元彼が忘れられない!元カレと復縁するための方法【7つ】

元彼と復縁する方法

どうしても忘れられない元彼と復縁したい思う女性も多いのではないでしょうか。

「元彼のことが諦めきれない…。」

「どうしたら、元カレと復縁できるのかな…。」

などと、元彼と復縁する方法に悩んでしまうケースもあるでしょう。

今回は、忘れられない元彼と復縁するための方法についてご紹介しますので、参考にしてみて下さいね。

Sponsored Links

元彼と復縁するにはステップを踏むべし

通常の恋愛と復縁では、アプローチ方法が異なります。

それは、知人や友人という男女の関係と、元彼と元カノというカップルであった関係とで違いがあるからです。

 

一度付き合った男女が別れた関係ですから、別れた後はただの知人や友達の関係に戻るケースは多くないでしょう。

「これからも変わらず友達でいようね。」と元彼と別れた場合でも、アナタがその男性の元カノである事実は変わりませんよね。

 

元彼に未練がある場合であれば、アナタから復縁を切り出せばヨリを戻せるかと思います。

ですが、元彼にヨリを戻す気があまりない場合であれば、「警戒心」を解く必要があります。

 

「復縁しても、また同じことの繰り返しだろう。」

「別れた時点で合わないのだから、復縁しても進歩がないだろう。」

と考える男性は少なくありません。

そもそもこの「警戒心」を解かない限りは元彼と復縁することは難しいと考えます。

 

また、片思いの男性を落とすのであれば、自分の魅力をアピールして好意を持ってもらおうとアプローチします。

ですが、元彼と復縁したいのであれば、プラスアルファの魅力を身につけるか、欠点を改善するかといった「変化」が必要になります。

元彼にその変化が伝われないのであれば、復縁しようとは考えないでしょう。

つまりは、新しい恋愛として「新鮮味」を持たせることが重要であると考えます。

 

元彼と復縁するためには、まず「元彼の警戒心を解く」、次に「新鮮味をアピールする」といったステップを踏んでいく必要があります。

では、警戒心を解く方法と新鮮味をアピールする方法について見ていきましょう。

 

元彼と復縁するには警戒心を解くべし

元彼と復縁するための最初のステップとして、元彼の警戒心を解く方法についてご紹介していきたいと思います。

元彼と復縁したい気持ちによって焦ってしまうこともあるかと思いますが、冷静に事実を受け入れることが重要です。

 

冷却期間を設ける

元彼と復縁するために警戒心を解くには、何よりも冷却期間を設ける必要があります。

その理由は、アナタの未練が伝わると復縁が目的であると捉えられてしまうからです。

 

冷却期間は別れ方やケンカの度合いによっても異なりますし、元彼と付き合っていた期間によっても異なります。

些細なことがキッカケでつまらないケンカをしたのであれば、数日や1ヶ月程度の冷却期間で済む場合がほとんどでしょう。

その場合は、2~3日の連絡は我慢して、彼からの連絡が来るかどうかを待ってみると良いかと思います。

 

ですが、曖昧な形で自然消滅してしまった場合や、数年付き合ってケンカ別れした場合は、冷却期間が長くなる可能性があります。

元彼に振られた場合であれば、それ相当に悩んで出した決断でしょうから。

 

この場合は、復縁したいという未練や嫌われたくない気持ちを伝えるほど、元彼の警戒心は強まってしまいます。

焦ってどうにかしようとしても逆効果にしか働かず、自ら復縁の可能性を潰してしまいかねません。

とても苦しいことではありますが、まずは1ヶ月程グッと我慢して、元彼の気持ちが落ち着くのを待ちましょう。

 

別れた原因を理解する

元彼と復縁するために、別れた原因を理解し、その原因を真摯に受け止めることはとても大切なことです。

「これだけ言っても変わらないなんて、ホント鈍感な女だな…。」と元彼に思われてしまっては、復縁する可能性はないでしょうから。

また、別れた原因が分からないままであれば、次のステップである「変化を生む」ことにも繋がりません。

 

男性が別れを切り出す際、本音の理由を伝えることは少ない傾向にあります。

その理由は、もう別れようと決心したのに、女性に泣かれて、怒ってケンカになっても、面倒だと考えるからかと思われます。

ですので、こればかりは自分自身で気付く他に方法がありません。

 

ですが、別れた理由が元彼が感じている理由と異なっても、彼を想って別れた原因を考えることに意味があります。

元彼に復縁して欲しいとお願いする立場になるのですから、相手に求めず、自ら与えていくことが出来なければ、元彼の閉じた心を開かせることは出来ませんよね。

 

素直に謝罪する

別れた原因を受け止め、少しでも自分に非があると感じた部分については、素直に謝ることが重要です。

少しでも元彼との復縁を成功させたいと思うのであれば、早めに謝罪することをオススメします。

謝るべきとする理由は、復縁してもらえるからではなく、印象が異なるからです。

 

男性は元より素直な女性を好むものですが、自分に付いてきてくれる素直さだけを見ているものではありません。

もし復縁したとして、また同じように別れる危険性が発生した場合、自分を改め、歩み寄って来てくれる素直さも観察しているものです。

先々復縁の可能性があるかないかよりも、パートナーとして無しの判断をされてしまえば、復縁の可能性は無くなってしまいます。

 

また、冷却期間後に元彼と接点を持てるようになった場合、食事やデートに行くかどうかを判断するにしても、「まぁ、謝ってくれたし、ご飯ぐらいは良いかな。」と警戒心を解くことも出来ます。

 

許してもらえるかもといった期待が伝わると元彼の警戒心は高まりますので、素直に謝ることに努めるようにしましょう。

Sponsored Links

良い思い出だけを連想させる

過去の恋愛について苦い思い出ばかりを思い出しがちな女性に対して、男性は良い思い出を思い返す傾向にあるとされています。

元彼と別れてギクシャクしてしまうこともあるかもしれませんが、明るくポジティブに接することを心がけるべきかと思います。

アナタの笑顔や仕草を見て、元カレの中でアナタとの良い思い出が蘇り、その懐かしさが徐々に心を開かせるキッカケを作ることになるでしょうから。

 

また、別れた原因になった言動や悪いイメージに繋がる言動は、必ず避けるようにして下さい。

「でも」「だって」といった相手を否定するネガティブな発言。

「相変わらず、●●君は…。」といったどちらにも変化を感じさせないような発言。

などといった言動は、元カノであったことがマイナスに働くケースの特徴ですので、些細な発言にも気を配るようにしましょう。

 

「●●君と話して、久しぶりにこんなに笑ったかも。」

「さすが、●●君は気が利くね。」

などと、あなたの1番の理解者であり味方であることを伝え、元彼の警戒心を解いていくことがベストです。

 

元彼と復縁するには新鮮味をアピールすべし

元カレと復縁したい

元彼と復縁するための次のステップとして、元彼に新鮮味をアピールする方法についてご紹介していきたいと思います。

復縁と言うよりは、元彼と新しい恋を始める意識を持つと、彼もその変化に気付いてくれるかと思います。

 

自分磨きをする

元彼と復縁するための新鮮さとしては、自分磨きをして変化をアピールすることです。

自分磨きといっても、ファッションやメイクなどの外見だけではなく、性格や考え方といった内面も磨いていく必要があります。

 

いつも彼に頼りっぱなしだった自分を変え、自立した女性を目指す。

ワガママや愚痴などが多いネガティブな性格を変え、明るくポジティブな性格を目指す。

などと、付き合っていた時よりもワンランク上の女性を目指すことが重要です。

 

別れた原因を真摯に受け止め、元彼のために外見も内面も磨いたアナタは、ワンランク上の自信という武器をまとった女性に変わり、

「あれ?あんなに輝いて見えたかな?」

「なんか、俺と付き合っていた時より良い女になったな…。」

といった印象を与え、復縁という選択肢が元彼の中で生まれ始めます。

 

男性の恋愛は「名前をつけて保存」とされるように、元々俺の女だったという支配欲をくすぐることがポイントですね。

 

元彼に追わせること

もし駆け引きが可能である場合になりますが、元彼の中に復縁の選択肢が生まれ、気兼ねなく連絡を取れるようになったのであれば、元彼からアプローチしてくるように誘うことをオススメします。

その理由は、「届きそうで届かないもの」を追いたくなる狩猟本能が男性心理として働くからです。

また、先程ご紹介したように、元々は自分のものであったという支配欲をもくすぐることになりますので、ダブル効果が得られます。

 

ですが、駆け引きをし過ぎた場合は、面倒な女と思われる可能性がありますので注意が必要です。

また、元彼から寄ってきてくれる嬉しさから好きアピールをしたり、体の関係を持ったりしてしまうこともNGです。

 

アナタの価値を下げずに、「また会いたくなる女」であることがポイントです。

男性が会いたくなる女性の特徴についてはコチラの記事で紹介しておりますので、併せて参考にしてみて下さいね。

⇒ 男性が会いたくなる女性!また会いたいと思う女の特徴【9つ】

 

偶然のキッカケは作り出す

元彼と復縁するためには、復縁するというよりは新しい恋愛をする考えを持つべきとしました。

ですので、新しい恋愛となるキッカケが必要となります。

偶然の出会いが運命となるなんて言い回しもありますが、自ら行動しないことには偶然は起こり得ません。

こういった所でこそ、元カノである利を使って偶然を装うべきと考えます。

元彼が通う飲食店やショップ、偶然出会えそうな道や駅など、元カノだからこそ知り得る元彼の行動を予測できることがあるでしょうから。

 

あたかも偶然を装って、

「なんか●●君と出会えるような気がしたんだよね。」

「ちょっと●●君のこと、思い出してたんだよね。」

と決め台詞を添えれば、元彼も懐かしい恋心が蘇ってしまうものかと思います。

 

あくまで偶然であることが重要ですから、女の演技力が試される所ですね。

 

元彼との復縁を諦めたら負け

元彼と復縁したいということが未練がましく、ねちっこいものと考えるべきではありません。

それはアナタが元彼を想う素直な感情なのですから、自分自身をも受け入れるべきでしょう。

どちらかから告白をした、どちらかから振った・振られたなど、勝ち負けに似た考えを持っていてもしょうがないことです。

「終わり良ければ全て良し」で、元彼と復縁することが目的なのですから。

もし、勝ち負けを考えてしまうのであれば、元彼との復縁に勝ちはありません。

ですが、元彼との復縁を諦めたら、そこで負けになります。

アナタが新しい自分を見つけ、元彼と復縁出来ることを心から応援しています。

Sponsored Links

このページの先頭へ