都合のいい女をやめたい!卒業するための【たった1つの方法】

「もう都合のいい女はやめたい!」と、ハッキリしない男性との関係や本命として扱ってくれない彼に対して悩んでいませんか?

好きな彼に尽くせば尽くすほど、「都合のいい女から卒業して本命の彼女になる!」といった期待や願いが大きくなっているはず。

今回は、都合のいい女から卒業するための方法についてご紹介します。

Sponsored Links

「都合のいい女」とは?

「都合のいい女」とは?

「都合のいい女」とは、自分よりも男性を優先して、彼の都合に合わせて要求ばかりを受け入れてしまう女性を意味する言葉でしょう。

つまりは、男性の要求は満たされ、女性の要求は満たされない恋愛のバランスが取れていない関係になっていると言えるのではないかと思います。

 

では、なぜ「都合のいい女なんてやめたい!」と悩んでしまうようなアンバランスな関係になってしまったのでしょうか?

それは、女性側である自分自身が「都合のいい女」を作り上げてしまったからかもしれません。

 

確かに、遊び好きで女性を利用しようとする男性は少なくありません。

しかし、自分が変わりもせずにそんな彼の変化に期待をするのは、さらに都合のいい女度を高めてしまうだけになってしまうでしょう。

都合のいい女になってしまう心理と特徴

都合のいい女になってしまう心理と特徴

「都合のいい女」になってしまう女性の特徴的な心理としては、自分に対する自信の無さが挙げられます。

その自信の無さは自分の存在価値を否定しまうようになり、自分よりも男性を優先することで「求められる女」を作り上げようとして存在価値を高めようとしてしまうでしょう。

その結果として、何でも彼の言いなりになってしまう都合のいい女になってしまうという訳です。

 

そんな「自信の無さ」が招いてしまうネガティブな心理は以下の4つ。

  • 傷つきたくない
  • 嫌われたくない
  • 褒められたい
  • 求められたい

「都合のいい女はやめたい」「都合のいい女から卒業したい」と思うのであれば、これらの心理が都合のいい女度を高めてしまう理由をしっかりチェックしておきましょう。

 

傷つきたくない

過去の恋愛経験やコンプレックスなどから「これ以上傷つきたくない」という思いが強いからこそ、「求められる女」を作り上げようと自分を押し殺して、彼のことを優先してしまいがち。

痛みに慣れている分、別れや終わりといった最悪のケースを免れようとする心理から、男性のことを優先して要求を受け入れてしまうことでしょう。

 

「傷ついた自分を理解して癒やして欲しい」と彼からのお返しを期待してしまう分だけ尽くしてしまい、結果として都合のいい女度を高めてしまいます。

 

嫌われたくない

少しでも自分のことを理解してくれる男性に対して嫌われたくない心理が強くなり、彼の要求にNOと言えず、都合良く男性に利用されてしまうことも。

嫌われたくない心理は彼に対する依存度を高めてしまうもので、「一人で寂しい思いをするくらいなら」と急な呼び出しに応じてしまうなんてこともあるでしょう。

 

「要求を全て受け入れてあげることが彼から嫌われない方法」という考えに至ってしまうのも、都合のいい女の特徴と言えるでしょう。

 

褒められたい

褒められたい心理は自信の無さを満たしたい承認欲求によるもので、ちょっとした甘い言葉を求めて自分の弱さをさらけ出してしまいがちです。

ちょっと褒めれば寄ってくる味を知った男性は、女性の弱みにつけ込み、甘い言葉を伝えては自分のコントロールの中に納めようとします。

 

褒められたいからといって弱みをさらけ出すことは、それだけ支配欲を持つ男性心理を刺激してしまう行動であることを理解しておくべきでしょう。

 

求められたい

女性は自分を理解してくれる男性に好意を持つとされており、そのため寂しさや弱さを理解してくれる男性に求められたい心理が働くものです。

だからこそ、傷つきたくない、嫌われたくない、褒められたい心理が重なっていき、自信の無さが悪循環を招いて要求ばかりを受け入れてしまう都合のいい女になってしまいます。

 

「俺の女」「他の男に渡したくない」という独占欲を持つ男性心理から、男性は本命の女性に対して追いかけたい心理が働く傾向にあるもの。

追わなくても自分を好きでいてくれる女性に対し、時間やお金などの労力をかけてまで関係を維持しようと思わないのも男性心理ということを理解しておくことが大切です。

都合のいい女から卒業するための方法

都合のいい女から卒業するための方法

都合のいい女から卒業したいと思うのであれば、何よりも「自信の無さ」を解決してあげるべきです。

その「自信」は自分自身でしか育ててあげることは出来ません。

自分が変化するための努力が足りないにも関わらず、男性側の変化に期待してしまうことはやめましょう。

「自分を高めてくれる」ことまで期待していることは、彼に依存していることに変わりありません。

 

「都合のいい女」から卒業するためのヒントは、自信を持つことではなく、自信を持てるように自分の心を優しく育ててあげること。

少しでも今の自分から変わりたいと願う方は参考にしてみて下さい。

 

自分磨きを忘れずに

男性を魅了するのに外見はとても大切なことです。

ただ、生まれ持った外見を変えるべきということではなく、今の自分を最大限に魅せれる努力をしたかどうかが重要です。

 

ダイエット、メイク、ファッションなど、彼の好みを理解してまで出来る限りの努力をしてないのであれば、それだけ成長できる部分があり、彼を魅了できるチャンスがあるということ。

彼の言うことだけを聞いていればいいといった楽な選択肢を選ぶことなく、本気で彼を振り向かせるぐらいの努力をしてみることが先決です。

 

自分を褒めてあげる

少しずつでも自分磨きに努力して励んでいるのであれば、そんな自分自身を必ず褒めてあげて下さい。

一番大切なことは、自分で自分を認めてあげること。

「昨日より可愛いかも」「前より輝いているかも」と自分を褒めてあげることで、徐々に自信がついていくようになります。

 

ただ自分を褒めてあげられるのは、自分が納得する努力が出来たからです。

自分も彼のことも甘やかしているようでは、都合のいい女から卒業することは難しいでしょう。

 

嫌われてもいい勇気

今は彼のことしか見えていないので仕方ありませんが、少しだけ彼から嫌われてもいい勇気を持ってみて下さい。

「もっと自分を理解してくれる男性がいる」「他に自分を大切にしてくれる男性がいる」といった目標のような期待が、アナタをどんどん輝かせてくれますよ。

 

彼は本当にそこまで執着するべき男性ですか?

どうしても彼のことが好きなのであれば、彼好みの女になる努力をすれば良いだけのことです。

そこまで執着するべきではないと思えるのであれば、自分磨きをして見返してしまいましょう!

 

「NO」を恐れない

嫌われてもいい勇気に繋がりますが、男性の要求に対して「NO」と言える勇気を持つようにしてみて下さい。

「NO」と言えるということは、「都合のいい女をやめたい」「都合のいい女から卒業したい」ことを男性側に示すサインになります。

 

NOと言えない女性の弱さに漬け込んでいる男性への変化を望むのであれば、NOと言えない都合のいい女をやめたいという意思表示をしていきましょう。

一人で解決できないようであれば、友達や第三者を頼っても構いません。

NOを言えるように努力した行動自体が、都合のいい女を作り上げてしまっている心理を変えていってくれるはずですよ。

 

都合のいい女から卒業させてあげられるのは自分自身

都合のいい女から卒業させてあげられるのは自分自身であり、男性が卒業させてくれるものではありません。

苦しいことかと思いますが、今一度「都合のいい女」を作り上げてしまっている自分の心理と向き合ってみることが大切です。

 

一時的な満たされを求めて、このままずっと彼のワガママを受け入れては尽くしていくのも一つの選択肢です。

しかし、「今の自分から変わりたい」「今の自分から卒業したい」と願うのであれば、ちょっとずつでも出来ることから前に進んでみましょう。

 

「私って都合のいい女かも?」と気になった方は、コチラの記事を参考にして男性の心理を見極めていって下さいね。

⇒ 本命の彼女かどうかは態度でわかる!遊びとの【20の違い】