恋活アプリを利用している女性の6割が出会いの経験アリ!

恋活アプリを利用している女性の6割が出会いの経験アリ

新しい出会いの場としてネットや雑誌で紹介される恋活アプリ。

恋活アプリの女性利用経験者は22.7%と多くはありませんが、その内の60%の女性が恋活アプリを使った出会いの経験があるとされています。

今回は恋活アプリの利用実態や、女性が恋活アプリで新しい出会いを探すメリット・デメリット、有名恋活アプリの特徴、恋活アプリを利用する上でのポイントや注意点についてご紹介します。

 

恋活アプリを利用している女性の6割が出会いの経験アリ

冒頭で、恋活アプリの女性利用経験者の6割が出会いの経験があるとしていますが、その統計データについて詳しく見ていきましょう。

まずは、恋活アプリの女性利用経験に関するデータから見ていきます。

 

▼ 恋活アプリの利用経験に関する統計データ

恋活アプリの利用経験

 

女性の恋活アプリ利用経験を見てみると、「現在利用している」と回答した女性は8.1%、「過去に利用していた(現在は利用していない)」と回答した女性は14.6%となっており、5人に1人以上の女性が恋活アプリを利用した経験があるとしています。

恋活アプリの利用経験者は男性の方が圧倒的に多いと予想していましたが、男女の間に大きな差はないようですね。

 

続いて、最も気になる恋活アプリを利用した出会いの経験に関するデータを見ていきましょう。

 

▼ 恋活アプリを利用した出会いの経験に関する統計データ

恋活アプリを利用した出会いの経験

 

上の統計データを見ると、「恋活アプリを利用した出会いの経験が数回ある」と回答した女性は43.2%、「恋活アプリを利用した出会いの経験が1回ある」と回答した女性は16.8%となっており、恋活アプリを利用している女性の6割が出会いを経験しているとしています。

 

「数回ある」の回答数が男性より女性の方がやや多いことに驚きますが、恋活アプリの特性上、基本的に周囲にバレずに恋活が出来ることで積極的になれる傾向にあるのかもしれませんね。

恋活アプリなどのネットやSNS上での出会いは、合コンや紹介などと比べて、周囲に情報が共有される可能性が少ないでしょうし、そのグループでの自分のキャラもあるでしょうから、周囲の目を気にして素の自分をアピール出来ないことも考えられますので。

 

では、もう一歩踏みこんで、恋活アプリで出会った後にどのような関係になったのかについて見ていきましょう。

 

▼ 恋活アプリで出会った後に関する統計データ

恋活アプリで出会った後の関係

 

「実際に会ってみたが、それ以降はなにもない」と回答した女性は半数以上の56.8%となっていますが、「付き合っていたが別れた」と回答した女性は25.8%、「現在付き合っている」と回答した女性は19.7%となっており、45.5%の女性が恋活アプリを利用して彼氏をゲットしていることが分かります。

 

また、恋活アプリで出会った男性と友達付き合いをしている女性は15.9%となっており、かなり少数ながら結婚に至った女性は2.3%という結果となっています。

 

これらの統計データから見て、もしアナタに今男性との出会いがないと感じているのであれば、試しに恋活アプリで出会いを探してみる価値はあるのではないでしょうか!?

データ出典:MMD研究所

 

恋活アプリの出会いにおけるメリット

恋活アプリの女性利用経験者の6割が出会いの経験があり、その内の4割以上が交際に発展しているとしました。

ですが、恋活アプリの出会いにおけるメリットとデメリットが存在しますので、試しに利用する場合でもメリットとデメリットを良く理解しておくことが重要です。

 

恋活アプリの出会いにおけるメリットとデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

まずは、恋活アプリの出会いにおけるメリットから見ていきましょう。

 

出会いに関するコストが低い

恋活アプリは出会いに関するコストが低い

男性との出会いにおけるコストを考えている人は多くないかと思いますが、合コンやお見合いパーティーなどの出会いの場では、基本的に3,000~5,000円程度の出費が必要となります。

もちろん参加費用だけではなく、ドレスやワンピース、靴、カバンといった洋服代や会場までの交通費が必要となり、それぞれに対する手間と時間も掛かってしまいます。

毎週合コンに参加したとして、1回の参加費が3,000円だったとしても、1ヶ月で12,000円のコストが掛かる計算ですね。

 

「折角新しい服まで買って気合を入れてきたのに、目ぼしい男はいなかったな…。」

と、合コンの後に何とも言えない後悔のような気持ちを抱いた経験がある方も少なくないかと思います。

 

一方、恋活アプリの場合ですと、基本的に女性は無料で利用出来てしまいます。(※一部有料の恋活アプリもあります)

恋活アプリに登録している男性の写真やプロフィールを見ることも出来ますし、マッチングした男性とメッセージのやり取りをすることも0円で出来てしまいます。

 

「結婚するなら、絶対医者が良い!」

などと、目的があってハイクラスなお見合いパーティーに参加している方であれば良いかと思いますが、

「合コンに誘われているけど、今月もピンチだし…。」

と出会いのチャンスを逃しているかもしれない方にとってはメリットと言えるでしょう。

 

男性の場合ですと、メッセージのやり取りをするには有料会員に登録する必要がありますので、女性ならではのメリットとも言えますね。

 

自分の趣味やタイプに合った男性を探すことが出来る

恋活アプリは自分の趣味趣向に合った男性との出会いがある

恋活アプリに登録すると、男性女性に関わらずプロフィールを登録する必要があります。

プロフィールの充実度は人それぞれですが、女性が気になる男性の年齢や職業、さらには年収までを知ることが出来ます。

出会っていきなり、「年収はいくらですか?」と聞く女性はまずいないと思いますが、恋活アプリではそれが可能となってしまうという訳ですね。

 

また、男性の趣味趣向についてもプロフィールから知ることが出来ますので、

「好きなアーティストのライブに一緒に行ってくれる男性と出会いたい!」

「映画の好みが合う男性と映画デートに行きたい!」

などと、恋愛の第一歩とも言えるお互いの共通点をカンタンに見つけることが出来ます。

 

男女が共通の趣味を持つというのはカンタンなことではありませんので、気の合いそうな男性を見つけやすいことは恋活アプリのメリットと言えます。

 

普段出会うことのないタイプの男性が見つかる

恋活アプリは普段出会えないタイプの男性と出会える

「類は友を呼ぶ」ではありませんが、自然と周囲には自分と似た人達が集まり、学校であれ、職場であれ、出会える男性の数には限りがあります。

もちろんアクティブに活動すれば出会える男性の数は増えますが、出会ったことのないタイプの男性と出会える機会はそう多いものではありませんよね。

 

恋活アプリには色んなタイプの男性が登録しています。

外資系サラリーマンだったり、クリエイティブな仕事をしている男性、更にはフリーランスで仕事をしている男性もいるでしょう。

特に年上男性がタイプの女性ですと、職場や仕事と関係ない年上男性と出会えるチャンスもあります。

 

いつでも気軽に恋活が出来る

恋活アプリはいつでも気軽に恋活が出来る

恋活アプリはその名の通りアプリですので、スマホが1つあれば、男性との出会いを求めていつでも気軽に恋活することが出来ます。

出勤前の5~10分の間に気の合いそうな男性を探すことも出来ますし、寝る前にちょっとだけメッセージをやり取りすることも出来ます。

 

職場や友人の紹介などで出会った男性ですと、その人との関係性も考えて対応する必要がありますよね。

恋活アプリの場合はマイペースに活動しても問題ありませんので、仕事が忙しい時は恋活アプリの利用を控えれば良いですし、出会いが欲しくなってきたら再活動すれば良いので、気軽に恋活することが出来ます。

 

モテることが出来る

恋活アプリでモテることが出来る

ご存知の通り、現実では「モテる女」と「モテない女」に分類されてしまいます。

一度「モテない女」のレッテルを貼られてしまうと、そのコミュニティー内で「モテる女」に返り咲くことは、まず簡単なことではありませんよね。

 

恋活アプリにおける出会いは、真っさらな状態から1対1でスタートしますので、例えアナタが「モテない女」とされていたとしても、恋活アプリ上でモテないとは限りません。

ありもしない周囲のウワサや意見に影響されることがありませんので、自分次第でモテる経験を積むことも可能です。

モテるという経験を積むと自信を持てるようになるので、自然とアナタの魅力度もアップしていきます。

更にモテたいという気持ちも生まれるでしょうから、自分磨きにも努めるようになります。

 

小さな成功体験を積み重ねることで、いずれ大きな成功をもたらすであろう自信という魅力を身に付けることは、恋愛においても大切なポイントですよね。

⇒ モテる女の秘訣!男心をつかむモテる女子の【9つの特徴】

⇒ 男性が会いたくなる女性!また会いたいと思う女の特徴【9つ】

 

恋活アプリの出会いにおけるデメリット

恋活アプリの出会いにおけるメリットをご紹介しましたが、もちろんデメリットも存在します。

恋活アプリを利用するのは自己責任とは言え、利用するかしないかを判断する上でも、デメリットを理解しておくが重要です。

 

では、恋活アプリの出会いにおけるデメリットについてご紹介していきます。

 

真剣な出会いを求めている男性ばかりではない

女性が恋活アプリを利用する上で最も懸念されることは、「恋活アプリで出会った男性に騙されるのではないか?」ということかと思います。

大手企業が運営する恋活アプリは24時間体制で監視していますし、メッセージをやり取りするには運転免許証などでの年齢確認が必須となりますので、業者やサクラといった不正利用者は過去に比べてとても少なくなっています。

 

但し、業者やサクラなどの不正利用者がゼロかと言うと、ゼロではないというのが実情です。

何通かメッセージのやり取りをした後にLINE交換をし、急に話題とは関係ないLINEを送ってきて、架空請求や有料サイトへのURLを送ってくる不正利用者は存在します。

怪しいURLが送られてきた場合は、絶対そのURLをクリックしてはいけません。

 

また、一般男性であっても、真剣な出会いを求めて恋活アプリを利用しているのではなく、遊び目的として恋活アプリを利用している方も存在します。

本命彼女がいるのに、遊び目的で恋活アプリを利用する男性もいるでしょう。

 

恋活アプリだけではなく、合コンなどでも考えられるリスクですが、メッセージを何度も重ねたり、怪しいプロフィールではないかをしっかりチェックし、不正利用者と出会わないよう冷静に守りを固めることも重要なポイントです。

⇒ 本命の彼女かどうかは態度でわかる!遊びとの【20の違い】

 

出会ってみないと分からないことがある

恋活アプリでは、普段は聞きづらい男性の年収などをプロフィールから知ることが出来ます。

しかし、やはり出会ってみないと分からないことはたくさんあります。

 

写真の写りが良くても実際会えばガッカリしてしまったということもあるでしょうし、「プロフィールと全然違う!」ということもあるでしょう。

メッセージやLINEでは優しい印象の男性でも、いざ直接会ってみると高圧的で怖い印象だったということもあるかと思います。

男性は恋活アプリで出会った女性を口説こうとしているので、カッコイイ男性を演じることは当たり前のことです。

また、「恋愛はフィーリング」と言われるように、感覚的なものは直接会わない限り知ることは出来ません。

 

恋活アプリでマッチングをしてメッセージのやり取りをしていると、擬似的に交際しているような感覚から良い方にばかり捉えてしまうこともありますので、妄想を膨らませるのはほどほどにしておくことも大切なことですね。

 

利用されている人気の恋活アプリ

では、恋活アプリで出会いを経験している女性がどのようなアプリを利用しているのか、見ていきましょう。

下の統計は、利用している恋活アプリのランキングです。

 

▼ 利用されている恋活アプリのランキング

利用されている恋活アプリ

 

Paisを利用したことのある女性が46.4%とダントツで、次いでOmiaiが24.1%、タップル誕生が16.4%となっています。

上位の恋活アプリは女性誌やネットでもたくさん紹介されていますので、その分だけ女性利用者が多い傾向にあるとも考えられますね。

 

色々な恋活アプリがありますが、それぞれで特徴や機能が異なり、登録している男性層も異なります。

ランキング上位の恋活アプリの特徴についてご紹介していきますので、利用を検討している方は比較検討の参考にしてみて下さいね。

(※DMM恋活は2016年3月にサービス終了しています)

 

Pairs(ペアーズ)

Facebookを利用した恋活アプリとして有名なPairs(ペアーズ)。

累計会員数は500万人を超え、恋活アプリの中でも利用者がとても多いマッチングサービスです。(※2017年2月現在)

Pairs(ペアーズ)の特徴としては、約30,000のコミュニティがあり、趣味やハマっているものなど、コミュニティに参加することで自身の趣向性をアピールすることが出来ます。

恋活アプリPairsのコミュニティ機能

 

例えば、「年上男性が好き」というコミュニティに参加すれば、アナタが年上男性が好みであることをアピール出来ますし、音楽好きをアピールする場合でも具体的なアーティスト名のコミュニティに参加することで、共通の趣味を持つ男性を探すことが出来ます。

 

会員数が多いのでライバルが多くなってしまいますが、普段出会えないような男性との出会いを求めている方はPairsがオススメです。

⇒ Pairs(ペアーズ)で出会いを探す

 

Omiai

女性誌でも良く紹介されるOmiaiも、Facebookを利用した恋活サービスです。

恋活アプリとは言っても、恋活だけではなく飲み仲間や同じ趣味を持つ遊び仲間を探しているユーザーも存在しますよね。

ですが、Omiaiは「真剣なパートナー探しの場を提供する」ことに重きを置いて運営されているので、自ずとOmiaiに登録するユーザーも真剣な出会いを探している方が多いのが特徴です。

 

利用している年齢層は20代~30代が多く、男女共にプロフィール写真をしっかり掲載しているユーザーが多いので、Omiaiでそれだけ真剣に出会いを探している方が多いことの証拠と言えるでしょう。

Omiai

 

また、どの恋活アプリでもメッセージをやり取りするために年齢確認が必要なのですが、Omiaiの年齢確認では運転免許証などの証明書全体を提出する必要があり、一部を隠していたり、ぼかしたりしている証明書は認めてもらえず、サクラや業者対策のため厳しく利用審査をしています。

(※Omiaiではクレジットカードでの年齢認証もNG)

 

さらに加え、審査を抜けた不正ユーザーがいた場合でも、専門スタッフが目視で24時間365日徹底して監視を行っておりますので、恋活サービスの利用に不安を感じている方でも安心して利用が出来ます。

 

タップル誕生

タップル誕生は、サイバーエージェントグループのマッチングエージェント社が運営する恋活アプリです。

利用ユーザーは20代が中心となっており、200万組以上のマッチングカップルが誕生しています。

タップル誕生の特徴は、「料理好き」「お酒を飲みながら」「旅行が好き」など、予め用意されているカテゴリーの中から5つに登録し、それぞれのカテゴリーに登録されている男性を1人ずつ「いいかも!」「イマイチ・・・」の2択で選んでいき、男性が同じようにいいかも!を返してくれた見事マッチングとなって、メッセージのやり取りが開始となります。

タップル誕生

 

スマホ画面を右と左にフリックするだけなのでとても気軽に恋活出来てしまうアプリですが、気軽がゆえに真剣な出会いを探している方にとっては、少しゲーム感覚のように感じてしまうかもしれません。

真剣な出会いとまでは行かなくとも、同じ趣味の遊び仲間や近い年齢の友人を作りたい方には使いやすい恋活アプリかと思います。

⇒ タップル誕生で出会いを探す

 

ゼクシィ恋結び

ゼクシィ恋結びは、誰もが聞いたことのある結婚情報誌ゼクシィが提供する恋活アプリです。

検索条件や「いいね!」した男性から、アプリ自体がアナタの好きなタイプを学習して、好みにマッチした男性を紹介してくれます。

ゼクシィ恋結び

 

20代が70%以上、男女比が6:4とバランスも良く、リクルート社運営ということで安心安全に利用できるかと思います。

「ライバルが多くて自分のペースで恋活が出来ない!」

という方は、ゼクシィ恋結びで自分と合う男性との出会いを探してみると良いでしょう。

⇒ ゼクシィ恋結びで出会いを探す

 

恋活アプリで出会いを見つける時のポイント

では、最後に恋活アプリで出会いを見つける時のポイントをご紹介していきたいと思います。

恋活アプリで出会いを見つける場合でも、上手に出会いを見つけるためのポイントがありますので、参考にしてみて下さいね。

 

プロフィールを充実させる

恋活アプリに登録すると、まず最初に自身のプロフィール登録を行っていきます。

Facebookでログインするので簡単なプロフィールは引用されますが、年齢や出身地だけが掲載されているプロフィールでは、男性ユーザーから「いいね!」「いいかも!」してもらえる可能性は低くなってしまいます。

恋活アプリによって機能が異なりますが、Pairsのコミュニティ機能やタップル誕生のカテゴリー機能も上手に利用して、アナタと同じ趣味趣向を持つ男性会員との共通点を見つけるようにすると良いかと思います。

また、Omiaiやゼクシィ恋結びを利用する場合でも、「好きな料理やお酒」「趣味・好きなこと」といった項目がありますので、少し多めにアナタの好きなことを掲載するようにしておきましょう。

 

特に「共通点を探す」という点では、自己紹介文を充実させることが重要です。

その理由は、男性会員が「いいね!」「いいかも!」をしたくなるキッカケとなり、実際にマッチングしてメッセージをやり取りする際の会話ネタとなるからです。

 

「自宅と会社の往復だけなので出会いがなく、恋活アプリに登録しました。使い方が分かりませんが、よろしくお願いします!」

という紹介文と、

「○○(地域)で保育士をしています。カフェ巡りをや旅行が好きで、先月は沖縄に行ってきました!」

という紹介文を比較してみると、

アナタのプロフィールを見た男性は、「子供が好きなのかな?」「仲良くなったらカフェデートに誘ってみようかな」「沖縄に行ったことがあるから、メッセージのキッカケになる!」などと考えることが出来ますので、男性はアナタに興味を持ってくれるようになります。

 

もちろん身バレのリスクを考えてプロフィール情報を少なくする方もいらっしゃるかと思いますが、新しい出会いの一歩となるマッチングを目指すのであれば、表現を工夫しながらプロフィールを充実させると良いでしょう。

 

プロフィール画像の盛り過ぎに注意

恋活アプリとは言え、男女関わらず1番気になるのは外見、すなわちルックスですよね。

色んな男性から「いいね!」「いいかも!」してもらうためにも、可愛く見せたい!キレイに見せたい!という気持ちから、写真加工アプリで少し目を大きくしたり、色彩を調整したりして、より可愛く見える写真を登録する方がほとんどかと思います。

 

ただし、プロフィール画像の盛り過ぎは避けた方が良いかと思います。

確かに出会いのキッカケとなる「いいね!」「いいかも!」をもらうために画像の工夫は必要です。

しかし、実際に出会った時のことを考えると、そのギャップが大き過ぎた場合、いくらメッセージで良い印象だったとしてもマイナスギャップによって印象が下がってしまいます。

イケメンだと思っていた男性と実際に会ってみると、イメージと違ってガッカリしたというケースが少なくないように、その逆も然りという訳です。

 

恋活アプリでの出会いなのでプロフィール画像と実人物とのギャップは存在しますが、プラスからマイナスの落差が大きいほど悪い印象に変わってしまうのが人間の心理でしょうから、プロフィール画像の盛り過ぎには注意した方が良いかと思います。

 

また、プロフィール画像に食事会で他の男友達と一緒に写っている写真を設定したり、ペットなどアナタ自身が写っていない写真をメイン画像に設定したりすることも避けた方が良いでしょう。

アナタ自身が全く恋愛対象と思っていない男友達だとしても、恋活アプリは出会いを前提として利用されるサービスなので、本能的に競争を意識する男性心理において、異性を感じさせるプロフィール画像に好印象は持たないでしょう。

特に男性会員はサクラや業者を警戒している傾向にありますので、アナタ自身が写っていない写真は警戒の対象になってしまう可能性が高いかと思います。

 

複数の恋活アプリを利用する

真剣に出会いを求めるのであれば、複数の恋活アプリを利用した方が出会いの可能性は高まります。

その理由は、各恋活アプリによって登録している男性層が異なり、他の恋活アプリには登録していない男性会員と出会える可能性があるからです。

 

恋活アプリというサービスは、基本的に男性が有料会員となることで運営が成り立ちます。

恋活アプリを利用する男性有料会員は月に3,000~4,000円を支払っていますので、コストが重なるため、複数の恋活アプリで有料会員になろうとする男性は多くありません。

そのように考えると、必然と会員数が多い恋活アプリに男性が集まってしまいますが、逆の考えて見ると、比べて会員数の少ない恋活アプリには、お宝男子が登録している可能性もあると言えます。

 

女性は無料会員で十分にサービスを利用出来ますので、3~4つの恋活アプリに登録を行い、徐々に利用しやすい恋活アプリを絞っていった方が効率的かと思います。

 

恋活アプリの出会いも一つの大切な出会いである

恋活アプリは、アプリという特性上、合コンやお見合いパーティーなどに比べると気軽に恋活が出来るメリットがあります。

男性から「いいね!」「いいかも!」がありマッチングすれば、今まで出会ったことのない男性とメッセージのやり取りが始まり、言うなれば、恋愛の疑似体験を経験することが出来ます。

 

ですが、恋活アプリでの出会いも一つの大切な出会いであるはずです。

もし過去の実らなかった恋愛で「あの時こうしていれば良かった…」という後悔があるのであれば、恋活アプリでの出会いも大切にして、真摯な気持ちで男性と向き合うべきかと思います。

 

男性会員の中には、真剣な出会いを求めて恋活アプリを利用していない方もいるかもしれません。

しかし、真剣な出会いを求めて、アナタに「いいね!」「いいかも!」をしてくれる男性会員も存在します。

 

出会いがない今の状況を変えるだけではなく、アナタが幸せになれる恋愛を見つけるためにも、選択肢の一つとして恋活アプリでの新しい出会いを見つけてみてはいかがでしょうか。

⇒ みんながコッソリ使っている恋活アプリ【7選】

このページの先頭へ