上司や部下とのコミュニケーションを改善するには「おやつ」?

上司や部下とのコミュニケーションを改善するおやつ

職場において、上司や部下とのコミュニケーションに悩む方も多いのではないでしょうか。

「飲みニケーション」なんて言葉もありますが、お酒や飲み会の雰囲気が苦手な方にとっては、上司や部下など職場の人と飲みに行くのも一苦労ですね。

とある統計では、部下と飲みに行きたくない上司が49%、上司と飲みに行きたくない部下は75%と、上司と部下の間でコミュニケーションを取る機会は減りつつあります。

しかし、上司と部下の7割以上が認めるコミュニケーションツールがあります。

今回は、上司と部下の関係を改善するコミュニケーションツールを紹介したいと思います。

上司や部下とのコミュニケーションを改善するツールとは?

上司や部下など職場の人とのコミュニケーションを改善するツールは、ズバリ「おやつ」です。

近年では会社でおやつを食べる方も多いでしょうから、職場でおやつを食べている人も多く見かけますよね。

職場でのおやつと言えば、個人的な息抜きとしてお菓子を食べる人が多いでしょう。

こちらの統計をご覧下さい。

上司や部下とのコミュニケーションにおやつはありか

出典:http://www.esspride.com/

上司の82.7%、部下の72.3%がお菓子をコミュニケーションツールとして使うことは良いと考えています。

特に女性の場合はお菓子を好む方も多いでしょうから、気軽に雰囲気を和ませてくれるツールだと思います。

 

では、どのような「おやつ」が良いのでしょうか。

いくら上司や部下が良いコミュニケーションツールと思っていても、有難迷惑になっては意味がありませんからね。

どのようなおやつが喜ばれるか紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

上司や部下とのコミュニケーションを改善するおやつ

アナタなら、どのような時に「おやつ」を食べたくなりますか?

3時のおやつであったり、残業用のおやつもあるでしょう。

では、他の人はどのような時におやつを食べているのでしょうか。統計を見てみましょう。

おやつをどんな時に食べたいか

出典:http://www.esspride.com/

気分転換のためにおやつを食べている方が多いようですが、「疲れを取るため」、「脳に栄養補給をするため」、「口さみしさをまぎらわすため」などの理由もあります。

ふむふむ。ということは、それらに当てはまるおやつを渡せば喜ばれるということですね。

 

お疲れ上司にはチョコレートを渡すべし

お疲れ上司にはチョコレート

役職者である上司は考える仕事が多いため、集中力や思考力を高めるチョコレートをオススメします。

また、チョコレートにはブドウ糖も含まれているため、疲れた脳の栄養補給に良いです。

ダイエットを気にしている上司であれば、気遣いをアピールするにもビターチョコレートが良いでしょう。

 

食いしん坊部下にはスナック菓子を渡すべし

部下は上司の代わりに、手や足を動かし働いています。

動けば小腹も空くでしょうし、特に体育会系男子の場合だと、チョコレートやアメなどでは物足りないという方もいるでしょう。

そんな食いしん坊部下にはスナック菓子がオススメです。

 

ポテトチップスなどボリボリと食べる訳には行きませんから、小分けされているお菓子が良いです。

そこでオススメしたいのは、ハッピーターン歌舞伎揚」です。

魔法の粉と言われるハッピーパウダーが付いたハッピーターン好きな人も多く、甘しょっぱい醤油味の歌舞伎揚は空腹感を満たしてくれますよ。

デスクの引き出しに、こっそり入れている人も多いのではないでしょうか。

 

乾燥シーズンにはアメを渡すべし

秋や冬など乾燥するシーズンになると、せきが出たり、喉が不調な上司や部下もいるでしょう。

常にアメを携帯する訳には行きませんから、アナタのデスクにアメ缶を置いておくと良いです。

ふとアメを食べたいと思った上司や部下は、アナタの元に近寄ってきます。

自ら話しかけるのが苦手でも、相手から話しかけてくれるので、とても気軽にコミュニケーションが取れますよ。


おやつは上司も部下も喜ぶコミュニケーションツールですが、渡す相手やタイミングを考えてコミュニケーションを取るようにしましょう。

甘いもの嫌いな上司にチョコレートは嫌がられるかもしれませんし、昼食をモリモリ食べる部下はお菓子を食べない派かもしれませんからね。

渡す側も相手がどのような人か考えるようになるので、もらった相手もアナタを考えるようになり、お互いのコミュニケーションが改善されていくのでしょう。

何かお願い事をする時におやつを渡すと「あざとい」と思われてしまいますので、タイミングには気を付けたいところですね。

Sponsored Links

このページの先頭へ