社内恋愛の嫉妬やヤキモチから別れたい時の対処法【9つ】

社内恋愛の嫉妬やヤキモチと別れたい

社内恋愛においても、嫉妬やヤキモチという感情は付きものかと思います。

大好きな彼を社内で見掛けることが多い分だけ、些細なことでも嫉妬してしまうことも少なくありません。

「社内恋愛の嫉妬に耐えられないから、彼と別れたい」

「社内恋愛ヤキモチを焼いてしまう自分と別れたい」

などと、社内恋愛の嫉妬やヤキモチについて悩む方も多いのではないでしょうか。

今回は、社内恋愛の嫉妬やヤキモチから別れたい時の対処法をご紹介しますので、参考にして頂ければと思います。

Sponsored Links

社内恋愛で嫉妬やヤキモチと上手に付き合うコツ

社内恋愛の嫉妬やヤキモチと上手に付き合うコツ

社内恋愛においても、嫉妬やヤキモチは愛情の度合いを表す感情でもありますが、ポジティブに向き合っていかないと、2人の関係だけではなく仕事環境までにも悪影響を及ぼしかねないネガティブな感情でもあります。

特に社内恋愛では嫉妬やヤキモチをしてしまうシーンは多いので、嫉妬やヤキモチという感情と上手に付き合っていくことがポイントと言えるでしょう。

 

嫉妬やヤキモチは、他人と比較して自分の何かが劣っていると思うネガティブな感情です。

ですので、他人が影響して生まれた嫉妬心であるがゆえに、彼や嫉妬相手をコントロールして解決しようとしてしまう傾向にあるとされています。

 

恋愛において、嫉妬やヤキモチという感情を抱くのは自然なことですよね。

しかし、嫉妬の矛先を他人に向けてしまっては、彼だけではなく、社内の評判を落としてしまうことがありますので、注意が必要です。

 

「彼に嫉妬しない女になる!」という考えよりも、

「嫉妬と上手に付き合える女性になる!」

という考えで嫉妬やヤキモチと向き合っていくと、彼にとってもアナタにとってもポジティブな社内恋愛が出来るでしょう。

Sponsored Links

社内恋愛の嫉妬やヤキモチから別れたい時の対処法

社内恋愛の嫉妬やヤキモチから別れたいと考えるのであれば、何よりアナタの内面と向き合うことが重要です。

その理由は、社内恋愛で嫉妬やヤキモチをしてしまう原因の多くは、アナタが感じる不安や不満を解消したいという所にあるからです。

 

嫉妬という不安を解消したいがために嫉妬の対象に復讐を試みたり、被害妄想を感じて彼を責めてしまったりしてしまうものです。

しかし、嫉妬心の矛先を相手に向けている女性が魅力的とは言えませんよね。

 

では、社内恋愛の嫉妬やヤキモチから別れたい時の対処法を見ていきましょう!

 

嫉妬心を冷静に受け入れる

社内恋愛の嫉妬やヤキモチと別れたい時の対処法

社内恋愛の嫉妬やヤキモチに苦しむ方にまず共通しているのが、嫉妬をする自分を受け入れることができない、また、ヤキモチを焼いてしまう自分を許せていないということです。

「過去の恋愛ではこんなに嫉妬深くなかったのに…」と、自分を責めてしまっている方も多いのではないでしょうか。

まずは割り切って「社内恋愛に嫉妬は付きもの!」と自分の嫉妬心を認めて、受け入れることからはじめてみましょう。

 

そもそも嫉妬というのは、アナタが彼を大好きな証。

嫉妬=愛情のバロメーターであると思えるようになれば、嫉妬をする自分を受け入れることが出来るようになりますよ!

好きだからヤキモチを焼いてしまうのに、その嫉妬心に苦しんで「別れたい」と思ってしまっては本末転倒です。

嫉妬心に罪悪感を抱いて苦しむよりも、愛情のバロメーターとして受け入れ、ヤキモチと上手に付き合っていくことが大切なのです。

 

嫉妬する相手と比較しないようにする

社内恋愛において嫉妬やヤキモチは付きものですが、ここで注意をしたいのが嫉妬する相手への「妬み」の感情です。

彼に対する「嫉妬」、それは相手を失いたくないという感情で、愛情のバロメーターのようにも思えます。

しかし、嫉妬する相手に対する「妬み」の感情は、自分で自分自身の価値を見失ってしまう負の感情になってしまいます。

そして「妬み」は、人と自分を比較することから始まってしまいます。

 

社内恋愛の嫉妬やヤキモチと別れたい方が今すぐやめるべきことは、嫉妬する相手と自分を比較することです。

相手は相手、アナタにはアナタの魅力があることを忘れないでください。

そして、彼が惹かれた魅力を持っていたのはアナタです。

嫉妬心からくる妬みが原因で、その魅力を見失ってしまったら意味がありません。

彼に選ばれたのはアナタなのです。

自分自身の魅力に自信を持って、人と自分を比較することはやめるように心掛けましょう。

 

嫉妬する相手の情報を調べない

社内恋愛の嫉妬に悩んでいる方の多くは、彼が接するすべての女性にヤキモチを焼いてしまうという方よりも、「ある特定の相手に強い嫉妬心を抱いてしまう」方がほとんどなのではないでしょうか。

彼が同じ職場で、さらに部署やフロアも同じであれば、意識しなくても彼の姿が目に入ってしまいますよね。

その中で特に彼とよく接している女性がいれば気になってしまうのも当然です。

 

気になってしまうと、その女性のことを知りたくなってしまうと思いますが、嫉妬する相手に関する情報収集は基本的にタブーです。

どんな性格の人なのか、周囲から評判のいい人なのか、彼のことを好きなのではないか…。

しかし、相手の良いところを知ってしまえば、自分と比較して妬むことで自信をなくしてしまいます。

 

また、恋愛中は物事をネガティブに捉えて悪い妄想ばかりしてしまいがちです。

これは自分が傷つかないための予防線でもあるのですが、相手の情報を知ることで妄想材料が増えてしまい、ムダな不安や悩みを抱える原因にもなってしまうものです。

 

ストレスを発散して負の感情を和らげる

社内恋愛の嫉妬やヤキモチと別れたい時はストレスを発散する

嫉妬を受け入れ、「仕事中は彼のことをあまり気にしないようにしよう」と頭ではそう理解しているつもりでも、不意に目にしてしまった光景に嫉妬やヤキモチを焼いてしまうのは、社内恋愛をしている限り仕方がないことでもあります。

それを自分の中で無理に我慢しようとしてしまえばストレスとなり、自分でも気付かない内に溜まっていってしまいます。

溜め込みすぎて爆発してしまうと、本心ではないのに「別れたい」という感情に苦しむことにもなりかねません。

 

ストレスを感じたら、溜め込んでしまう前に発散させるようにしましょう。

ストレス解消のコツは「思いっきり」です。

カラオケに行って思いっきり歌うも良し、岩盤浴などで思いっきり汗を流すのもいいですね。

泣ける映画を見て思いっきり泣くのも意外とスッキリしますよ!

 

嫉妬した相手の悪口を言うなら社外の人にする

これは社内恋愛においての暗黙のルールでもありますが、嫉妬した相手の悪口を社内の人に言うのは絶対にNGです。

アナタと彼の関係をオープンにしているかどうかにもよりますが、「嫉妬」は他人からしてみると哀れで醜い感情に過ぎません。

「嫉妬した女が相手の評判を下げようと悪口を言いふらしている」と思われてしまうのです。

 

さらに悪口を言うことで社内の雰囲気が悪くなったり、仕事に悪影響が出てしまえば、最終的には自分自身を貶める結果になってしまいます。

誰かに思いっきり愚痴を言ってスッキリすることは、ストレスを溜め込まないためにも必要な場合もあります。

ですが、社外の人であることと、嫉妬した相手と全く面識のない人であることを前提に、信頼のできる人に聞いてもらうようにするのが1番ですよ。

 

自分が1番の彼女であると彼を信じる

自分が1番の彼女であると自信を持つこと

社内恋愛の嫉妬やヤキモチから彼氏と別れたいと考えてしまうのは、アナタが自信を失ってしまっている場合に起こり得るものです。

仕事面であったり、社内とは関係ないことであったとしても、嫉妬する相手との勝ち負けを考えてしまったことで、不要な劣等感を感じるようになります。

そして、失いかけた自信は不安という形で心の中に残り、その不安が嫉妬心を強くしていきます。

 

社内恋愛であれ、彼氏彼女がお互いを信頼出来なければ、恋愛は上手く行かないものでしょう。

アナタは彼の彼女であり、その事実が揺らぐことはありません。

大好きな彼を今一度信じて、アナタが1番の彼女だという自信を持っていきましょう。

 

「彼が私の元から離れていってしまうのではないか…」といった不安を考えるよりも、

「彼が私の元から離れて行かないように、もっと大事にしてくれる彼女になろう!」と考えることで、アナタは彼氏に優しくなり、彼氏はアナタを今まで以上に大事に想ってくれるようになるかと思います。

 

彼に嫉妬していることを正直に伝える

嫉妬してしまうことを、彼に素直に伝えてみることも大切なことでしょう。

「社内恋愛の嫉妬やヤキモチと別れたい」と一人で抱え込むよりも、恋愛においては二人で解決していくことも重要ですよね。

 

いくら好き同士で付き合ったカップルでも、相手の思うことを100%汲み取ることは難しいことです。

社内恋愛の嫉妬に悩んでいるのであれば、アナタのことを1番に考えてくれる彼氏を頼って、素直にアナタの気持ちを彼に伝えてみましょう。

彼氏の性格による部分もありますが、大好きな彼女が嫉妬していることを聞いて嬉しく思う男性は少なくありませんよ。

 

2人の時は素直に思いっきり甘える

社内恋愛の嫉妬を解決するには素直に甘えること

社内恋愛だと毎日彼氏の顔を見ることが出来ますが、恋人関係として甘えることは出来ませんよね。

また、彼氏の苦労を知っているからこそ素直に甘えられず、彼を気遣って遠慮してしまうこともあるでしょう。

「彼女の私でさえ我慢しているので、後輩のあの子は甘えちゃって…」などと、彼に甘えられないストレスが嫉妬心を駆り立ててしまいます。

 

2人で過ごすプライベートな時間は、素直にとことん甘えてしまいましょう。

「いつも会社で我慢しているから、今日は私のワガママに付き合ってよね!」

と可愛く甘える彼女を見て、罪悪感を感じた彼氏は優しく癒やしてくれるはずですよ。

 

もちろん甘え過ぎはNGですし、彼が忙しい時に無理なワガママを言うのもNGです。

彼とたくさんお話をして距離を縮まっていくことで、周りが羨む仲良しカップルを目指してみてはいかがでしょうか。

⇒ 長続きするカップルの秘訣!仲良しカップルの【13個の特徴】

 

自分磨きをして自信を持つ

社内恋愛だからこそ大きくなってしまう嫉妬心。

「嫉妬やヤキモチを焼いてしまうなら、彼と別れた方がいいのかな・・・。」

なんて思ってしまう事もありますよね。

 

ですが、マイナスな事ばかり考えていても何も変わりません。

ネガティブになっていると何事もマイナスに進んでいくばかりです。

せっかく大好きな彼と付き合えて、毎日会える社内恋愛。

別れたいなんて考えないで、嫉妬してしまった分だけ自分を磨いてみましょう。

 

頑張って自分を磨いた分だけ、嫉妬やヤキモチと上手に付き合える素敵な女性に移り変わっていきます。

社内恋愛を隠していた彼も、自慢の彼女を紹介したいとウズウズしてしまうはずですよ。

 

社内恋愛の嫉妬と別れたいのか、彼氏と別れたいのか

社内恋愛の嫉妬やヤキモチと上手に付き合うことが出来れば、彼との距離をグッと縮めるパワーにもなります。

どうしても社内の人に嫉妬をしてしまうのであれば、我慢した自分を褒めてあげることで、ストレスも溜まりにくくなるかと思います。

社内恋愛の嫉妬やストレスに疲れて、彼氏と別れたいと考える女性は多いでしょう。

「大好きな彼氏と別れる後悔」と「嫉妬してしまう自分を変えられなかった後悔」を想像してみて、一歩踏み出してみて下さいね。

Sponsored Links

このページの先頭へ