クリスマスをひとりで過ごす【メリット4つ】と【心構え5つ】。

クリスマスをひとりで過ごす【メリット4つ】と【心構え5つ】

クリスマスをひとりで過ごす皆様へ。

寂しい。うらやましい。ワイワイ楽しみたい。イチャイチャしたい。 そんな気持ちをお持ちでしょうか。

寂しい気持ちとリア充への嫉妬心が生まれてしまうのは自然な理です…、 が、ひとりでクリスマスを過ごすからこそのメリットがあるかと思います。

否! メリットが必ずあります!

クリスマスをひとりで過ごすメリットと心構えを紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

クリスマスをひとりで過ごすメリット4つ。

まずは、クリスマスをひとりで過ごすメリットについてご紹介していきたいと思います。

 

【メリット.1】 とりあえず、金銭面でオトク。

カップルがイベントを過ごすには何かとお金がかかるもの。
思わぬところで浪費をしてしまうものです。

男女共通であれば、プレゼント代が何よりの支出となるでしょう。
統計によるとクリスマスプレゼントの平均予算は2万2902円。(日本経済新聞社より)

男性であれば、さらに食事代で¥30,000~¥50,000、外泊するなら¥40,000~¥50,000で、
約¥100,000の支出が発生します。

女性であれば、美容院、ネイルサロン代でそれぞれ¥10,000~¥20,000程かかるかと想定され、
安く抑えても約5万円の支出が発生するでしょう。

5~10万円の支出がなく、周りの人より「10万円トクした!」ことになりますので、クリスマスに宝くじ3等が当たったメリットを実感することが出来ます。

 

【メリット.2】 とりあえず、人混みや長蛇の列にイライラしない。

クリスマスは冬最大のイベント。街には多くの人で溢れ、レジャースポットに行けば家族連れなどで人混みが出来ており、ランチやお茶をしようとしても長蛇の列ができていることが多いです。

さらに追い打ちをかけるように、人混みや長蛇の列にイライラしている彼氏や彼女を見て、またあなたがイライラします。まさに、イライラの負のスパイラルです。

いつもは混んでて入れないラーメン屋や定食屋などに駆け込む絶好のチャンスですね。

 

【メリット.3】 とりあえず、めんどくさくない。自由。ストレスフリー。

いくら好きな彼氏彼女でも、人のために何かをするというのは、それなりに体力・気力が必要です。

デートプランやプレゼントにひたすら悩み、せっかくもらったプレゼントでも心の底から喜べず、造り笑顔で「ありがとう❤」と言うこともあるでしょう。

家デートであっても、女性であれば、ここぞとばかり気合の入った手料理を彼氏に振る舞うこともあるでしょう。重たい食材を予め買っておき、苦手な料理を一生懸命作るのは非常に大変です。 

ひとりなら家でスウェットを着て、ゴロゴロとポテチを食べながら、好きな映画を見ることが出来ます。

これ、すなわち、至福の時。

 

【メリット.4】 とりあえず、自欲に没頭できる。

日々ゆったりと過ごす時間のない人にとっては、心身を休めるのに有効な時間です。
アロマキャンドルに火をつけ、ゆっくりと読書してもよし。

ホールケーキを独り占めしても良し。
恥ずかしい気持ちを全て捨てて、チキンにかぶりつくも良し。

あなたがしたいことをして、自由でストレスフリーな時間を過ごしましょう。

Sponsored Links

2. クリスマスをひとりで過ごす心構え5つ。

続いて、クリスマスをひとりで過ごすにあたっての心構えについて、ご紹介していきたいと思います。

 

【心構え.1】 「寂しい」「うらやましい」という感情を受け入れる。

ひとりぼっちでクリスマスを過ごすにあたり、「寂しい」「うらやましい」といった感情を抱くのは、普通のことだと思います。

大事なのは、そんな感情を抱くことが普通であり、そんな自分を受け入れることです。

 

【心構え.2】 自虐的にならない。

クリスマスを一緒に過ごすパートナーがいないからと言って、自虐的になる必要はありません。

クリスマスをパートナーと一緒に過ごす予定がない人は約6.5割との統計がありますので、パートナーと一緒にクリスマスを過ごす人達は少数派に過ぎないのです。

自分と同じような感情を抱き、同じように過ごしている味方が、全国にたくさんいます。

 

【心構え.3】 負け惜しみをたくさん言う。

クリスマスを友人達と過ごす方もいるでしょう。そんな方は友人達とカップル叩きを存分に楽しみましょう。

自分に素直になることが重要であり、友人達と語らうことでスッキリした気持ちになり、また一つ成長した自分に出会えます。

 

【心構え.4】 翌日まで気持ちを引きずらない。

クリスマスの翌日が仕事であれば、日常の業務生活があります。

カップルで過ごした同僚もいるでしょうが、カップルでクリスマスを過ごした人達は、クリスマスの特別な時間を過ごしたことにより、仕事に集中が出来ていないでしょう。

まさに、千載一遇。クリスマスをいつも通り過ごしたあなたは、バリバリ仕事が出来るはず。

ここぞとばかりに、デキル自分を上司や同僚に見せつけてやりましょう。

 

【心構え.5】 来年こそは!と目標を掲げる。

やはり、クリスマスは彼氏彼女とロマンティックな時間を過ごしたいという方もいるでしょう。

「来年こそは!」と目標を掲げ、前向きな気持ちを持つことで、あなたはまた一つ魅力的な人間へと輝いていきます。

そんな前向きなあなたを、陰から応援してくれて、特別な感情を抱いてくれるかもしれません。

重要なのは、前向きな気持ちで自分にプラスとなる行動をすることです。


何事にもメリット、デメリットがあるのは自然なことで、クリスマスを彼氏彼女と過ごさないことは、何一つ悪いことであったり、後ろめたいものではないと思います。

現在、彼氏彼女がいないのであれば、その現実と感情を素直に受け入れ、今を楽しみ、前向きな気持ちを持って、動いていくことが重要ではないでしょうか。

ふむふむ。何事も第三者的な観点を持って見ると、色んな発見や気付きがありますね。

Sponsored Links

このページの先頭へ