「チル」とは?インスタで使いたい「チルする」「チルってる」の意味!

インスタやSNSで使われることの多い「#チル」「#chill」のハッシュタグ。

カフェでくつろいでいる写真と共に「チルする」「チルってる」と投稿する方も多いでしょうが、「チル」の意味や語源をハッキリ理解せずに利用している方も少なくないはず。

今回は、インスタで使われる「チル」の意味や語源について解説していきます!

Sponsored Links

「チル」の意味とは?

「チル」の意味とは?

「チル」(chill)の意味は、「chill out」(チルアウト)を短縮したものであり、直訳すると「落ち着く」という意味になります。

インスタなどのSNSで使われる「チル」の意味は、「まったりする」「くつろぐ」「リラックスする」となります。

※ちなみに、「chill」単体だと「冷え」「寒気」「風邪」の意味し、派生して「興ざめ」や「不快」を意味する場合もあります。

「チル」の使い方の例としては以下のような形。

  • カフェでコーヒーとチルってる
  • 休日だから家でまったりチルする
  • 天気が良いから、ウチのネコ様はチルしている様子
  • 海眺めながらチルしてる
  • 今日は家族とまったり公園でチル

などなど、まったりゆっくりとリラックスしてくつろぐ様子を表現したい場合に利用します。

特にインスタの場合ですと、「インスタ映え」「映え」といった見た目にも豪華でオシャレさを感じさせる投稿をよく見掛けますが、「時間」を贅沢に使うラグジュアリーさを意味する形として「チル」が利用されるのでしょうね。

「チル」の語源や流行った経緯は?

「チル」の語源や流行った経緯は?

まったりリラックスすることを意味する「チル」のルーツは、ダンスフロアやクラブなどの音楽シーンにあります。

まず初めに、「chill out」(チルアウト)という言葉が一般的に広まったのは、イギリス出身のハウス&テクノユニットの「The KLF」が1993年にアルバム「Chill Out」を発売し、「チルアウト」という新しい音楽ジャンルが生まれるキッカケを作ります。

▼The KLF 「Chill Out」

 

アップテンポな楽曲が主流であったクラブミュージックにおいて、音楽に合わせて踊って騒ぐだけではなく、疲れてまったりしたい時には、ダウンテンポな音楽と共に「チルする」という新しいクラブハウスの楽しみ方が生まれるようになります。

そして、現在では日本のクラブハウスでも見られるように、ダンスフロアから離れた場所にある「チルスペース」で、漏れ出る音楽を聴き流しながら、ゆったりまったりとリラックスして楽しめるようになったという訳です。

日本で「チル」が流行るキッカケとなったとされるのは、タレントの今井華さんが有吉反省会の番組で「チル」を使ったことにあるとされています。

元々アメリカでは10年以上前から「chill out」「chilling」は普遍的に使われる言葉であり、現在でも家でまったりしている様子や、友達とまったり遊びたい時に「チル」は利用される言葉です。

アメリカで流行語になった「Netflix and chill」(ネットフリックスを見ながら家でくつろごうよ)といった夜のお誘い文句や、「chill」と「relax」(リラックス)合わせた「chillax」なんて造語も使われます。

「チル」から派生した造語

「チル」から派生した造語

まったりリラックスすることを意味する「チル」の言葉から派生した造語としては、「チル旅」や「チル友」が挙げられます。

「チル旅」は、遊びや観光を主にした忙しい旅行ではなく、日常のストレスから解放されるような何もない場所で、ただゆっくりとした時間を過ごす旅行を意味します。

また、「チル友」は、一緒にまったり過ごせる友達を意味することから、まったり過ごせるほどお互いを気にしなくていい仲の良い友達を意味する言葉です。

ただ、かの有名なアーティスト「Mr.Children」(ミスターチルドレン)の名前の一部から、ファン同士を意味することの方が多いみたいですので、インスタなどのSNSで利用する場合はご注意を!

 

インスタで利用される「チル」の意味

ご紹介の通り、「チル」は落ち着いてまったりとリラックスする様子を意味する言葉です。

ただインスタで利用される「チル」の意味は、「落ち着く」「リラックスする」を意味するだけではなく、時間を贅沢に使うラグジュアリー感や、オシャレで優雅なライフスタイルを意味する表現として利用されるケースが多いかと思います。

フォロワーだけではなく、「#チル」「#chill」のタグで検索してきたユーザーに対し、オシャレで優雅な自分を表現出来る写真や画像と一緒に、インスタの投稿をアップしてみて下さいね!