片思いの告白の仕方【9つ】女の告白にテクニックは必要ない!

片思いの告白の仕方

100%成功する告白の仕方があれば、誰もが片思いの彼と結ばれることになりますよね。

すなわち、絶対成功する告白の仕方は存在しません。

ですが、片思いの彼からOKをもらう可能性を上げる告白の仕方があるでしょう。

それは、上目遣いなど可愛いテクニックを使えば、成功率が上がる訳ではありません。

今回は、片思いの告白の仕方についてご紹介します。

Sponsored Links

片思いの告白の仕方に女のテクニックは不要

片思いであっても、男性から告白をして欲しいと思う女性は多いかと思います。

一般的に男性から告白するイメージが強いものですが、片思いの男性に女性自ら告白する人は、どれくらいいるのでしょうか。

片思いの彼に自ら告白するか

出典:http://matchalarm.com/

統計データを見ると、20代では自ら告白しない派が半数以上であり、30代になると自ら告白する派が半数以上のようです。

合計平均としては、告白する派が46.5%、告白しない派が53.5%という結果となりました。

わずかながらですが自ら告白しない派の方が多く、男性から告白して欲しいというのが女心のようですね。

 

では、それぞれの意見を見ていきましょう。

▼ 片思いの彼に自ら告白する派の意見

  • 後悔したくないから
  • 他の女性に奪われたくないから
  • チャンスを逃したくないから
  • 結果が早いから
  • 時間を大切にしたいから
  • 自分の素直な気持ちを伝えたいから
  • 自ら行動しないと何も変わらないから

▼ 片思いの彼に自ら告白しない派の意見

  • プライドが高いから
  • 彼から告白してもらえるように仕向けるから
  • 追われる恋愛の方が幸せだと思うから
  • 彼から告白してもらった方が大切にしてもらえそうだから
  • 自信がないから
  • 傷つきたくないから
  • 振られるのが怖いから
  • 恥ずかしいから
  • 過去に振られた経験があるから

告白する派の意見を見ると、恋愛に関して前向きな理由ばかりですね。

一方、告白しない派の意見に注目すると、ポジティブな意見とネガティブな意見に分かれています。

 

ポジティブな意見としては、彼が脈ありと考えている、両思いである自信や確信があるから、自ら告白しないのでしょう。

しかし、ネガティブな意見としては、自分を傷つけたくない、自分を守ってあげたい気持ちがあるため、告白という行動に移せないようです。

つまりは、完全に片思いであると考える場合に、ネガティブな発想から告白が出来ないのかと思います。

 

そもそも、片思いであれ、好きな男性に告白をするのは、彼と付き合いたいという目標があるからでしょう。

彼と手を繋いで歩きたい。

彼とロマンチックなデートがしたい。

彼にキスされたい。

などと、妄想のような憧れの気持ちが膨らみ、彼と付き合ってイチャイチャしたいという感情を加速させていきます。

その気持ちが盛り上がっていくにつれ「今が告白のタイミングだ!」と思い、告白してしまうケースがあるでしょう。

その告白のタイミングは、自身が感じただけのものであり、成功率を上げる告白のタイミングではありません。

 

容姿やスタイルが良い女性の方が、告白の仕方に関係なく、彼からOKをもらえる可能性は高くなるという研究結果があります。

しかし、片思いの彼の気持ちが盛り上がっていないのであれば、いくら外見が可愛くスタイルの良い女性であっても、告白を成功させる可能性を下げることに変わりはありません。

 

現在彼からの脈ありサインが無く、片思いの可能性が大いに高いと感じるのであれば、成功する告白のタイミングではありません。

いくら小手先のテクニックを使った告白の仕方でも、告白が成功する可能性は低いかと思います。

 

テクニックは、告白の仕方に使うものでは無いでしょう。

テクニックは、片思いの彼を振り向かせたり、告白や交際に発展させるキッカケを作ったりするために使うものと考えます。

 

青春の思い出にしたいから、自分の気持ちを伝えたいからと、主観的な考えで告白をすることが悪いこととは思いません。

ですが、片思いの彼と両思いになって付き合いたいと思うのであれば、わざわざ負け戦に挑むのは間違いではないでしょうか。

 

告白のタイミングを見極めるだけで、彼からOKをもらえる可能性はグンッっとUPするものですよ。

それは統計としても表れています。

交際したいと思うタイミング

出典:http://www.excite.co.jp/

男性の60%が、もっと一緒にいたいなと思ったタイミングで交際したいと考えるようですね。

「この子といると、胸がドキドキするな…。」

「この子といると、癒されるな~」

「この子のことをもっと知りたい!」

など理由は様々でしょうが、いずれにせよ彼の好意の気持ちを高めることがポイントであるでしょう。

 

彼が脈ありかどうかと、彼を振り向かせるテクニックについてはコチラの記事で紹介していますので、告白を成功させるためにも読んでみて下さいね。

⇒ 好きな男を落とす!片思いの男性を振り向かせる【10の方法】

⇒ 男性の脈ありLINE!好意が分かる【13個の好きサイン】

Sponsored Links

成功率を上げる片思いの告白の仕方

成功率を上げる告白の仕方

片思いの告白の仕方として、タイミングを見極めることが1番重要であるとお伝えしました。

ですが、それは告白の成功率を上げる一要素に過ぎず、色々な要素が重なって告白の成功率は上がっていくものでしょう。

成功率を上げる片思いの告白の仕方をご紹介しますので、告白のタイミングが訪れた時に実践してみて下さいね。

 

出会ってから3ヶ月以内か13ヶ月以上経ってから告白する

男女が出会ってからどれくらいの期間で告白成功率が高いかという、調査結果があります。

ある調査では学生を対象に告白の経験や、告白までに費やした時間についてアンケートを取りました。

結果は出会ってから3か月以内に告白をして成功したのが約41%、4~12ヶ月以内だと約11%、13ヶ月以上になると約35%の成功率というものでした。

このデータから考えると、出会ってから3か月以内に告白するのが恋愛に発展する確率が高いようです。

出典:http://ofee.tank.jp/

最も告白の成功率が高かったのが3ヶ月以内で、次いで13ヶ月以上となっています。

まだ出会って間もなく、片思いの彼との距離感を縮まるチャンスがあるのであれば、3ヶ月以内に勝負すると告白が成功する可能性が高いようです。

 

注目すべきは、4~12ヶ月で約11%と、圧倒的に告白の成功率が低いことです。

男性としては恋愛感情が冷めてしまい、女性は他の異性の魅力に気づき始めたり、恋心が移ってしまったりする期間であるということでしょう。

 

彼と出会って間もない場合であれば、3ヶ月以内に勝負するのもアリ。

出会って少し時が経ったのであれば、少し先ですが13ヶ月以上待って、告白のタイミングを待つと良いでしょう。

片思いの彼との心の距離感は忘れないで下さいね。

 

2人きりで遊ぶようにする

もちろんのことですが、2人きりで遊んだり、デートしたりすることが出来ない状況であれば、告白が成功する可能性は明らかに低いでしょう。

また、普段何気なく会話ができ、相談し合える仲の良い関係であっても、2人きりでデートしたことが無いのであれば、告白をするタイミングではありません。

 

先程ご紹介した統計の通り、片思いの彼に「もっと一緒にいたいな」と思ってもらうことが重要ですので、恋愛や交際を意識してもらう必要がありますよね。

デートに誘うのが恥ずかしくて難しい場合は、何か理由をつけて誘い出すと良いでしょう。

「今後●●ちゃんのお祝いをしたいんだけど、一緒にプレゼントを選んで欲しいな。」

「●●君って、スイーツが好きって言ってたよね!?駅前に美味しいお店があるから行かない?」

など、理由はどのようなものでも構いません。

 

彼の警戒心がまだ残っているようであれば、共通の友人も一緒に行く予定として、用事が出来たと2人きりにしてもらいましょう。

 

告白するなら3回目のデートを目安に

2人きりでデートする機会が増えて、より仲良くなれた場合でも、彼から告白してくる事が無いのであれば、3回目のデートを目安に告白すると良いとされています。

コチラの統計を見ても、約半数の男性が3回目のデートで告白されたいと回答しています。

片思いの彼に告白するなら3回目のデート

出典:http://koigaku.machicon.jp

注目すべきは、4~5回目のデートで告白となると10%を切っていることです。

片思いの彼に告白するのであれば、恥ずかしいからといって先延ばしはせず、3回目のデートまでを目安に告白すると成功率が上がるかと思います。

 

直接 >電話 >LINE・メール

告白の成功率を考えた場合、片思いの彼と直接会って告白する方が良いでしょう。

有名なメラビアンの法則がありますが、見た目の印象が重要だから直接会って告白した方が良いというものではありません。

▼メラビアンの法則とは

感情や態度と矛盾したメッセージを受け取ると、人は、見た目55%、口調38%、言葉7%の割合で重視するという心理学者のアルバート・メラビアンによる主張。

 

この法則を告白の仕方に置き換えると、好きでもないのに「好き!」と告白する場合、表情や声のトーンなどを観察して「本当は好きと思ってないくせに」と感じるということです。

「カワイイね!」と男性に言われて、「コイツ、嘘っぽいな…。」と感じた経験もあるかと思います。

 

告白の仕方として直接会って告白した方が良い理由は、アナタの本気度が伝わるからです。

LINEやメールで告白した場合であれば、本気度が低い印象もありますし、彼に考えさせる時間を与えることにもあります。

電話で告白した場合でも声のトーンで本気度が伝わることもありますが、アナタが彼の表情を見ることが出来ないので、彼の本気度が伺えません。

 

直接会って告白したのならば、彼からすぐに返事をもらえる可能性も高まりますし、告白が成功した場合にはお互い笑顔で帰ることが出来るなど、メリットがたくさんあります。

アナタが頬を赤くしながら、恥ずかしそうに告白することも、告白の成功率を上げるのに重要なことですよ。

 

告白は遅い時間にする

告白する時間帯としては、夜の遅い時間が良いとされています。

告白時間に関する研究は日本でも行われており、北星学園大学が高校生、大学生の男女を対象に行なった研究を見ると、告白成功者の半数が18~23時に告白しており、告白失敗者の約45%が12~17時に告白しているという結果が出ています。

 

告白時間として夜が最適とされている理由は2つあります。

理由の1つは、夜になると副交感神経が働き、安心感を得るとされているからです。

副交感神経が働くとリラックスした安心感を得るようになり、親近感をアップさせるので告白の成功率を高めるとされています。

 

もう1つの理由は、薄暗さが警戒心を緩めるとされているからです。

アメリカの心理学者が行った研究結果があります。

アメリカの心理学者ガーゲンは、暗闇の中での対人関係の親密度はどのように変わるのかという実験を行いました。

お互い誰だか分からない男女のグループを2組作り、一方のグループを明るい部屋に、もう一方のグループを暗い部屋に閉じ込めました。すると、明るい部屋にいたグループは、初対面の男女が取るような行動で、当たり障りない会話をしていたのに比べ、暗い部屋にいたグループは、いつの間にか親密度が増し、抱きあったりする男女も現れるという結果に。

このために急遽実験を途中で中断したといわれています。

出典:http://news.mynavi.jp/

これは「暗闇効果」と呼ばれており、暗闇という包み隠された環境が不安感や一体感を覚えさせ、体の距離と心の距離を近づかせる効果があるとされています。

また、夜になるほど疲れてきますので、日中に比べて判断力が低下することも影響すると言われております。

 

デートの別れ際に告白したり、バイバイした後にLINEやメールで告白したりすることで、成功率を上げることが出来るかと思います。

 

告白はディナーの後にする

告白時間と併せて、食後に告白をすると成功率が上がるとされています。

その理由は、お腹が満たされれば機嫌も良くなり、リラックスした状態になるので、告白を前向きに聞きやすくなるからです。

告白の成功率が上がる夜の時間を考えると、ディナー後に告白した方が良いということですね。

 

但し、告白の成功率が上がる条件としては、食事中も楽しく明るい雰囲気であることですので、彼との会話を盛り上げていくと良いでしょう。

デートから食事までの盛り上がった流れを活かし、楽しいから付き合って一緒にいたいと思わせることが重要です。

 

告白の言葉はハッキリとストレートに伝える

シンプルでストレートな告白を好む男性もいますが、だからといってストレートに告白すべきということではありません。

ハッキリとストレートに告白すべきというのは、告白をスルーされてしまうリスクがあるからです。

 

「好きです!」という言葉で気持ちを汲み取って欲しいのが女心でしょう。

しかし、男性的な思考としては、質問に対しては回答しようとする傾向にあります。

 

「好きです!私と付き合って下さい!」

と告白すれば、自ずとYESかNOを出す必要があると考えます。

「好きです!私が彼女になっちゃダメかな…?」

と質問のように告白すれば、イイかダメかを伝える必要性が出てきます。

 

「好きです!」と好意を伝えるのみであれば、「俺と付き合いたいってこと?」と男性から告白のようなセリフを言う必要が出てきてしまいます。

男性が返答に困ってしまうような告白の言葉は避けた方が良いでしょう。

 

ネガティブで重たい告白はしない

不安や怖い気持ちがあるために、自分を卑下した告白をしたり、重たい告白をしてしまったりするケースがあるかと思います。

付き合うことは楽しいイメージがあるものですので、付き合った後をイメージさせる告白の場では、マイナスの印象を想像させる言葉は避けた方が良いでしょう。

 

「私って、頭も悪いし、正直ブスだし…。そんな私ですが、付き合って下さい!」

「1ヶ月でもいいから、私と付き合ってくれない?」

という告白は、事実とは異なっても、言葉自体が悪い印象を与えることになりますので、OKと言いづらくなります。

 

「3年前からずっと見てました。付き合って下さい!」

という告白は、「まぁ、付き合ってみても良いかな。」とは思えず、自分も同程度の気持ちが無いと付き合えないなと男性は考える可能性があります。

 

要するには、男性にとってツッコミ所が無い告白の言葉を選ぶことがポイントです。

「自分でブスだと思うなら、もっとキレイになって自信を持ってから告白して欲しい。」

「3年前から好きならば、もっと早く告白すれば良いのに…。」

など、男性が思ってしまうケースもあります。

女性としては思って欲しくない考えですが、少しでもリスクを減らし、告白の成功率を上げることが大事ですよね。

 

1度告白してダメなら2度目があると考える

片思いの告白の仕方として、1度告白をしたからそこで終わりということは無いでしょう。

彼からの返事が全く脈なしでは無い限り、チャンスはまだまだあるかと思います。

 

片思いの彼との接点が少なく、どうしてもアプローチが出来ないのであれば、告白することで彼に意識してもらうことも出来ます。

彼の事情によってOKをもらうことが出来ないタイミングであったのならば、2度目の告白ではすんなりOKをもらえることもあります。

 

告白された女性が他の男性と付き合いそうになったから、急に恋心が芽生えたなんてケースもあります。

本気で彼のことが好きであるならば、1度の告白で諦めきれたりしませんよね。

 

片思いの告白の仕方に必要なのは素直な気持ちのみ!

片思いの告白の仕方をご紹介しましたが、告白が成功するかどうかは神のみぞ知るという言葉の通りです。

想えばきっと願いは叶うとお伝えするつもりはありませんが、「想わないことには願いは叶わない」のではと思います。

 

片思いの彼を想う気持ちが確かなものであれば、テクニックに頼ることは無いでしょう。

片思いの彼を本気で想うのであれば、告白の仕方にこだわることは無いでしょう。

 

小手先のテクニックより、自分の気持ちに素直になって、素直に気持ちをぶつけることの方が大事なことでしょう。

最も成功率の高い片思いの告白の仕方とは、素直にアナタの気持ちを伝えた告白ではないでしょうか。

Sponsored Links

このページの先頭へ