「キモい」と言う女性の心理とは?非モテ女の口癖に注意しよう!

「キモい」「きしょい」などと不快な気持ちをすぐ言葉に表現してしまう女性は少なくありません。

確かに、女性に対して不快なことをしてくるキモい男性も少ないでしょう。

しかし、周囲に合わせてアナタも「キモいと言う女」になってしまうと、女子力の低い非モテ女に近づいてしまう恐れも。

今回は、キモいと言う女性の心理から、非モテ女にならないポイントを探っていきましょう!

Sponsored Links

「キモい」という言葉は人を中傷する悪口である

「キモい」という言葉は人を中傷する悪口である

「キモい」という言葉は「気持ち悪い」の略語であり、生理的に不快で拒否したい気持ちを表現する言葉です。

ただ「キモい」という言葉は様々なシチュエーションで利用されることもあり、単純な外見や言動、性格などを批判する場合に使われるでしょう。

 

そもそも理解するべきことは、「キモい」という言葉が人を非難して中傷する言葉であること。

男女を逆の立場で考えると、生理的に魅力を感じない異性を批判する意味から、女性が男性に対し「キモい」と言うのは、男性が女性に対して「ブス」と言っているのと同じと言えます。

 

通りすがりの男性がアナタを見て「見た?今のブスやばくない?」と言われたら、どのような気持ちになるでしょうか。

また、職場や学校で「アイツは本当にブスだな!」とからかって悪口を言われていたら、どのような感情が浮かんでくるでしょうか。

 

恐らく、「外見でしか判断できない見る目のない男」と判断する女性が多いかと思います。

では、口癖で何に対しても「キモいと言う女性」を男性はどのように見ているのでしょうか。

同じように、「キモいと言う女性は男を見る目がない女」として判断されてしまっているということです。

 

不快なことをしてくる男性に対して、心の中や他人が知ることのない所で「キモい」と思うのは自由です。

しかし、「キモい」が口癖になっている、または周囲に合わせて「キモい」と言ってしまっているようであれば、非モテ女に近づいてしまっているので注意が必要です!

キモいと言う女性の心理

キモいと言う女性の心理

口癖になってしまうほどですから、何に対してもすぐに「キモい」と言ってしまう女性には、特有の女性心理が隠れていると考えられます。

「キモい」という言葉を使う心理としては大きく以下の3つが挙げられるでしょう。

  • 生理的に拒否反応を示す男性を非難したい心理
  • 仕返しとして同等の精神ダメージを与えたい心理
  • コンプレックスや弱みを隠したいために男性を攻撃する心理

キモいと言う女性の心理をもう少し深く見ていきましょう!

 

生理的に不快な気持ちを表現したい心理

先述の通り、「キモい」という言葉は、男性の外見、言動、性格など、何かしら男性に対して生理的な不快を感じた時に発せられる言葉です。

例としては、タイプではないチャラい男性がナンパしてきた、下心みえみえの上司の目線にゾッとした、といったことが挙げられるでしょう。

男性が社会的地位を利用してきた場合などは、特に不快な心理が芽生えることかと思います。

 

確かに、生理的に受け付けない拒否反応を示すのに「キモい」という言葉を使うのは便利です。

しかし、何に対しても「キモい」という言葉を利用してしまうのは、語彙力の低さや人を見極める能力の低さを表してしまうこともあります。

ただただ何とも言えない不快感を表現したくて「キモい!」と批判するのは簡単ですが、その男性の何がキモいのかを整理整頓して説明できないのは、女子力の低いただの悪口として見なされてしまう可能性もありますよ。

 

自分が傷つけられたから仕返しをするべきか

仕返しの心理もあるでしょうが、男性からブスなどと非難された腹いせとして、「キモい」という言葉で男性を批判するのに感情的になり過ぎないようにするべきでしょう。

もちろん、女性を外見だけで判断するような器の小さい男なんて、「キモい」と非難されるべきです。

しかし、もしアナタの失敗によって男性が不快感を覚えたのであれば、「キモい」と男性を非難するべきではありませんよね。

 

仕返しや報復の心理で「キモい」と非難してしまうのは、感情的でもあり主観的でもあるため、アナタをイイ女として映す言葉にはなりません。

非難されるべき男性に対しては良いでしょうが、それを客観的に見ている男性はアナタをどのように見ているのかを考えてみるべきでしょう。

 

コンプレックスや弱みを隠したいために男性を攻撃する心理

何に対しても「キモいという言う女性」の中で一番男性に嫌われるのは、自身のコンプレックスや弱みを隠したい、守りたい心理から男性を攻撃してしまう女性です。

特に思春期など精神的に未熟な場合は、女性が集団になって一人の男性を非難するなんてことを見た経験のある方も少なくないでしょう。

確かに、友達との関係性やコミュニティー内において、周囲と合わせることも大切なことかもしれません。

ですが、自分のコンプレックスや弱みを隠したいがために、人を傷つけて良いものではありませんよね。

「女性は内面の美しさが大切」と言われるのは、ここに本質があるのではないかと思います。

 

周囲に合わせたり、人を傷つけることは簡単なことかもしれません。

しかし、外見だけではなく内面までをも磨こうとする簡単ではない自分磨きに努力をしないのは、男性の心を掴めない非モテ女の特徴と言えます。

 

言葉は自分の心理状態を表すもの

「言葉は自分を映し出す鏡」なんて言われたりしますが、他人を非難している人ほど非難されやすく、他人を褒めている人ほど褒められやすいのも事実です。

それだけ、ちょっとした言葉の数々は、他人に人間性を判断されるほど重要なポイントでもあることを忘れてはいけません。

つまり、「キモい」と言う対象の男性からもブスと思われていると考えるべきですし、それを見ている第三者の男性はアナタの言動をしっかり見ているということを覚えておきましょう。

 

恋愛だけを前提にするのであれば、他人を批判することは年齢を重ねても出来ることです。

しかし、自分磨きは若いうちから努力しておいて損することはまずありません。

もし、ご紹介してきた「キモいと言う女性」の特徴に当てはまっているかもと感じたのであれば、変えられる所からでも少しずる自分磨きのために努力することをオススメします!