってみましょう。周囲の評価が上がるくらい頑張っていれば考える余裕もありません。

新しい資格を取得するのも良いですね。元彼が知っていたアナタから、元彼が知らないアナタに生まれ変わりましょう。

 

趣味がある人は、大好きな趣味の世界に没頭することで、元彼の結婚なんて入り込む隙間も無くなっていき、ショックや悔しさを感じる隙も生じません。

大いに趣味を楽しんで笑顔のアナタでいてください。

悔しさに捕らわれている苦悶の表情より、笑顔のアナタがアナタを魅力的にみせるのです。

 

思い切って、エステやネイルアート、ちょっと贅沢な服やバッグを買うのも一つの手です。

アナタの外見を磨いたり、いつもと違う服を着て出かけましょう。新しい服を着るだけでも気分が上がりますよね。

上がった気分のまま笑顔のアナタで新しい出会いを勝ち取りましょう。

 

ここまでを読んでくると、元彼の結婚にショックを受けていたのが馬鹿らしく感じてきたのではないかと思います。

ここからはアナタの魅力と新しいパートナーについて考え、幸せな日々を過ごしましょう。

そうすればきっと、元彼の結婚なんて思い出すこともなくなりますよ!

Sponsored Links

このページの先頭へ