女性からのデートの誘い方!好きな人をデートに誘う【12の作戦】

女性からのデートの誘い方

気になる男性や好きな人とデートしたいのに、女性からのデートの誘い方が分からず、なかなかアプローチが出来ないという方もいるのではないでしょうか。

「女性からデートに誘うなんて、恥ずかしい…」

「女性から上手にデートに誘う方法が分からない…」

などと、勇気や自信を持てずにモヤモヤしてしまうこともあるでしょう。

今回は、女性からのデートの誘い方に関するコツやポイントをご紹介しますので、参考にしてみて下さいね。

Sponsored Links

女性からのデートの誘い方:【下準備編】

女性からデートに誘う方法の下準備

女性からのデートの誘い方としても、好きな人がデートをOKしてくれるために下準備を整えることが重要です。

男性脳は論理的に考える傾向にあるとされており、女性からデートに誘われた時、デートに行く目的や理由を考えたり、デートを断る理由が無いかを考えたりすることがあります。

 

男性もアナタのことを気になっている段階であれば、ストレートなデートの誘い方をしてもOKをもらえるでしょうが、まだあまり親しくなかったり、お互いの事を知らなかったりする段階であれば、OKをもらえる可能性も低くなってしまい兼ねません。

まだ、気になる男性や好きな人との距離が遠いと感じる方は、下準備から距離を縮めていくと良いでしょう。

 

連絡先は予め交換しておく

「女性から連絡先を聞くなんて出来ない」「デートの誘い方を知る前に、連絡先の聞き方を知りたい」なんて思っていませんか?

せっかくデートの約束をしても、お互いの連絡先を知らなければ何かと不便ですよね。

 

「気になる男性に連絡先を聞けますか?」という質問に対し、「はい」と答えた女性は41.2%というアンケート結果があるように、多くの女性にとって自分から連絡先を聞くのはなかなか難しいようです。

半数以上の女性が男性に連絡先を聞けずにいるということになりますね。

 

アナタも好きな人に何も行動が出来ず、後悔したなんていう経験がありませんか?

心理学の世界では「やる後悔より、やらなかった後悔のほうが強い」と言われています。

 

連絡先を聞く時に男性に気持ちを重く取られるのが不安であるなら、みんなで交換する、仕事上(学校)の相談、質問等があるなどと、連絡先を交換するため方法はたくさんあるかと思います。

思い切って、携帯(スマホ)が見つからないから電話して欲しいという方法で連絡先を交換するのも良いでしょう。

受け身でいるだけでは、デートに進むまでも難しくなってしまいますよね。

 

彼の趣味や好みを知っておく

女性からデートに誘う為に、好きになった彼の趣味や好みを知っていれば、成功に繋がるデートの誘い方が出来そうですよ。

あるアンケートで「好みに合わせてくれる女性を好きだと思う」と答えた男性は約8割という結果になったそうです。

「無理に合わせる必要はないが、自分の好みを意識してくれるところが嬉しい」

「自分に合わせてくれるということは、自分の事を考えてくれているんだなと思う」

といった男性の意見が挙げられています。

 

「無理に合わせる必要はないが」とあることから、アナタの好みも尊重しつつ彼の好みに合わせるのが大事なようですね。

もしまだ彼の好みや趣味を知らなくても、彼の事なら何でも知りたいと思いますよね?

その感覚で彼の趣味や好きな事を調べてみると良いでしょう。

 

彼にどんどん質問しながら、しっかりリアクションをしてあげると好感を持ってくれるようになります。

「すごいね!」「それいいね!」「これはどうなのかな?」「もっと教えてほしいな」などと、アナタも興味がある事をアピールしましょう。

自分に共感や同調をしてくれる人に好感を持つ男性心理が働きますので、アナタといると楽しいという印象を与えることがポイントです。

 

お互いの共通点を見つけておく

女性から男性をデートに誘う時に悩むように、男性も女性のデート誘い方に苦労しているようです。

男性心理としては、好意を持った女性との共通点を探そうと必死になる傾向が強いとされています。

ということは、デートに誘いたい男性視点で考えてみると、すでに共通点があれば話は早いですよね。

食べたい物、行きたい所、趣味などデートに繋がる話題はたくさんありますので、共通点になりそうな話題をアナタから提供してあげると良いでしょう。

 

そうすれば、男性もアナタとの会話が弾み、もっと会話を広げたいと思うかもしれません。

意気投合するのも早くなり、デートの誘い方に悩む必要もなくなるでしょう。

 

人は何か一つでも共通点があると、その相手に興味が持つ傾向にあるものです。

初対面の人との出会いを成就させるお見合いパーティーでも、相手と自分の合わない点を見つけるより、些細な共通点、共感する点を探すことを薦めているとしています。

始めは興味を持つことが出来なかった彼の趣味でも、二人の共通点として話が盛り上がれば、きっとアナタも一緒に楽しめるようになるでしょう。そうすれば、デートもたくさん出来るようになりますね。

 

自然に会話が出来るまで仲良くなる

好きな男性と自然に会話が出来るくらい仲良くなれれば、デートの誘い方も成功率の高いものになるでしょう。

彼の趣味や共通点を見つけていたとしても、緊張して話せなければ意味がありません。

緊張してモジモジしている女性の姿は可愛いところでもありますが、やはりたくさん会話をしてお互いを知り、仲良くなっていきたいものですよね。

 

20~30代の独身男性に聞いたアンケートでは、「話上手な女性を魅力に感じる」と答えた男性が56.8%だったのに対し、 「聞き上手な女性の方が魅力的である」と答えた男性は43.2%だったそうです。

この結果を見ると、緊張して彼と話せずにいるのはもったいないですよね。

 

どうしても緊張して彼と上手に話せないと言うという場合は、無理に積極的にならなくても大丈夫です。

少しずつでも接点を作って、彼と自然に会話が出来るまで徐々に慣れていけば良いかと思います。

 

「緊張して上手くお話が出来なかったらどうしよう…。」

という不安もあるでしょうが、

「この話題だったら、彼は楽しく会話してくれるかな。」

などと、彼との会話にポジティブなイメージを持つことで、緊張を和らげることが出来ますよ。

Sponsored Links

女性からのデートの誘い方:【実践編】

女性からのデートの誘い方の実践編

女性からのデートの誘い方としては、冒頭でもお伝えした通り、下記の男性心理を踏まながらデートに誘うことがポイントです。

  • 男性はデートにおいても「目的」や「理由」を考える傾向にある
  • 男性は面倒な駆け引きを苦手とする場合がある

では、女性化のデートの誘い方の実践編について見ていきましょう。

 

LINEやメールで気軽に誘う

LINEやメールで気軽に誘う

 

女性からデートに誘う時にLINEやメールを利用した誘い方は、電話や直接会って誘うよりも難易度は低いのでオススメですが、男性に返事を考える時間を与えてしまうのも事実。

そこで、いかにNOと言わせない上手なデートの誘い方ができるかどうかが重要となってきます。

 

LINEやメールでのデートの誘い方はシンプルで気軽さが出るように心掛けましょう。

例えば、女性から「明日時間ある?ご飯行かない?」と誘われれば、男性は「突然どうしたんだろう?何で自分が誘われたんだろう?」と言葉の裏を読もうとすることで、自然にアナタを意識してくれるようになります。

ここで男性にどうしたの?と聞かれても軽く流すのがポイント。

 

逆に、「実は前から気になってて…1回ゆっくりお話がしたいからご飯でも行きませんか?」という誘い方では、好意がバレバレになってしまうため、相手にアナタへの好意がない限り、断られやすくなってしまいます。

あくまでLINEやメールは、デートに誘うための連絡手段として利用し、男性へのアピールはデート当日までとっておきましょう。

 

予定や候補日は具体的に提示する

女性からデートに誘う場合、男性を気遣って予定を合わせようとしてしまいがちですが、予定や候補日は具体的に提示した誘い方を心掛けましょう。

「私はいつでもいいからまた暇な日を教えて」など曖昧な誘い方をして1度話が流れてしまうと、なかなかデートにこぎつけません。

具体的に「来週の水曜日空いてる?」と聞けば、「水曜日は忙しいけど、金曜日ならOK」というように、彼からも具体的な返事をもらいやすくなります。

 

また、女性からのデートの誘う方のちょっとしたコツは忙しいフリをすることです。

ある程度予定が埋まっていることを伝えることで、男性は

「早く返事しないと予定が埋まるかも!?」

「このチャンスを逃したら次はないかも!?」

と闘争心を掻き立てられOKしてくれる確率も高まります。

 

また「どこでもいいから遊びに行こうよ」と彼任せにしてしまうと、予定を考えるのが面倒くさいなどと、デート自体が流されてしまいやすくなってしまいます。

予定や候補日を女性から提示することで、男性が気軽に誘いに乗れるようにするだけではなく、さりげなく主導権も握ってしまいましょう。

 

目的や理由を付けてデートに誘う

目的や理由を付けてデートに誘う

気軽な誘い方を心がけていても、何の理由もなく女性からデートに誘うのはやはり勇気がいりますよね。

そんな時は目的や口実を付けた誘い方をして、男性が深く考えなくても気軽にOKを出しやすいような誘い方でアプローチしてみましょう。

 

「気になるお店があるけど1人では入りにくいから一緒に行ってくれない?」という口実は定番ですが、1人で入りにくいという心細さを理由に女性から誘われると、思わず協力したくなってしまう男性は多いそうです。

また、「○○君、スマホにとっても詳しいよね?機種変更したいんだけど、どの機種を選べばいいのか分からないから付き合ってくれない?」など相手の特技を頼った誘い方も効果的です。

 

自分の得意分野を頼られれば、ついつい張り切ってしまうのが男性心理ではないでしょうか。

自然に男性を立て、聞き役に徹することできる女性は印象アップも間違いなしですよ。

 

男性の趣味に便乗してデートに誘う

女性からの上手なデートの誘い方は、さりげなく相手の趣味に便乗したデートにお誘いすることです。

相手の趣味や自分との共通点をあらかじめチェックして、自分もちゃんと付いていけて、男性が楽しいと思えるようなプランを用意しておきましょう。

彼が「行きたい!」と思えるようなデートにお誘いすることでデートの成功率はグンッとアップします。

 

また会話の流れを利用して自然なデートの誘い方をしたいなら、彼に趣味や好きな食べ物を尋ねて、それに関連したオススメスポットや行きつけのお店などを聞いてみるのもいいですね。

彼が具体的な場所を口にしたら、「行ってみたい!連れてって!」と言うだけで気軽にデートに誘うことができます。

彼のお気に入りの場所であれば断る理由も見当たらないため、OKもしてもらいやすくなります。

あとは具体的な日程を提案してデートの約束にしてしまいましょう。

 

デートの誘い方で駆け引きはやり過ぎない

デートの誘い方で駆け引きはやり過ぎない

女性から仕掛ける恋の駆け引きは、恋愛を盛り上げるためのスパイスではありますが、デートの誘い方においてはやり過ぎない方が無難です。

好きな人をデートに誘う前の段階で、押して引いてとのんびりと駆け引きをしているうちに、ライバルに先を越されてしまうかもしれません。

 

また、誘うより誘われたい…と、相手からの誘いを誘導するような駆け引きを多用した誘い方もNG!

「今週末暇だな~誰と遊ぼうかな~」

「この映画見たかったんだー。早くしないと終わっちゃうなー」

など、いかにも誘わせようとしているという下心が伝わってしまっては男性の気持ちも冷めてしまいます。

相手が今アナタに好意を持っているわけでないであれば、ここでいくらアピールしたところで効果は見込めません。

 

しかし、「誘われる気配がない=誘っても断られる」というわけではありません。

なんだかんだ言って、女性からの素直な誘い方や真っすぐなアピールに弱いのが男性というものでしょう。

駆け引きをプラスしたいのであれば、いつもよりも素直になってドキドキさせる!などポジテイブな仕掛けを試してみてはいかがでしょうか。

 

彼が忙しい時に誘うのはNG

女性からデートに誘う際には、「行動は早めに」が鉄則ではありますが、彼が忙しければどんな上手な誘い方を心得ていても断られてしまう確率は高いですよね。

デートは誘い方も大切ですが、誘うタイミングも重要なのです。

もちろん、仕事の繁忙期や資格試験が近いなど、忙しいと分かっている時期にわざわざデートに誘う女性は少ないと思います。

 

しかし、彼が「今」忙しいかどうかを気にした誘い方はできていますか?

仕事中や友達と遊んでいる最中であれば、せっかく勇気を出して誘っても「今忙しいからまた連絡するね」と言われてしまう可能性が高いですよね。

1度話が流れてしまっては、その後自分から誘いにくくなってしまいます。

 

電話やLINE・メールなどでお誘いする時には、「今時間ある?」「家にいる?」などと、彼が今忙しいかどうかの確認を取ってからの方が返事もすぐに受け取りやすいので、デートの約束に繋がりやすいですよ。

 

「~して欲しい」とおねだりしてデートに誘う

おねだりしてデートに誘う

女性から頼られると、面倒くさいと言いながらもついつい張り切ってしまうのが男性というもの。

デートの誘い方に悩んでいるのであれば、今回はそんな男性の「~して欲しい」と、男性を立てた女性らしい誘い方をすることで、男性をその気にさせてしまいましょう。

頼まれた立場で行くデートであれば、面倒くさがりの男性や、普段は奥手の男性でも、軽い気持ちでOKを出しやすいそうです。

 

しかし、おねだりをする際に1つ気を付けておきたいのが、「奢らせようとしている」「足に使おうとしている」など、下心にみえるような誘い方にならないようにすることが大切です。

たとえ女性から誘われたデートであっても、「初めてのデート費は男性が払うもの」と心得ている男性も少なくありません。

誘い方を間違えてしまうと、下心がなくても下心があると勘違いされてしまいます。

 

「~に行きたいけど1人じゃ寂しいから一緒に来てほしい」など、一言プラスした女性らしい可愛いおねだりを上手に使った誘い方ができれば、デートの成功率をグンとアップさせることができるはずです。

おねだりをして連れて行ってもらったデートでは、感謝の気持ちを伝えることも忘れないでくださいね。

 

デートであることをさりげなくアピールする

男性は、女性から露骨に「デート」という言葉を使った誘い方を受けると、緊張や責任を感じて気軽にOKをしにくくなってしまいます。

かといって、友達としか思っていない女性に普通に誘われただけでは、デートとは気付かず、友達の感覚で遊んで終わってしまうかもしれません。

 

彼とお付き合いしたいと望んでいるのであれば、友達ではなく女性として意識してもらうことも大切です。

例えば、「映画のチケットが2枚あるから行かない?」と理由を付けた誘い方をするのであっても、「○○君と一緒に行けたら嬉しいな」という一言をプラスすることで、誰でもいいわけじゃないということを伝えることができます。

 

誘う段階で伝えるのが難しければ、約束をした後でもOK。

「○○君と2人で会うのは初めてだから楽しみ」

「自分から誘ったのは初めてだから緊張した…」

など、彼が特別な相手である、これがデートである、ということをさりげなくアピールしましょう。

女性からの好意を不快に思う男性はほとんどいないでしょう。

彼に「デート」として意識をしてもらうことで、「暇だから行くか」と承諾した約束が「アナタのことが気になるから行こう」というように、デートに臨む気持ち自体も変えることができるかもしれませんよ!

 

女性からのデートの誘い方が成功したら

女性からのデートの誘い方が成功したら、彼とのデートを楽しみながらアプローチしていきたいところ。

男性がまたデートしたいと感じるポイントや、男性がデート中に送る脈ありサインはコチラの記事でご紹介していますので、併せて参考にしてみて下さいね。

⇒ 男性が会いたくなる女性!また会いたいと思う女の特徴【9つ】

⇒ 本命彼女かデートで見分ける!本気の男性が取る【10の態度】

 

アナタの一歩踏み出した勇気が、彼との楽しいデートに結び付くことを心から祈っています!

Sponsored Links

このページの先頭へ