彼氏が欲しいのに彼氏ができない理由と原因【12個】

彼氏が欲しいのに彼氏ができない理由と原因

「彼氏が欲しいのに彼氏が出来ない!」と、素敵な男性との新たな恋愛を求めているにも関わらず、なかなか彼氏が出来ないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

単純に新しい男性との出会いが無いことが原因で彼氏が出来ないということであれば、新しい出会いを求めて前向きに動いていけば良いのですが、もしかしたら彼氏が欲しいと願うアナタの中に彼氏が出来ない理由や原因があるかもしれません。

今回は、彼氏が出来ない理由や原因についてご紹介していきますので、未来の素敵な恋愛を手に入れるために参考にしてみて下さい。

 

彼氏が欲しいのに彼氏ができない理由と原因

「彼氏が欲しい!」を思っていても、なかなか正直に彼氏が欲しいと周囲にアピールをする女性は少ないでしょう。

下の図は、「彼氏なんて欲しくない!は本音か強がりか」に関する統計データです。

彼氏なんて欲しくないと強がる女性は64%

出典:http://howcollect.jp/

 

上の統計を見ると、本当は彼氏が欲しいと思っているのに、「彼氏なんて欲しくない!」と強がってしまう女性が64%もいるようです。

  • 周囲にはサバサバした男性っぽいキャラで接しているので、彼氏が欲しいとは言いづらい
  • 彼氏が欲しいのに、彼氏が出来ない奴と思われたくない
  • 彼氏がいる友人を見て羨ましいと思うのに、「今は仕事で精一杯だから」などと強がってしまう

出典:http://howcollect.jp/

といった声が挙がっており、自他共に「彼氏ができない女」と認めざるを得ない状況を避けたいと考えるのが女性心理というものなのでしょう。

「仕事や友人と遊ぶことで忙しいから彼氏なんていらない!」と思っていても、仕事で失敗したり、ふと一人ぼっちで寂しさを感じる時に「彼氏が欲しいな…」というのが本音だったりするものですよね。

 

彼氏が欲しいのに彼氏が出来ないと嘆いていても、新しい恋は訪れてはくれません。

やはり、新しい恋を手に入れるための準備と行動が必要になってきます。

 

彼氏が出来ない現状から抜け出すにも、これからご紹介する「彼氏が出来ない原因や理由」からヒントを探ってみて下さいね。

独身女性や結婚できない女性の特徴や性格についてはコチラの記事でご紹介していますので、併せてチェックしてみて下さい。

⇒ 一生独身女性のまま?独身女の特徴や性格【12個】

⇒ 結婚できない女の特徴と性格から見える共通点【11選】

 

理想と自己評価が高すぎる

彼氏ができない理由は理想と自己評価が高すぎること

彼氏ができない理由の一つとして、まずは自身の「理想の彼氏像」に対する条件に着目してみましょう。

そもそも、彼氏とは一言で言っても一人の人間。ショッピング感覚で品定めのようになっていないでしょうか。

 

彼氏が欲しいわけなので、条件をある程度定めて選ぶことも決して悪いことではありません。

ただ、彼氏が欲しいと思う女性が存在するように彼女が欲しいと考える男性も存在しています。

案外こういった基本的な事を見落としてしまうことも原因として考えられるでしょう。

 

お互いに人間ですから、恋愛という楽しく幸せであって欲しいものには理想を思い描くことは当然の事。

ただ、その「条件全てに当てはまる人」を軸にして探してしまえば、こだわりが原因となり彼氏ができないジレンマに陥ってしまうことも。

アナタの彼氏にしたい男性像と自分自身は見合うかどうか、改めて見直してみると良さそうです。

 

理想が高くなってしまうのは自己評価をいつの間にか高く見積もってしまっていることが理由かもしれません。

仮に理想の男性と出会った際に、「あなたの彼女にどうですか!」と胸を張って売り出せる自分自身でいられる状態かどうかというのは非常に重要な事です。

今の自分の横に並んでピッタリかどうかの判断を客観的にしていけることが理想と言えるでしょう。

 

素直になれない気が強いタイプ

恋愛での最もタブーとされるのは、素直ではない事と言っても過言ではありません。

出会いから彼氏が出来る過程や理由にはそれなりの要素ありきで実現できるものです。

彼氏が欲しいからとなんでもハイハイと応じているのも良くありませんが、時として相手に伝わるべきはずの気持ちが伝わらなければ、それは彼氏ができない原因の要素の1つ。

少しでも気になる男性が現れれば、そのままの自分の気持ちに素直になりましょう。

自分自身を誤魔化さずに表現が出来る人は魅力があります。

 

彼氏とは同じ時間を共有したり、離れてる時間にも安心感を与え合ったりなどの信用関係で成り立つ相手です。

素直になれない事が理由で彼氏ができないというのは非常にもったいないことなので、常日頃から感謝の気持ちなど積極的に伝えていくことが大切です。

素直にならないことは多くのチャンスを手放してしまう原因でもあります。

くれぐれも「その時の自分の気持ちに素直になる事」を忘れずに、大切にしていきましょう。

 

女性らしい清潔感がない

彼氏ができない理由は女性らしさが足りないこと

人との関わりで一番基本的な清潔感。これが欠けている事が理由で彼氏ができないのかもしれません。

彼氏が欲しいと思うのなら、まずは自分自身について今一度見直してみましょう。

 

清潔感はまず人とコミュニケーションをとる際に社会人として、基本的なミッションですよね。

清潔感が無ければ、彼氏ができないどころか人間関係も前向きなものに進みづらくなるものです。

男性を対象にした場合はなおのこと、女性らしさが欠けていることが原因で恋愛対象から外れてしまう可能性は高いと言えます。

あくまで「女性らしい」と感じさせるような清潔感である必要があるので、自分自身の細かい部分を気にかけてあげてみみて下さい。

肌や髪の毛、爪や服装など改善していける部分は改善していきましょう。

オシャレでなければならないというわけではなく、スッキリと女性らしい手入れがされている様子さえ伺えれば問題はありません。

 

そして見た目以上に女性らしい清潔感を感じさせるものは、匂いです。

匂いに関しては女性と男性での差を付けられる要素なので、彼氏が欲しい女性は一番気を使っても良い部分かもしれません。

⇒ おすすめのヘアフレグランス&ヘアミスト9選!モテる女のイイ香り!

⇒ 男性にモテる香水は?彼の脳裏にほのかに香るフレグランス7選

Sponsored Links

言葉遣いが下品である

男性のほとんどが女性の下品な言葉遣いには良い印象を持ちません。

手っ取り早く男性の恋愛対象から外れてしまう要素であり、これが原因で彼氏ができないとなれば早急に改めるべきです。

言葉遣いは外見の印象まで下げてしまうものなので、裏を返せば言葉遣い次第では素敵な女性と思ってもらえるという事ですよね。

 

彼氏が欲しいのであればどんなシーンでも言葉選びや言い回し、話すペースにも気を付けましょう。

下品と思われてしまう要素は言葉だけでなく、話すペースも重要です。

早口で話してしまう事が原因で下品に見えてしまうパターンにも注意しましょう。

 

彼氏にはありのままの自分でいたい!と思う気持ちもあるかもしれませんが、大人の女性としての常識を超えてしまうようなものだと男性も引いてしまいます。

言葉が汚くなる原因は余裕の無さや、気が抜けた瞬間などに多いものです。

ある程度人前では社会人としての余裕を持ち、自身の印象をさげてしまう理由にもなる言葉遣いは非常に気を付けるべきです。

 

育ちが良い箱入り娘

彼氏ができない原因は育ちが良い箱入り娘であること

彼氏ができない原因として、「育ちが良すぎる」ということも挙げられます。

もちろん、育ちが良いというのは素晴らしいことです。育ちが良い女性の場合、その多くはご両親からきちんとしたしつけを受けられていることが多いですよね。

 

しかし、そのしつけがとても厳しい場合、男性とのお付き合いにはネックになることがあります。

あるデータでは、箱入り娘とお付き合いした男性のうち、6割の男性が「付き合うことが面倒くさい」と回答しています。

その理由としては、「門限がある」「何をするにも親の許可がいる」など、スムーズな交際ができないということがネックになっていることが見られます。

 

もし、彼氏が欲しいのに「自分はいわゆる箱入り娘かも…」と思い当たる節があれば、ご両親にある程度理解してもらえるようお願いすることも必要ですよ。

ご両親だって、恋愛を経験して今があるのです。きちんと話せば、アナタの気持ちも理解してくれます。

また、箱入り娘との交際に対して「真面目で純粋なイメージがある」「好きになったら関係ない」という良い意見があるのも事実です。

自分は箱入り娘だから彼氏ができないと悩まず、自信を持って恋愛に臨みましょうね。

 

恋愛に対してネガティブで受け身である

ネガティブ思考も彼氏ができない大きな原因の1つと言えます。

自分に自信がなく、物事をすぐに悪い方向へ考えてしまうと顔も暗くなりがちです。

その暗い雰囲気は周りにも伝わり、男性は近寄りがたい子だなと感じてしまうのです。

 

また、自信の無さから恋愛に積極的になれず、ついつい受け身の恋愛になってしまうのも、彼氏ができない理由として考えられます。

とはいえ、誰にでもコンプレックスはありますし、「自分に自信を持って!」と言われても急に自信は持てませんよね。

 

しかし、自分に自信を持つことはそれほど難しくないんです。

メイクを変えたり、スカートを履くようにしたりと「少しずつでも可愛くなれる努力」をすることがポイント。

あともう少し頑張ってみようと、いつもより仕事や勉強を前向きに取り組んでみる。

意識してよく笑うようにする。

これらのことをちょっとやってみるだけでも、前よりも自分に自信が持てるようになりますよ。

 

ほんの少し自分を変えることを続けるだけで、数か月後にはその差は大きくなっています。

小さい努力を続けたことが自信になり、その気持ちは明るいオーラとなってアナタの周りに溢れることでしょう。

彼氏が欲しいのになかなかできないと感じたら、「どうせ私なんて・・・」とネガティブにとらえず、まず自分自身を少し変えてみようと前向きにとらえることも大切ですね。

 

一人の時間が好きで、束縛されることが嫌い

彼氏ができない理由は一人の時間を好み束縛を嫌がること

一人で過ごすことが大好きというのも彼氏ができない原因としてよく言われます。

また、このタイプは自分の時間が大切なゆえ、束縛されることが嫌いなケースも多いようです。

 

確かに、自分一人であれば、好きな物を食べ、好きな所へ行き、自分のペースで好きなように過ごすことができます。

しかし、この生活に慣れ過ぎてしまうと、このペースに他人を入れることにどうしても抵抗が出てきてしまうものです。

 

彼氏ができてしまうと、彼の好みにも合わせなければいけません。

今日はウチでゆっくりしたいと思っても、彼氏と約束があればそれが叶わないこともあります。

友達との予定も自分の都合だけでなく、彼氏の都合も気にかけなければならない時もあるでしょう。

このようなストレスが理由で、彼氏をつくることに迷いが出てしまうのです。

 

このようなタイプの方は、彼氏が欲しいと言いながらも、心のどこかで「彼氏がいなくてもいいかも・・・」なんて思っていませんか?

でも、それはまだ本当に心から好きな男性に出会えてないだけという可能性もあります。

心から好きだと思える男性と出会えたら、いつでもどこでも一緒にいたいと感じることだってあります。

そんな彼氏に出会うためにも、一人の世界にこもらずに、もう少し外の世界へ目を向けてみることも必要ですよ。

⇒ 出会いがない社会人女性が出会いのキッカケを作れる場所【24選】

Sponsored Links

完璧主義で男性が誘う隙が無い

何事もテキパキと完璧にこなしてしまう女性は、彼氏ができない可能性があるので気を付けなければなりません。

このようなタイプの女性は同性からは憧れられるものの、男性からは「隙が無い」という理由で恋愛の対象になりにくいと言えます。

 

男性はちょっと抜けていて、助けてあげたくなるようなタイプの女性を好む傾向があります。

その理由として、何でも自分で完璧にこなしてしまう女性が相手だと、自分の方ができなかったり、助けを全く求められなかったりした場合に、自尊心を傷つけられるキケンがあるからです。

 

また、隙がない女性には食事に誘う隙もありません。仮に声をかけれたとしても、断られるかもしれないと心配になります。

男性からすると、そんなリスクの高い女性より、隙があって声のかけやすい女性の方が安心してお付き合いがしやすいと感じるのです。

 

自分はきちんとしているだけなのに、このようなことが原因でチャンスを逃しているとすれば、ちょっともったいないですよね。

完璧主義の女性で彼氏が欲しいのであれば、やはりちょっと隙を見せることも必要です。

涼しい顔でクールさを装ってたのであれば、目が合った時に手を止めてほほ笑むだけでも隙は生まれます。

また、気になる彼がいるのであれば、自分でできることでも、あえて頼んでみるのも効果的です。

その際は大げさに喜んでお礼を言いましょう。

自尊心を満たしてくれたアナタに、彼は好感を持ってくれますよ。

 

過去の恋愛を引きずっている

彼氏が欲しいのに彼氏ができない理由は過去の恋愛を引きずっていること

彼氏が欲しいのに彼氏ができないという人に多い理由の一つが、過去の恋愛にこだわっていることです。

「初恋の片思いの相手が忘れられない」

「昔振られた元彼のことがまだ好きなの・・・」

など、失恋して数か月でも悲しい気持ちだと思いますが、何年も前の恋愛をずっと抱え込んだままというのは苦しいですよね。

 

過去の亡霊(恋愛)をいつまでも引きずっていると、新しい彼氏(男性)は近寄りにくい空気を感じ取り近寄って来ない悪循環を招いてしまいます。

過去の思い出は時間が経つにつれてアナタの中で美化され、例えヒドい別れ方をした元彼であっても、現実とはかけ離れた素晴らしい男性としてアナタの心の中に生き続けてしまうようになります。

美化された元彼と新しく出会った男性達を比較して「元彼ほど素晴らしい彼氏はいなかったわ」なんて浸っていては、目の前の彼氏候補を逃してしまいまかねません。

 

彼氏が欲しいのであれば過去の彼氏と比較しないで、目の前の男性を知ることから始めることをオススメします。

過去ではなく現在を生きていれば、元彼より素敵な彼氏に出会えるのもきっと遠い未来ではないでしょう。

 

特定の男性に対してのアプローチが苦手

男友達は多いけれどなかなか彼氏ができないという人は少なくないかと思います。

社交性の高さは、時に男友達は作れるのに彼氏ができない理由となります。

「明るくて多数の男性と仲良さそうに話している」「お酒を飲みに行くと朝まで飲み続けて付き合う」など付き合いのいい友人として扱ってくれますが、彼女にしたい女性としてはなかなか見てもらえません。

ましてやお酒に飲まれる姿を見せてしまっては、彼女候補から外れてしまうこともしばしば。

 

「誘いを断ったら嫌われるかもしれない・・・」と、社交性が高いのではなく嫌われるのが怖くて断れないという人は、八方美人と誤解されているのかもしれませんね。

もし意中の男性がいたとしても他の男性の誘いも同じように受けていたのでは、意中の男性に誤解され気持ちが伝わりません。

 

好きな人への態度と他の人への態度をハッキリとさせることを心がけてみましょう。

本当に彼氏が欲しいと思っているのか、誰に彼氏になって欲しいのか、それをよく考えた付き合い方をすると、彼氏ができない状態から抜け出すキッカケになるかもしれませんね。

 

自分の魅力に自信がない 

彼氏ができない原因は自分の魅力に自信がないこと

彼氏が欲しいけれど、「太っているから」「私、可愛くないし・・・」と色んな理由を付けて、「こんな私に彼氏なんてできないよ・・・」と思い込んでいるアナタは要注意です。

確かに女性は容姿について評価されることがよくあります。

それは否定できませんが、「容姿が良くないから彼氏ができない」のは必ずしも原因ではないからです。

 

体型に自信がないからウエストや足を隠す服、可愛い服は似合わないからと黒や地味な色の服で過ごしていたら、彼氏になったかもしれない人も本当は魅力的なアナタに気付かず通り過ぎてしまいかねません。

もし男友達のような立場で男性と接してるアナタはその態度も変えてみるといいでしょう。

女の子扱いしていない女性を彼女にしようと思う人はあまりいないと思いませんか。

 

ネガティブな思考や発言をすると、ますます男性との縁が遠のく原因になってしまいます。

「言霊」という言葉がありますが、発する言葉には魂が宿ると言われていて、発する言葉には本当になる力があると言われています。

自分に否定的な言葉ではなく、「私は髪が綺麗だな」「笑顔が可愛いよね」など、肯定的な言葉を自分に言ってあげましょう。

アナタが気付いていないだけでの魅力を味方に付けて、自信を持てる自分になれることが重要です。

 

彼氏が欲しい自分を受け入れていない

心の底では彼氏が欲しいと思っているのに、そんな自分の気持ちを否定していると、自分の気持ちが自分でわからない状態を作り出してしまいます。

男性が話しかけてきても必要以上に対応が冷たい、恋愛に興味がないフリで

「彼氏がいないのは欲しいと思っていないから彼氏を作らないの」

という、誰に対してしているのかわからない言い訳で自分を守ろうとする人も多いでしょう。

 

自分は「彼氏が欲しいの!」という気持ちを受け入れていないと、自然と男性に対して壁を作ってしまいます。

「私は恋愛する気ないわ。話すくらいは話すけどね。」なんて気持ちを男性は敏感に感じ取るのです。

見えない壁に阻まれて男性は近寄ることが出来ず、彼氏できない歴がひたすら更新されていくのは想像したくないですよね。

 

まず「恋愛したい」「彼氏が欲しい」と望むことだけはやめないで欲しいと思います。

アナタが望まないのに「ドラマのような突然の出会いと素敵な彼氏ができる」なんてことが実現されるほど、世の中甘くありません。

けれど、アナタが望むことを忘れず、それに向かって前向きに進んでいこうとする気持ちがあれば、彼氏ができることは夢ではないですし、きっと実現されると信じています。

Sponsored Links

オススメの関連記事

このページの先頭へ