ディズニーでカップルが別れる確率を高める理由

「ディズニーにカップルで行くと別れる」なんて話を聞いたことはありませんか?

その真相の答えを最初からお伝えすると、「ディズニーデートでカップルが別れる」は大げさなウワサや都市伝説のようなものですが、「ディズニーデートはカップルが別れる確率を高める理由が多い」というのが正しい考え方と言えるでしょう。

では、ディズニーランドやディズニーシーでのデートにおいてカップルが別れる確率を高めてしまう理由について見ていきましょう!

Sponsored Links

「ディズニーにカップルで行くと別れる」の理由

「ディズニーにカップルで行くと別れる」の理由

冒頭でお伝えした通り、「ディズニーにカップルで行くと別れる」はホントかウソかという観点で見ると、ホントでもありウソでもあります。

だって、ディズニーデートを重ねて愛を育んだカップルもいますし、ディズニーデートがキッカケで別れたカップルの話を聞いたりなんてことは、自分の周りでもネットやSNSでも目にすることがありますよね。

ディズニー好きの彼女のために、ディズニーホテルで結婚式を挙げたというカップルも多いものです。

 

では、「ディズニーデートでカップルが別れる確率を高める理由」はどこにあるのか。

その最も大きな要因は、ディズニーランドやディズニーシーは女性や子供を楽しませるテーマパークであるということです。

つまり、現実離れしたメルヘンな夢の世界、目がクリっとしたモフモフでフワフワのディズニーキャラクターは、男心をくすぐるには物足りないことを理解してあげることがとても大切ということです。

 

一度逆の立場で考えてみましょう。

もし、彼氏がキラキラした目で、アナタにとって興味のないガンダム博物館や電車博物館へのデートに誘ったとしたら、どのように感じますか?

また、サッカー経験者の彼氏が毎週社会人サッカーをしていて、彼の趣味に付き合わされることが多くなるとどうでしょうか?

「彼が喜ぶならしょうがないか」「彼のかっこいい姿を見れるならいいか」となりますよね。

そう、ディズニーデートも同じように、「彼女の喜ぶ笑顔が見れるならしょうがないか」というのが男性側の本音という訳です。

 

もちろん、ディズニー好き男子もいますし、ディズニーカップルコーデを楽しむ男性もいるでしょうが、そうであれば、「ディズニーにカップルで行くと別れるらしい…」なんて不安や悩みを感じませんよね。

ディズニーでカップルが別れる確率を高める理由

ディズニーでカップルが別れる確率を高める理由

ディズニーデートでカップルが別れる確率を高める理由は、ディズニーが男性向けのテーマパークではないからとしましたが、もう1つ重要な理由があります。

それは、女性側に「ディズニーデートで彼氏を楽しませる」という考えが抜けてしまっているケースが多いこと。

つまりは、ディズニーデート自体がカップルを別れさせるのではなく、付き合ってくれる彼氏への配慮が欠けて「失敗」してしまうことが別れる確率を高めてしまうことを理解しておきましょう。

  • ディズニーは女性や子供向けのテーマパークである
  • ディズニーデートで別れる確率を高めるのはお互いの「失敗」の積み重ねである

おさらいとして、ディズニーでカップルが別れる確率を高めてしまうこの2つの理由を念頭に、もう少し細かく原因を見ていきましょう!

 

待ち時間が長すぎる

ディズニーは大人気のテーマパークですから、混雑時には人気アトラクションは数時間待ち、ファストパスを利用してもスムーズに行かないことだってあります。

人間誰だって立ちっぱなしで待ってばかりだとイライラしますし、どれだけ仲の良いカップルが気遣ったとしても、会話が途切れて沈黙が流れることもあります。

もし、そんな空気の中で、どちらかが機嫌を悪そうにしたり、文句を言ってしまったりしたら、ケンカの準備は整ってしまいますよね。

もしかしてですが、あまり興味のないディズニーに付き合ってくれている彼氏に対して、「待ち時間も楽しませてよ!」なんてワガママな考えを持ってたりしませんよね?

 

暑さや寒さの問題

ディズニーランドもディズニーシーも基本的には屋外テーマパークですので、待ち時間が長ければ、暑い寒いの問題が浮き彫りになってくることも。

せっかくの休日だからと炎天下の中で歩き回るのも疲れてしまいますし、秋冬の寒い中で立ちながら待っているのも苦痛になります。

もしかしたら、急に雨が降ってきて、せっかくのオシャレが台無しになってしまうこともあるかもしれません。

 

そんな思わぬアクシデントに、男性はなるべくスマートに対応しようとするはず。

ですが、どうしても対応しきれないアクシデントで気まずい空気になってしまった場合、彼氏は「失敗」を自分に責めてディズニーに対するネガティブな感情は強まってしまうことでしょう。

 

人の多さでイライラ

人の多さや混雑は、人をイライラさせるのに十分な理由と言えます。

全く知らない他人が自分のパーソナルスペースを侵入してくる不快感や、近くでギスギスしているカップルや夫婦がいる一方、ラブラブなカップルがいたり、全く周りが見えていないカップルがいたり。

人が多ければ多いほど、その空間には様々な感情が動いているので、それを無意識にも感じ取ってしまう我々人間は影響を受けてしまいがちです。

 

そんなイライラを隠してディズニーを楽しもうとしても、たまたま肩がぶつかった、靴を踏まれた、なんて些細なキッカケが不満を爆発させてしまうキッカケになってしまうことも。

そんな中でもスマートに接してくれる彼氏が好きなんて理想は、主観的すぎる女性の理想かもしれませんよね。

 

予算がオーバーしやすい

金銭感覚の問題はカップルの価値観の問題としてよく取り上げられるもの。

女性側は楽しみでしょうがなかった念願のディズニーにハメを外して楽しみたい気持ちがありますよね。

一緒に可愛い被り物をしたいし、チュロスやポップコーンも食べたいし、地方から旅行してきたのであれば、ホテルでもディズニーを満喫したいし。

 

もちろん男性もある程度お金を使うことを覚悟してディズニーに訪れている訳ですが、彼女を喜ばせようとする分だけ、「えっ、またお金を使うの…?」と自分の想像以上に予算オーバーしてしまうケースはとても多いものです。

なぜなら、ディズニーといったテーマパークは、女性や子供の願いを叶えようとする中で、同行した彼氏や旦那さんにお金を払ってもらうとするビジネスですから。

「これも可愛い!」「これも欲しい!」の女心と子供心をくすぐるのがディズニーであると分かっていても、それを満たしてあげたい彼氏や旦那さんの心の中には、ケチケチしすぎることと甘やかしてしまう葛藤の中で闘っているストレスがあることを忘れてはいけません。

 

歩き疲れや疲労感

ディズニーランドもディズニーシーも広大なテーマパークですので、移動をするだけでもかなりの疲労感があります。

それに加え、待ち時間や人の多さ、気候の問題や金銭的なストレスが重なっていきますので、男性側の疲労感はアナタが想像しているよりはるか上のものと考えた方が良いでしょう。

 

お伝えしたように、ディズニーに興味のない彼氏のディズニーデートは、彼女への奉仕の時間です。

「出来るだけ一緒に楽しみたい」という彼氏の気持ちをほんの細かい「失敗」で削っていってしまうと、彼女を喜ばせてあげられて満足感より、ただ疲れたというネガティブな感情の方が強くなってしまうものです。

 

彼氏よりもディズニーに夢中

一番気をつけたいのが、彼氏よりもディズニーに夢中になってしまうことです。

彼女を置いてけぼりで自分の趣味を楽しんでしまう彼氏がいるように、念願のディズニーを精一杯楽しみたい彼女は、彼氏を置いてけぼりにしがちです。

 

女性目線からすれば「なんてくだらないこと!」と思うかもしれませんが、ミッキーに会えて嬉しそうにしている彼女を見て、自分にかまってもらえないことに嫉妬してしまうなんてケースも少なくありません。

無邪気さは時に彼氏の独占欲を満たしてあげるものですが、時に彼氏を嫉妬させてしまうこともあることを忘れないで下さいね。

 

事前準備の大変さ

自分は興味がないディズニーであっても、彼女はずっと楽しみにしていたディズニーデートですから、日頃の感謝を込めて一日彼女のために奉仕しようと考える男性も少なくありません。

大好きな彼女を満たしてあげたい気持ちから、「まずはこのアトラクションに行って」「まずはファストパスを取って、その間ご飯を食べて」などと細かくデートプランを立てていることもあるでしょう。

 

そんな中、天候や待ち時間といったイレギュラーなことが起きたり、想定していない彼女のワガママが降り掛かってきたりしたら、ディズニー対する興味がない男性であるほどストレスは強くなってしまいます。

 

「してあげていること」へのストレス

「ディズニーに行くとカップルは別れるかもしれない」といったことがネットでも話題に取り上げられぐらいですから、男性だってディズニーデートに対する心構えは特別なものになるでしょう。

しかし、いくら事前にポジティブな気持ちを準備していたとしても、実際にディズニーに来て心から楽しめていない自分を自覚してしまうと、完全に彼女へのご奉仕スイッチをONにしてしまいます。

 

逆の立場になって考えて、自分は楽しくないけど彼氏が楽しんでいることは、嬉しいようで後々ストレスの方が大きくなることもありますよね。

「一緒に」だけではなく、片方だけが満足していることに喜びを持てるのも愛情ですが、それが「してあげているストレス」であることも女性側の皆さんはよくご存知かと思います。

 

彼氏側の「してあげている」気持ちと、彼女側の「自分の好きなことを一緒に楽しんで欲しい」気持ちは、お互いのことを思い合っているようで、一歩間違えれば「失敗」に繋がってしまう恐れがあることを覚えておきましょう。

ディズニーでカップルが別れる確率を高めないようにする対策

ディズニーでカップルが別れる確率を高めないようにする対策

もちろんディズニーランドやディズニーシーが女性や子供向けのテーマパークだからといって、男性も楽しめないテーマパークではありませんよね。

ディズニーデートにおけるカップルが別れる確率を高める理由を紹介してきましたが、それは今まで見えていなかった素の部分が出てしまい、カップル相互の「失敗」が重なってしまうから。

そう、カップルでお互いを気遣い合うことが出来れば、ディズニーデートを一緒に楽しむことが出来ます。

その気遣いを女性側はどのように考えておくべきなのか、ディズニーでカップルが別れる確率を高めないようにする対策として見ていきましょう!

 

彼氏に期待しすぎない

ディズニーに興味のない彼氏は「彼女を喜ばせたい」「彼女を笑顔にさせたい」という気持ちでデートに行っています。

ただ言い方を変えれば、「彼女に付き合ってあげている」ことも忘れずに。

ディズニーデートは、普段のデートに比べてカップルに求められる気遣いのハードルが上がってしまうもの。

いつもと同じように彼のリードに頼ってばかりだと、彼をイライラさせる要因を増やしてしまうだけになってしまうのでご注意を。

 

彼氏も楽しませてあげる

もし、彼女側であるアナタの方がディズニーランドに詳しいのであれば、いつもとは逆にアナタがリードして「ディズニーの楽しさを彼氏に教えてあげる」気持ちを持ってあげると良いでしょう。

「午前中にはファストパスを取って、その間に空いているアトラクションに乗るなんて当たり前でしょ?」なんて考えは、前乗りではない彼氏のテンションはただ下げてしまうだけです

アナタが知っているディズニーデートの楽しみ方を、彼氏に教えてあげるようにして下さいね。

 

諦めることも大切

地方から来た場合など、滅多に来られないことからディズニーデートを出来るだけ満喫したいものですが、時には諦めも肝心です。

どうしても乗りたいアトラクションが数時間待ち、天候が悪くなって次のアトラクションに移動出来ない、そういったアクシデントが起こることだってあります。

夢中になって彼氏を置いてけぼりにしてしまわず、「次のディズニーデートで一緒に乗ろうね!」くらいの言葉を添えてあげられるように、少し心にゆとりを持ってデートに望むと良いでしょう。

 

デートプランを一緒に考える

待ち時間の長さや混雑から、ある程度デートプランをお互いシミュレーションしていると思いますが、お互いのプランをしっかりすり合わせておくことを忘れずに。

アナタがどうしても参加したいイベントがあるように、彼氏がせっかくだから乗りたいアトラクションだってあるはずです。

当日になって、「私はこのアトラクション乗りたくない!」と言って彼氏を怒らせてしまっては、楽しいはずのディズニーデートも台無しになってしまいますよね。

カップルお互いのやりたいこと、行きたい所を一緒に確認して、お互いが満足できるディズニーデートを心掛けましょう。

 

感謝の気持ちを持つ

最後に忘れてならないことは、ディズニーデートに付き合ってくれた、楽しませてくれた彼氏に感謝をすること。

「今日は○○君のおかげで楽しかった!また一緒に来ようね!」の言葉と笑顔が見たいから、彼氏はディズニーデートに快諾したはず。

それを、「何だかんだ楽しんでたじゃん!」なんて言葉を渡してしまうと、「さんざんお金ばかり使わせやがって」といった不満の感情が芽生えてしまいます。

 

一日デートを楽しませてくれたこと、一緒に楽しもうとしてくれたこと。

そんな彼氏の優しさに対する感謝の気持ちを忘れずに!

 

ディズニーデートはカップル相互の気遣いがないと成立しない

ディズニーデートに限らないことですが、楽しいデートにするには、カップルお互いの気遣いがないと成立しません。

ただ、ディズニーデートではカップルに求められる気遣いのハードルが高くなってしまうだけです。

ディズニーでカップルが別れる確率を高める理由は、「カップル相互の気遣いの足り無さ」にあるのでしょうね。