彼氏の浮気を許すならやっておくべきこと【5つ】

彼氏の浮気を許す

彼氏の浮気が発覚したのであれば、「浮気を許す」か「浮気を許すことなく別れるか」を選択することになるでしょう。

浮気を許して彼と一緒に居られる幸せを取るか、浮気した彼に見切りをつけて新しい幸せを探すか。

浮気を許すか許さないかはとても難しい問題ですが、いずれにせよアナタ自身の幸せを考えていくことになるかと思います。

もしも、「もう一度やり直してみよう」と浮気を許す決断をした場合であっても、幸せになるための準備をしていく必要があると考えます。

今回は、彼氏の浮気を許す場合にやっておくべきことや考えるべきことについてご紹介していきますので、参考にして頂ければと思います。

Sponsored Links

彼氏の浮気を許すならやっておくべきこと

彼氏の浮気を許すということは、浮気した彼と付き合っていくことになり、浮気されたという事実とも付き合っていくことになります。

ですので、彼のことが好きである感情に変わりはありませんが、彼氏の浮気が発覚する前とは付き合い方を変えていく必要があります。

 

「一人でいるのは寂し過ぎて考えられない…。」

「1番じゃなくても、今は彼と一緒にいたい…。」

という理由で彼氏の浮気を許すのであれば、我慢するだけの苦しい関係に変わりはなく、幸せには繋がらないでしょうから。

彼を大切に思い、彼からも大切にされる関係を目指すことが重要と言えるでしょう。

 

不利な状況で浮気を許すべきではない

恋愛とは男女の関係が対等である時に良好な関係を築けるものですので、不利な状況や考えで浮気を許すべきではありません。

「元々彼が浮気症であることを知っていたし、浮気にも慣れてしまったから…。」

「捨てられることに耐え切れないから、浮気を許すしかない…。」

などと、不利な状況で浮気を許すことは避けるべきでしょう。

 

浮気は恋愛における裏切り行為ですので、簡単に許すべきものではありません。

また、彼のことが好きだからといって、我慢できない自分の心を簡単に許してしまうこともNGです。

 

彼氏が浮気をしたから優位に立つべきとは言いませんが、「あなたがいなくても大丈夫なんだからね!」というぐらいの強い気持ちを整えてから、浮気を許すようにした方が良いでしょう。

 

しっかり制裁を与えるようにする

“浮気は病気“と言われるように、同じ過ちを繰り返す男性は少なくありません。

甘やかして彼氏の浮気を許してしまえば、簡単に彼氏の浮気願望が芽生えてしまいますので、多少心を鬼にしてでも、しっかり浮気に対する制裁を与えるべきでしょう。

 

彼一人で参加する飲み会や旅行は、必ず参加者とその関係を報告させる。

浮気相手だけではなく、疑わしい女性の連絡先は削除する。

二度と浮気しないと彼に誓約書を書かせる。

などと、受けたショックの大きさを知らしめて、しっかり罪悪感を感じさせることが重要です。

 

注意すべき点としては、復讐や腹いせとして制裁しないことです。

関係を再スタートさせるための制裁であって、復讐は復讐として、腹いせは腹いせとして返ってくることとなり、ケンカの火種にしかなりませんので。

彼氏に浮気された怒りは燃えたぎるものですが、彼氏にとってもアナタにとっても試練であると考えていくと良いでしょう。

 

条件付きで付き合いを継続する

Sponsored Links

彼氏の浮気を許すにあたっては、「二度と浮気相手と連絡を取らない」「今度浮気したら別れる」など、新しい2人のルールや条件を設けて再スタートすることになるでしょう。

2人の間で条件を設けることも重要ですが、アナタ自身の中で条件を設けて付き合っていくことも重要です。

 

浮気されたという事実はずっと心の中で残り、時間が経っても、ふとした瞬間や彼とケンカした時に思い出されてしまうものです。

数ヶ月どころか数年経っても忘れられるものではなく、関係修復のためにアナタ自身も我慢して苦しい思いをすることになるので、耐え切れなくなってしまうケースもあるでしょう。

 

3ヶ月は彼氏の浮気を許すことにして、付き合ってみる。

半年経っても関係が前以上に良くならないのであれば、キッパリ別れを告げる。

1年経っても彼との将来が考えられないのであれば、新しい恋を見つける。

などと、自分自身にも条件を付けることで、その期間は精一杯関係の修復に努めることが出来るかと思います。

 

彼氏のためにも、アナタのためにも、そして2人の関係のためにも、大きなルールと小さなルールを守っていくことが仲良しカップルになる秘訣ではないでしょうか。

 

自分にも非がないか確かめる

彼氏の浮気の原因としては、言葉の通り心が浮いてしまったり、性欲に負けてしまったりするケースがほとんどでしょう。

ですが、彼女側が原因で彼氏が浮気をしてしまうケースもあります。

 

嫉妬ばかりで重たい女であった。

ワガママばかりで頼りっぱなしの女であった。

辛い時に寄り添ってあげられない女であった。

などなど、アナタが気付けていないだけで、彼氏にとってはそのように感じられてしまうこともあります。

特に浮気をする原因のほとんどは、男女問わずに性生活への不満であることが大多数とされていますので、夜のベッドシーンにおいて彼氏が何かしらの不満を感じている可能性も考えられます。

 

付き合いが長くなり、外見に気をつけなくなっていた。

いつの間にか「ありがとう」「ゴメン」を言わなくなっていた。

という部分から、自尊心と性欲という男心を満たしてもらえず、浮気をしてしまったということも少なくないものです。

 

彼氏の浮気を許す前に、なぜ浮気をしてしまったのか、自分に浮気される要素はなかったのかなどを、彼氏と話し合いながら見つめ直していくと良いかと思います。

 

過去は過去、未来は未来と考える

彼氏の浮気を許すと決めたのですから、再優先に考えるべきは関係修復と2人の将来についてかと思います。

彼氏が浮気をしたという事実は変わりませんので、過去を振り返るばかりではいつまでも彼のことを許す心が芽生えずに、過去の自分にも捕われてしまいかねません。

 

彼氏の浮気を許すと決めた以上は、浮気した彼氏とも過去の自分とも闘っていく必要があります。

とても苦しく大変な道のりとはなりますが、浮気を許すぐらい大好きな彼氏なのですから、先々に今以上の後悔をしないように努力をしていくことが大切かと思います。

 

浮気を許すチカラよりも変えるチカラを身につける

男の浮気ぐらいは許してあげるのが女の度量というような風習もあったかもしれませんが、浮気という裏切り行為を許せるほど人間は単純な生き物ではないでしょう。

ですが、彼氏の浮気を許さずとも幸せと思えるような生活を手に入れている女性も多く存在します。

彼女たちの意見を参考にすると、浮気した彼氏が浮気しない彼氏になる以上に、努力をして自分自身を変えていっているものです。

 

彼氏の浮気を許す以上は、前に進むしかありません。

結果として、幸せになるのか結局別れるのかは分かりませんが、決断したことに進むだけ進んでいくことで見えてくる幸せの形があるのかもしれません。

浮気を許すにしても、許さずに別れるとしても、前に進まない人に幸せは訪れてはくれないものかと思います。

Sponsored Links

このページの先頭へ