身長差カップルがキスする方法

「身長差があるけど、私だって自分からキスしたい!」なんて悩んでいたりしませんか?

身長差カップルがキスしている姿を外から見ると愛らしいように思えますが、当の本人はキスしたいタイミングで出来ないことに不満を感じていることも。

今回は、身長差のある彼にキスする方法と、彼をドキッとさせるキスのやり方についてご紹介します!

Sponsored Links

キスするのに理想の身長差は?

キスするのに理想の身長差

色んな男女の声を見ていくと、キスするのに理想とする身長差は10~15cmぐらいとされています。

男性は少し背の低い彼女をリードしやすい身長差、女性は彼に包まれるような形で少し上を向きながらする身長差ですから、頭の中でイメージしてみても素敵なカップル像が浮かび上がりますよね。

 

もちろん、最もキスしやすい身長差は0cmでしょうが、ヒールを履いたりすれば女性の方が高くなってしまうこともありますし、第三者的に見て、彼氏と横並びで歩く自分を想像してみると、少し背が低いほうが可愛く見えますよね。

 

男女それぞれで理想の身長差があるでしょうが、もちろん恋愛において理想が全て叶うことはありません。

身長よりももっと好きな部分があるから、彼のことを好きなんですよね!

 

身長差カップルがキスで悩むこと

身長差カップルがキスで悩むこと

彼と身長差があってキスする時に悩むことは、不意打ちでキス出来ないことでしょう。

背が高い彼は頼りがいがあり、守られている感じが魅力的ですが、だからこそ対等な恋愛をしたいし、自分のタイミングでも好きの気持ちを表現したいですよね。

 

「いつも彼からキスしてくるばかりでズルい!」なんて思ってしまうのは、それだけ彼のことが好きで、自分だけドキッとさせられて悔しいという気持ちもあるからでしょう。

たまには不意打ちのキスで、ドキッとした彼の表情も見たいものですよね。

 

では、愛らしい彼をドキッとさせるキスの方法について見ていきましょう!

身長差カップルがキスする方法

身長差カップルがキスする方法

「いつも上から見やがって~」なんて可愛らしい彼への気持ちを、ドキッとさせるキスの方法で表現しちゃいましょう!

背が高いからといってからかってくる彼だって、彼女に不意打ちのキスをされたら思わずキュンとしてしまうものです。

時には大胆に、もっと愛される彼女を目指して仕掛けていきましょう!

 

背伸びしてキス

身長差カップルのオーソドックなキスになりますが、身長差があまり大きくない場合は女性が背伸びしてキスしてあげることも出来ます。

 

また、少し高めのヒールを履けば身長差を埋めることが出来ますので、靴選びも大切なポイントです。

 

ただ、背伸びをしているので足に力が入ってしまい、あまりリラックスしてキス出来ないのがデメリット。

足元だけ見れば可愛く思える背伸びのキスですが、勢い余ってぶつかったなんてこともありますから、背伸びと一緒に「キスして!」と彼を誘って、キスが始まったらリラックス出来る体制に変えていきましょう。

 

かがんでもらってキス

経験ある方も多いかと思いますが、背伸びするのはつらいので、彼にかがんでもらってキスしてもらうと良いでしょう。

 

ただ、彼がかがんでくれないことには不意打ちのキスが出来ないので、少しテクニックが必要になる場合も。

「ねえねえ、ちょっとしゃがんで」「どれくらいしゃがんだら、私と同じ身長になるかな」とキスを意識させないように誘導するのも一つ。

もしくは、「キスしたいからしゃがんで!」と可愛くおねだりするのもオススメです。

 

キスのおねだりは女性を可愛く演出してくれるもの。

コチラの記事も参考にしてキスを誘ってみて下さいね!

⇒ 彼女からキスを誘うのもアリ!キスをおねだりする【7つの方法】

 

座ってキス

椅子やソファなどに座れば、身長差が無くなるのでキスもしやすくなるでしょう。

座っているからといって外の場合は他の目が気になってしまいますが、お家デートであれば不意打ちキスのチャンスがたくさん隠れていますよね。

 

「今日はお休みだから、たくさんキスしてね!」と予め伝えておくと、可愛い彼女にキュンとしてしまうでしょう。

また、それを利用して、「キスしてこないから私からキスしちゃった!」と、積極的に甘えたい気持ちをアピールするのも良いでしょう。

 

映画のロマンチックなシーンを一緒に見ながらキスなんてシチュエーションもありますが、彼との大切な一日にしたい場合は自分から仕掛けていくことも重要です!

 

彼の膝に乗ってキス

座って隣同士でするキスも良いですが、甘えたい気持ちを素直に表現して、彼の膝の上に乗ってキスするのも可愛く思えます。

 

せっかくのお家デートなのに、スマホをいじってばかり、ゲームをしてばかりの彼の視線を奪って、大胆に甘えてみると良いでしょう。

少し頬を膨らませて、「ハグ!」「キス!」と伝えてあげて下さい。

 

ただ、彼が他のことに集中しているのを遮らえて怒ってしまう可能性もありますので、甘えるタイミングだけは間違えないようにして下さいね。

 

バックハグからキス

座っている彼に対し後ろからバックハグをして、「ねえ、キスしていい?」と甘えてみると、彼も思わずドキッとしてしまうでしょう。

 

後ろ斜めからのバックハグですから、自然に彼の耳も近くにありますので、耳元で囁かれる彼女の可愛い声にドキッとしない男性はいないでしょう。

 

少し心理学的要素を入れるのであれば、男性の左側や左耳に対して甘えた方が効果的かと思います。

左耳からの情報は右脳=感情的に働くからです。

 

バッグハグは色んな心理が隠れているコミュニケーションです。

コチラの記事も参考にして頂きながら、彼とのバッグハグを楽しんで下さいね!

 

段差を利用してキス

階段やエスカレーターなどの段差で身長差を埋めてキスする方法も。

いつもは下にいる彼女が、上からキスしてくることにドキッとしてしまう男性は少なくありません。

 

ただ、階段やエスカレーターとなると、イメージしたように人の目があるとキスするのは難しくなってしまいます。

予め周りに人がいるかどうか確認しておき、キス出来るタイミングがあれば勇気を出してキスしてしまいましょう。

 

もし見られたとしても、「見られちゃったね!」ぐらいにフォローしてあげると、男性側もキュンとしてしまうはず。

人に見られたかもしれない場所でキスをしてしまったという二人だけの秘密は、二人の距離をグッと近づけてくれるキッカケにもなるものです。

 

お姫様抱っこでキス

シチュエーションや男性にもよりますが、おとぎ話のようにお姫様抱っこでキスしてもらうというのも一つの方法。

 

お姫様抱っこは、恥ずかしいけど女性の憧れでもありますよね。

もしお姫様抱っこしてもらえることがあったら、彼の首に手を回して「キスして!」と可愛くおねだりして下さい。

 

男性がお姫様抱っこをしたということは、ロマンチストであり、ロマンチックな一日にしたい気持ちがあるはずです。

彼の気持ちに乗ってあげながら、甘い一日を過ごしてみてはいかがでしょうか!

 

寝転んでキス

お互い寝転んだ状態であれば、身長差を気にせずキスすることが出来ますよね。

寝る前のキス、おはようのキスなど、身長差を感じない彼との近い距離を大切にして甘いキスの思い出をたくさん作りましょう。

 

キスをした後は彼の腕枕や胸に顔を添えて、彼の優しい温もりと安心感に包まれながら、彼と一緒にいれる幸せを感じて下さいね!

 

色んな場所にキス

キスといえば口唇同士が重なり合うことをイメージしますが、口唇以外にもキス出来ますよね。

ほっぺや耳、手や胸など、身長差があるからこそ彼にとって可愛く見えるキスの場所もあります。

 

彼から口唇以外にキスされて嬉しかった経験もありますよね?

その気持ちをお返しするように、彼の色んな場所にもキスしてあげましょう!

 

キスの場所の意味はコチラの記事で紹介してしますので、併せて参考してみて下さい!

⇒ キスの場所の意味は?一覧と部位別に分かる【28の男性心理】

 

身長差カップルだから楽しめるキス

不意打ちのキスを始め、身長差があるからこそ困ることもありますが、身長差カップルだからこそ楽しめる恋愛もあります。

 

「私は背が低いから…」なんてネガティブな考えはやめましょう!

アナタであるから彼は好きなのであり、コンプレックスだと感じているのであれば、それを彼にぶつけるのは彼と真剣に向き合っていないことにもなってしまいます。

 

彼のことが大好きな気持ちは素直に伝えていけば良いものです。

それを受け入れてくれる彼は、きっとアナタを大切にしてくれるでしょうから、あまり不安を感じ過ぎず、彼の時間を大切にしてあげて下さいね!