七五三はつけ毛でグッと可愛くなる!3歳でも使える【子供用ウィッグ】

七五三でオススメの子供用つけ毛(ウィッグ)

3歳の七五三は「髪置き(かみおき)」といって、昔では数え3歳(満2歳)まで剃っていた髪の毛を伸ばし始める儀式に由来し、子どもの成長を祈ってお祝いをしますよね。

公家では数え年で3歳(満2歳)、武家では満3歳の11月15日に行われていたようで、今でも数え年だったり、満年齢だったりと、地域や事情に合わせ、それぞれのタイミングで七五三のお祝いをします。

女の子の七五三で親が思うことは、みなさん同じことだと思います。

 

自分の娘を可愛くしたい!

 

娘の晴れ姿を可愛くしたいと思うのは、親心として当たり前ですね。

 

女の子の場合、可愛くするポイントはやはり髪型と髪飾りです。

3歳の女の子の場合、薄毛だったり、髪の長さが足りないなどで、イメージした髪型にならなかったり、髪飾りによっては付けるのが難しかったりするでしょう。

そんな場合は、子供用つけ毛(ウィッグ)を利用するとグッと可愛くなりますよ!

七五三でつけ毛を利用するメリット

女の子の七五三は、綺麗なお着物と可愛い髪型でオシャレをして、健やかな成長を祝う大切な1日です。

つけ毛を利用して可愛いお子さんと素敵な思い出を作りましょう!

 

ボリュームのある可愛い髪型にできる

重複ですが、3歳の女の子だと、薄毛だったり、髪が少なかったりとアレンジも難しいと思います。

トップやサイドにボリュームをつけるだけで、グッと可愛さがアップします。

普段できない可愛い髪型が作れる

3歳なら特にですが、幼い年齢でパーマをかけることはあまり無いと思います。

つけ毛を使えば、カールやウェーブタイプがあるので、しっかりイメチェンが出来ちゃいます!

色も黒だけではなく、細かく種類があるので、子供の髪色に合わせても良し、ちょっと変えるのも良しです!

 

ママが簡単にアレンジできる

子供用と言えど、大人用のつけ毛(ウィッグ)と変わりません。

巻くだけのものや、ピンで止めるだけのものなど、取り外しは非常に簡単です。

さらに、ヘアアイロンで巻いたりとアレンジできるので、自由自在に髪型を変えることが出来ます。

ヘアアイロンを子供に使うのは危ないですが、つけ毛なので、外してセット出来るのもメリットの1つですね。

Sponsored Links

 七五三以外でも利用できる

七五三でつけ毛を利用しても、ピアノやダンスの発表会、親族の結婚式など、つけ毛の活躍の場はたくさんあります。

3歳で利用したものを、7歳の時にアレンジして利用しても良いですしね。

手洗いOKのウィッグもあるので、色んなシーンで使い回しで出来そうです!

 

七五三にオススメのつけ毛(ウィッグ)

美容院でセットしてもらう方も多いと思いますが、子供用のウィッグを豊富に揃えている美容院は少ないです。

そんな方は、¥500~1,000程で買えてしまうので、買ったつけ毛とイメージ写真を持参して、美容師さんに相談してみると良いでしょう。

オススメのつけ毛(ウィッグ)を紹介していきますね。

くるくる丸めて付けるだけの簡単なつけ毛です。

サイドにボリュームを付けると非常に可愛いですね。

カットして両サイドに付ける、一層ボリュームのある髪型に出来ます。

コテを使う場合の説明も詳しく書いてますので、非常にありがたいですね。

トップにボリュームをつけるのも可愛いですね。

こちらは巻いてピンで止めるだけなので、非常に簡単です。

 

アレンジ次第で雰囲気も変わります。

 

2つ使うとこんなアレンジも出来てしまいます。

ふむふむ。色も4色と豊富で、ヘアアイロンOK、手洗いOKなので、七五三だけでなく色んな所で重宝しそうです。

もし、ウィッグを付けるのが難しいようであれば、コチラもオススメです。


つけ毛を上手に利用すれば、髪型にボリュームを付けることができますし、髪飾りを付けることも出来ます。

ママもオシャレをするなら、一緒にウィッグをつけても良いかもしれません。

七五三の主役はお子さんなので、あまり派手にならないようにですね…。

 

七五三はその年に1回しかない大事な行事です。

素敵な七五三をお過ごしください!

Sponsored Links

このページの先頭へ