遠距離恋愛となると、彼氏と会えない不便さや苦労が募って不安になってしまいがちです。

確かに苦難はつきものですが、遠距離恋愛を乗り越えるためのコツと秘訣を掴んでいけば、更に素敵なカップルへと成長していけるでしょう。

今回は、「連絡編」「デート編」「心構え編」の三本立てで、彼氏との遠距離恋愛を長続きさせるためのコツと秘訣についてご紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

遠距離恋愛のコツと秘訣【連絡編】

まずは、彼氏との連絡ややり取りにおける遠距離恋愛のコツと秘訣をご紹介します。

彼氏と会えない遠距離恋愛だからこそ、最も大事にしたいコミュニケーション。

些細な事が良くも悪くも色々な方向に進展してしまう遠距離恋愛だからこそ、今一度初心を思い返すためにもチェックしてみて下さいね。

 

連絡はマメに取る

遠距離恋愛ではメールやLINEなどを活用して、こまめに連絡を取り合うことが長続きの秘訣です。

こまめにといっても、ダラダラと長い文章を一日に何回も送ったり、あまりにも内容が簡素だったりすると、相手を疲れさせたりガッカリさせたりしてしまいます。

彼氏の負担にならないように気持ちがこもっていて、それでいてすぐに読めるような内容を送るのが遠距離恋愛のコツと言えます。

 

「おはよう」や「おやすみ」、「今日も頑張ろうね!」や「今日もお疲れ様」などのあいさつや労いの言葉を可愛い絵文字やスタンプで送るのも良いですね。

相手からの一言一句が大切に感じられるのも遠距離恋愛だからこそ。

内容は短くても良いので、離れていても相手の事を想っていることが伝わるように心掛けましょう。

 

しかし、マメな連絡をするとしてもどちらかだけが一方的にしていては、「私ばっかり」や「オレが送っているのに」と不満を感じてしまうことにもなりかねません。

また、マメな連絡と一言でいってもその感覚は人によって違います。

1日1回で十分という人もいれば、1日に3回は連絡がないと不安という人もいるでしょう。

ですから、お互いがどれくらいの頻度で連絡を取り合うかなどを、事前に話し合っておくことをオススメします。

 

ただ、細かくルールを決めてしまうと、そのルールに縛られて息苦しくなってしまうこともあります。

「挨拶メールは送ることができる時はなるべく送ろうね。」とか、「今伝えたい!と思ったことは遠慮なくメールしよう。」などと、臨機応変に対応できるような認識をお互いが共有できているとトラブル回避に繋がります。

このように、遠距離恋愛ではこまめな連絡のやり取りと、それを行う上でのお互いの認識の共有が、長続きの秘訣と言えるのです。

 

日常の出来事を共有する

マメに連絡を取り合うことにも繋がりますが、日常の出来事を共有し合うことも遠距離恋愛が上手くいく秘訣と言えます。

遠距離恋愛では、それぞれが仕事や学校など自分の日常生活を持ち、会うこともなかなかできないため、お互いの生活が見えにくい状況となってしまいがちです。

相手が普段どのような生活を送っていて、どのような交友関係を過ごしているのか知らないままでは、不安になったり、相手を疑ってしまったりすることもあるでしょう。

そうなってしまうと、疑心暗鬼になって相手を責めたりして、ケンカの原因にもなってしまいます。

 

そうならないためにも、普段からお互いの日常の出来事をオープンに話し合うようにすると良いでしょう。

お互いが何でも話せるようにすることで、安心感だけでなく、信頼感も生まれます。

仕事や学校の話や友達のこと、今日食べたランチのことでも構いません。

普段からお互いの生活環境を共有し合うことで、たとえ離れていても相手をより近い存在に感じることが出来るでしょう。

 

しかし、何でもオープンに話せば良いというワケではありません。

たとえただの友達だとしても、身近な異性の話題は話さないようにするのが大切です。

遠距離恋愛ではほんの少しの不安が致命傷になることもあります。

どんな小さな不安でも、相手に植え付けないことが遠距離恋愛を長続きさせるコツと言えるでしょう。

 

画像を送ってあげる

メールやLINEなどの文字も良いですが、時には画像を送るのも遠距離恋愛では上手くいく秘訣と言えます。

アナタが彼氏に会いたいと思うように、彼氏もアナタに会いたいと思っています。

しかし、すぐに会えないのが遠距離恋愛のツライところ。

そんな時にもらうと嬉しいのが、相手が写った画像です。

アナタが友達と笑顔で写っている画像や今いる場所やしていることなどを画像で送るのです。

彼氏は笑顔のアナタを見て同じように嬉しく思ったり、アナタの今の状況を知ることで安心したりできることでしょう。

 

逆に彼氏から画像が届くと、彼氏の顔を見られる喜びと自分に送ってくれた喜びで、安心感が生まれます。

画像は遠距離恋愛で大きな課題ともいえる“不安”を吹き飛ばすのに、とても効果的と言えます。

「資格の勉強してるよ~」と勉強グッズの画像を送れば自分も頑張ろうとお互いを励まし合えますし、「今日はカレー作ったよ」と手料理の画像を送れば、家庭的なアナタの姿を思い浮かべることでしょう。

 

しかし、何でも撮ってガンガン送るのは画像の値打ちが下がりますし、彼氏も反応に困ってしまいます。

その辺の景色や友達のペットなど、彼氏が見てもあまり共感できない画像を送るのは控えて、あくまでもお互いが共感できる画像を送るのが、上手な遠距離恋愛のコツです。

 

テレビ電話を利用する

前述の通り、画像を送り合うことはお互いの安心感を高めるのには効果的と言えます。

しかし、遠距離恋愛では突然ものすごい不安に駆られたり寂しくなったりすることもあるのではないでしょうか。

そんな時に利用したいのが、skypeやfacetimeなどのテレビ電話です。

ひと昔前とは違い、今は離れていてもリアルタイムで顔を見ながら話すことがでるようになりました。

たとえどちらかが海外にいたとしても、顔を見ながら話せるのですからぜひ活用したいツールの1つです。

 

同じ言葉でも文字で伝えるのと、顔見ながら伝えるのでは、伝わり方も変わります。

お互いの気持ちを顔を見ながら伝え合えると、リアルな反応を見ることができるので、気持ちもストレートに伝わることでしょう。

このように顔を見ながら話すということも、遠距離恋愛を上手くいかせる秘訣と言えます。

 

しかし、突然テレビ電話を始めては、相手の状況もあるので迷惑になってしまうこともあります。

せっかく顔を見ながら話せるテレビ電話ですから、ゆっくりと落ち着いた雰囲気で話したいですよね。

ですから、テレビ電話をする際にはあらかじめお互いで時間を決めておくのが、スムーズなやり取りができるコツと言えます。

「今度の金曜の〇時頃にテレビ電話しようね」とあらかじめ決めておけば、その時間までに用事を済ませることもできますし、何より楽しみがあるということはそれまでの時間もワクワク過ごすことができます。

このように、遠距離恋愛を続けていくうえで、テレビ電話などのツールも上手に活用していくと良いでしょう。

遠距離恋愛のコツと秘訣【デート編】

続いては、遠距離恋愛のデートに関するコツと秘訣について見ていきましょう。

遠距離恋愛だからこそ、貴重なデートの一日はより素敵で楽しいデートにしたいですよね。

二人にとって大切な一日を過ごすためにも、デート編のコツと秘訣も併せてチェックして下さい!

 

デートの日は特別な一日に

なかなか会えない遠距離恋愛だからこそ、デートの日は特別な一日にしたいものです。

限られた貴重な時間の中で、いかに濃くて充実した時間を過ごせるかも遠距離恋愛を成功させる秘訣と言えます。

“その辺のレストランで食事して何となくプラプラして終わり”では、貴重な二人の時間がただ会っただけという結果に終わってしまいます。

確かに、遠距離恋愛では「隣りに居れるだけで幸せ」「一緒に食事できるだけで幸せ」と感じてしまうため、普通に過ごすだけでも十分満足な気持ちになれることでしょう。

 

しかし、遠距離恋愛では二人一緒の思い出を作る機会も、近距離のカップルに比べて少なく、難しいのも事実です。

せっかく彼と会えるのですから、その日を特別な一日にしようと意識するのも、遠距離恋愛で楽しいデートを過ごすコツとい言えます。

会える日までに、電話やメールでデートの計画を練るのも良いでしょう。

「どこに行く?」「何を食べる?」と話し合うところから、デートが始まっているのです。

食事をするレストランをちょっと贅沢にしてみたり、普段行かないような日帰りスポットまでドライブしたり、デートを思い切って旅行にしてみるのもステキですね。

二人で過ごした全ての日が素晴らしい思い出になるように、お互い意識し合えることが遠距離恋愛では大切でしょう。

 

さらに二人の時間を特別な一日にするためにも、常に笑顔を心がけ、ネガティブな言葉は言わないように心がけるのも、遠距離恋愛のデートを楽しくするコツと言えます。

せっかく一緒にいるのに彼への愚痴や遠距離恋愛の不満などネガティブな話ばかりをしては、楽しい雰囲気が台無しです。

また、楽しい時間を過ごせば過ごすほど、離れる時はツライもの。

だからといって、大泣きしたり、「帰りたくない」などとワガママを言ったりして相手を困らせてしまっては、今後会うことすら彼を憂うつに感じさせてしまいます。

せっかくの二人の大切な時間です。

お互いが相手をさらに愛おしく思えるような、そんなステキな時間を過ごせるように心がけたいものですね。

 

次回会う予定を立てる

遠距離恋愛のデートでは、デート中に次に会う日を決めたり、次回のデートプランを話し合ったりするのもステキなデートにするコツと言えます。

楽しいプランを話し合うというのは、誰でも心がウキウキしますよね。

目の前にいる彼氏と、一緒にパンフレットや雑誌を見たり、街中のポスターを見たりして「ここ行きたいね」「今度これ観たいね」と話し合うのも良いでしょう。

会っている時に話せるのは、メールや電話と違って時間や場所なども詳細に決めやすいため、約束もスムーズにできます。

 

また、たとえ詳細なデートプランを決められなくても、「次は〇月〇日に会おうね」と次回会う約束ができるというのは、再び離れる二人にとって何よりも心の励みになります。

次にいつ会えるか分からないまま別れるのと、次にいつ会えるか決まっているのとでは、帰り道はもちろん、次回まで過ごす間の気持ちが全然違います。

「あと〇日頑張れば、彼に会える」と思えるのは、日々の生活の活力にもなりますし、寂しい気持ちを少しでも和らげてくれることでしょう。

このように、常にお互いが前向きな気持ちを持ち続けることが、遠距離恋愛が上手くいく秘訣と言えるでしょう。

 

炊事・洗濯・掃除で彼氏を癒やしてあげる

彼がひとり暮らしの場合、炊事・洗濯・掃除など生活のサポートをすることは、遠距離恋愛の彼と長く付き合うコツであると言えます。

ひとり暮らしの彼は忙しい仕事と毎日の家事で疲れることもあるでしょう。

そこで美味しいご飯を作り、溜まっている洗濯物を洗濯し、部屋を掃除して彼を労わってあげてください。

デートのたびに家事をするだけではアナタが楽しくなくなってしまうと思いますが、アナタが彼の家に行く時の2回に1回など、無理のない範囲で行うのが継続させる秘訣です。

遠距離恋愛で知らないことも多い彼の生活が垣間見える良い機会にもなるでしょう。

 

アナタと過ごす休日は楽しく心安らぐものであると感じることで「○○(アナタ)と結婚したら幸せになれそう」「毎日○○(アナタ)が居たらいいのにな」と結婚を意識するキッカケになり得ます。

ただし、彼に手伝いをさせて「家事の分担」など彼に負担がかかる内容を連想させないのがコツですね。

家事をしてもらうことをプラスに感じる様くつろぎと安らぎを提供し、彼にアナタが居てくれることを感謝する気持ちを持たせることが大切です。

遠距離恋愛を気持ちよく過ごす秘訣は、お互いに気遣う気持ちを持つことではないでしょうか。

 

定期的に直接会う努力をする

遠距離恋愛に限らず、恋人同士が上手く関係を続けるコツは直接会うことです。

連絡手段としてLINEやメールがありますし、Skypeでは顔を見て話すこともできますが、それだけでは物足りなくなってくるでしょう。

人には「直接愛情と体温を伝えられる距離」が必要と言われます。

Skypeなど顔を見て話しをすることができても、直接会って触れることができる安心感には勝てないのです。

 

「仕事が忙しくて時間がない」「疲れているからまたにしよう」など、あまり会えない日々が続き不安や寂しさが大きくなると「遠くにいる彼氏」よりも「身近にいる会える人」に気持ちが傾いてしまいがちです。

遠距離恋愛では会おうと思ってもすぐに会えるとは限りません。

お互いの都合もあると思いますが、短時間だとしても「一か月に一度は会おう」「2か月以上は間を空けないようにしよう」など努力することが定期的に会う機会を作る秘訣です。

 

例え短時間でも、会えれば嬉しいものですよね。

ですから、「少ししか会う時間がないし・・・」「ゆっくり会える日にしようよ」なんて思わず、会える機会がある場合には積極的に会うようにしましょう。

会う回数や時間は「もう少し一緒にいたいな」「次はいつ会えるのかな」など感じるくらいが丁度よいのではないかと思います。

すぐにまた会いたくなりますし、次に会えるまでの間はお互いのことを考えて過ごすでしょう。

会える時には短時間でも会おうと心掛けることが、長続きする遠距離恋愛のコツですね。

 

出費負担については相談し合う

遠距離恋愛では、デートする時の交通費や宿泊費などが結構負担になりますよね。

「今月はお金がないから会いに行けない・・・」「彼に来てもらうばかりでは申し訳ない・・・」と、片方だけが会いに行くことが続くと金銭面だけでなく不満が募る原因になりますので、どちらが会いに行くのか相談が必要になるでしょう。

どちらか片方ばかりが努力していると感じるとストレスが溜まります。

「会いたい」と思う恋心よりも「負担がかかる」という考えが勝ってしまうと長続きしませんので、出費負担の軽減と不満解消ができるようにするのがコツですね。

 

お互いの家に会いに行く場合、会いに行く人が多く負担することになると思いますが、お互いの家の中間地点でデートするというのも一つの手です。

その際にには、お互いに同じくらいの交通費を負担する場所を選ぶのがコツです。

いつもと違う場所でデートすることで気分も変わり楽しく過ごせるメリットもあります。

負担する金額について相談しながら場所やデートプランを考えることで気持ちの一体感が得られるでしょう。

金銭感覚や金銭管理は、遠距離恋愛を続けていくだけではなく、将来結婚を意識する上でも重要になりますので、二人で話し合い、使い道や金額を考えることは大切なことです。

遠距離恋愛では金銭的負担は避けられませんよね。

将来的なお付き合いを判断する秘訣はアナタと彼の金銭感覚が違い過ぎていないか、話し合いができる人であるか確認することだと思います。

遠距離恋愛のコツと秘訣【心構え編】

最後に、遠距離恋愛における心構え編として、より魅力的なカップルとして成長していくためのコツや秘訣について見ていきましょう。

遠距離恋愛においても、心構え一つでマイナスに転じることもありますが、プラスに転じることもあり、その心構えは遠距離恋愛ならではの困難を解決に導くカギともなり得ます。

自分にとっても彼にとっても素敵な恋愛になるよう、総集編としてチェックしてみて下さいね。

 

会話はなるべくポジティブな内容を心掛ける

遠距離恋愛では、彼氏と直接話せる時間がなかなか少なくなってしまいがちです。

せっかく彼と話せる貴重な時間ですから、内容は明るく楽しい話題にしたいものですよね。

例えば、アナタが会社で嫌なことがあって彼に話を聞いてもらいたいとしても、「会社に嫌な人がいてさ~」「ほんとムカつくんだよね」など、愚痴ばかりを聞かされては暗い気持ちになってしまいます。

愚痴をこぼしてはいけないということではありませんが、「仕事が大変で少し疲れてたけど、○○(彼)と話してたら元気が出たよ」という感じで、愚痴を言った後でもポジティブで明るい方向に持っていくよう心掛けましょう。

 

会話を明るい印象で終わらせる秘訣として、「終わり良ければ総て良し」ということわざがあるように、明るく前向きな会話で終わるのがポジティブな印象を残すコツです。

愚痴や暗い話で終わると暗い印象を与えてしまいますので、最後に愚痴をこぼすのは避けるようにしましょう。

「話せてよかった」「○○と話すのは楽しいなぁ」と思えると、またお互いに次も話したいという気持ちが残ります。

遠距離恋愛を続ける秘訣には、お互いを求める共通の気持ちを持つことが重要です。

 

寂しさは伝えることも我慢することも大切

遠距離恋愛で寂しい気持ちになることは多いですが、明日も仕事という日の夜に「今すぐ会いたいの!好きなら会いに来てよ!」など、相手を困らせるような要求はただのワガママになってしまいます。

彼氏もアナタに会いたい気持ちは同じようにあると思いますので、駄々っ子のような要求をするのは抑えた方が良いでしょう。

暇な時間は良くないことを考える隙を与えてしまいがちです。

彼のことを考えてばかりで時間が過ぎてしまうこともあり得ますよね。

遠距離恋愛でなかなか会える時間がないのであれば、一人で過ごす時間を充実させることも併せて考えましょう。

仕事に集中して打ち込む、趣味を見つけて極める、資格を取る勉強をする、エステなどに行き外見を磨く、など手段は問いませんので、アナタの時間を充実したものにすることが遠距離恋愛を楽しむ秘訣です。

益々輝くアナタを見たら、彼が会いに来る回数も増えていくことでしょう。

 

しかし、寂しさや不安を溜め込んでいるばかりでは耐え切りなくなってしまいますので、寂しい時は「寂しいな・・・」「早く会いたいよ」など相手に素直な気持ちを伝えることが大切な時もあります。

彼も「僕も寂しいよ」「次はいつ会えるかな」と同じような気持ちを返してくれれば、少しは気持ちが落ち着くでしょう。

寂しいことも今すぐ会えないこともすぐに解決することは出来ませんが、彼と同じ気持ちを共有しているということが二人の絆を深める秘訣です。

遠距離恋愛では寂しさだけでなく楽しい、嬉しいなど様々な感情についても気持ちの共有をすることが二人の関係を良好なものにするでしょう。

 

不安による悪循環を避ける

知らないことに対して人は不安を感じやすいものです。

遠距離恋愛で離れていると「今、何しているんだろう」「誰といるのかな」など不安になることが多いですよね。

あまりに不安が続いてしまうのであれば、彼の部屋、会社の場所、お気に入りの店など、彼の生活している場所を訪れて知るのも不安を軽減するコツの一つです。

「彼のあの部屋から電話しているんだなぁ」「今日は会社で残業なんだね」と、知っている場所や想像ができることがあると不安は大幅に減ると思います。

 

遠距離恋愛での最大の敵となる浮気を心配する人も多いでしょう。

「他の女性といるのかな」「浮気してるかもしれない・・・」など、遠距離で確認できないことから疑心暗鬼になるかもしれません。

疑う根拠や証拠があるのであれば疑う気持ちもわかりますが、何の証拠もなく疑うのはトラブルの元です。

彼が浮気していないのに疑われた場合、自分のことを信用してくれないアナタを信頼できなってしまい、それがキッカケで浮気に走るという最悪の結果を招いてしまうことも。

浮気していない彼は「浮気していない」と言うしかないのです。

「浮気している証明」をするよりも「浮気していない証明」をする方が難しいので、彼が「浮気していない」と言うのなら信じましょう。

 

彼が自分の目の届かない場所にいると「今何してるの?」「昨日は何で連絡くれなかったの?」など、細かく口を出してしまうことがありますよね。

気になるけれど確認できないことから質問してしまうのでしょうが、彼を疑う明確な理由がない限り必要以上に詮索するのを控えるのが信頼関係を築くコツです。

やましいことがないのに詮索されるのは気分よくありませんよね。

好きな人が近所ではなく遠くに住んでいるだけで人間関係の大切な部分は変わりありません。

遠距離恋愛でもお互いを信じる事、安心感が良い関係を作る秘訣と言えます。

 

身近な異性の話題は出さない

遠距離恋愛はお互いの信頼関係があってこそ成立する恋愛形態です。

たとえ離れていても「彼(彼女)なら大丈夫!他の人に目移りしてしまうなんてことはきっとない。」と相手を信じることで、お互いを想い合えるのです。

ですから、遠距離恋愛を長続きさせるコツとして、お互いが身近な異性の話題を出さないように気を付けることが大切です。

 

遠距離恋愛ではほんの小さな不安でも、2人の関係を揺るがしてしまう原因になってしまうことがあります。

その中でも、身近な異性の存在というのは、お互いどうしても気になってしまいがちです。

隣の部屋の人、会社の同僚に先輩や後輩、友達の友達に至るまで、自分の知らない異性というのは「もしかしたら・・・。」と想像が膨らんでしまうこともあるでしょう。

アナタが身近な異性に対して、友達(もしくは知り合い)以上に絶対になり得ないと分かっていても、彼氏からすればアナタの側にいる異性に変わりありません。

「今日、同僚の〇〇君がさ~。」というアナタにとって他愛のない内容でも、彼氏からするととても不安になってしまいます。

 

逆に彼氏にも同じことが言えます。

彼氏にとって「絶対に好きになることはあり得ない!」という女性の話でも、アナタからすると彼氏の身近な女性であり、自分の知らない彼氏の姿を見ることができる存在であることは間違いありません。

その話題について傷ついたり、不満を言ったりしても彼氏からすると「絶対にありえない子なのに、何怒ってるの?」と思うだけです。

むしろ「オレのこと信じられないの?」というように、かえって相手を怒らせてしまいかねません。

 

どれだけお互いが信じ合えていても“不安”というものは、たとえ些細なことであってもマイナスな方向に進めやすくしてしまう材料となります。

相手を不安にさせないためにも、お互いが身近な異性の話をしないように気を付けることが、遠距離恋愛の秘訣と言えるでしょう。

浮気していないことをアピールする

遠距離恋愛ではお互いが浮気していないことをアピールし合うことも、上手な遠距離恋愛のコツと言えます。

アピールすると言っても「私は浮気していません。」と唐突に言うのは、「いきなりどうしたの?何か隠しているの?」と逆に浮気を疑われてしまいます。

電話やメールなどの何気ない会話の中で、浮気どころか彼氏(彼女)以外の異性の影が全くないと感じさせるような内容を伝えることが、“浮気していないアピール”のコツと言えるでしょう。

 

「今日は○○ちゃんがウチに遊びに来てるよ」と画像付きのメールを送ったり、日々の生活の中で異性の存在が全く出てこない話題を話したりすることで、相手を安心させてあげるのも良いでしょう。

お互いの日常生活の中に異性の存在がないことが分かれば、浮気を疑うことはまずありません。

 

さらに相手への想いを伝え合うことも、浮気をしていないアピールのコツと言えます。

アナタの生活から異性の影が見えないうえに、「大好き」や「早く会いたいね」など相手への想いを伝えれば、「オレのことだけを想ってくれているんだな」と彼氏は安心してくれます。

遠距離恋愛では、“不安”が心の乱れになるのに対し“安心”は何よりも心の支えになります。

ですから、浮気はあり得ないという不安を取り除き、恋人しか見えないという安心を与え合うことが、絆を深める秘訣と言えますね。

 

ルールは細かく設定しない

お互いの生活が見えにくい遠距離恋愛では、ある程度のルール設定がなければお互いの気持ちを確かめ合うタイミングを合わせることが困難です。

ルール無しではお互いの気持ちにすれ違いが生じるキケンもあります。

そのため遠距離恋愛を長続きさせるには、ある程度のルール設定をするのがコツとなります。

 

ルールと言っても、前述したようにポジティブな話題を話すようにしたり、異性の話題は出さないようしたりするなど、暗黙のルールのようなものから、“週に○回は電話しよう”や“メールは一日に最低○回は送り合おう”など、お互いで話し合って決めるルールがあります。

暗黙のルールは、お互いが相手の事を想うがゆえに自然にできたルールですが、話し合って決めるルールは二人の価値観を合わせることで成立することがほとんどです。

電話やメールの回数や時間帯、会う回数や場所については、お互いの価値観が同じでなければ、どちらかが負担を感じてしまいます。

たとえばアナタが週に4回は電話したいと思っても、彼氏は仕事の都合で2回くらいが適度だと思うこともあるでしょう。

また、彼氏からメールは1日に最低5回と言われても、それを多いと感じる人もいれば、少ないと感じる人もいることでしょう。

お互いがそれぞれの価値観や生活サイクルを持っているので、もし回数を決めるのであれば二人にとってちょうどいいルールを設定するのがコツです。

 

また、電話やメールの回数にも繋がることですが、あまり細かいルールを設定しないことも、遠距離恋愛が上手くいく秘訣と言えます。

何らかの事情で忙しくなったり、生活サイクルが変わったりしてしまえば、決められた回数を守れなくなることもあるでしょう。

ルールでガチガチに縛ってしまうと、どちらかが二人の関係に負担を感じてしまう可能性があります。

どのルールも“絶対”ではなく“可能であれば”のように柔軟にしておくのが良いでしょう。

 

同様に“メールの返信は○分以内”、“○曜日は絶対に2時間の電話”など、細かいルール設定をしてしまうのも、控えた方が良いでしょう。

細かいルール設定は、相手と確実に繋がることができる安心感よりも、お互いを縛り合う束縛感をより強くしてしまいます。

束縛はお互いの信頼を失わせる原因にもなります。

お互いが相手を想い、深い絆で結ばれていれば、細かいルールを決めなくても心は繋がっていられるはずです。

“ルール設定は、お互いがスムーズに想いを確かめ合うためのタイミング作り”くらいに考えるのも、遠距離恋愛を長続きさせるための秘訣と言えるでしょう。

 

会えない時間は女磨きのチャンス

遠距離恋愛は、会いたいけれど頻繁に会えないのが辛いですよね。

しかし、好きに使える時間が多くあるということをメリットだと捉える事で、遠距離恋愛をより良いものにする秘訣となるのではないでしょうか。

自分の時間を楽しむコツは好きなことをすることだと思います。

デートのために急いで仕事を終わらせる必要がないので好きなだけ仕事に打ち込めます。

夢中になれる趣味があれば楽しむ時間は十分ありますし、スポーツやヨガなど体を動かすことは集中力を養い、雑念を祓うことに向いています。

彼に会えない寂しさばかり考えていてはアナタの魅力が減る一方ですから、何かに集中するのが魅力を保つコツと言えるでしょう。

 

彼に連絡するたびに「寂しい」「会いたい」ばかり言っているよりも、「仕事で新しい企画を任されたんだよ」「今度テニスの大会があるから練習頑張ってるんだ」など、楽しく話をするアナタと話したくなりますよね。

そして、「彼が知らない頑張っているアナタ」はとても魅力的であり、もっともっと知りたいと思わせる女性に映るのではないでしょうか。

男性は依存されたり追いかけられるよりも、追いかけたくなる狩猟本能が勝る傾向にあるとされています。

会うたびにキラキラと輝くアナタを「離したくない」「またすぐに会いに来るよ」と彼に思わせれば、遠距離恋愛も怖くありません。

デート前に髪形を変えてイメージチェンジ、エステでピカピカのお肌になるのも素敵ですよね。

魅力的な女性を手放したい男性はいませんから、遠距離恋愛の成功の秘訣は女磨きは欠かせません。

⇒ 本気で愛される彼女は違う!手放したくない【7つの特徴】

⇒ 彼女を大切にしたいと思う【7つのタイミング】と【6つの行動】

 

感謝と思いやりの気持ちを持つ

直ぐに会える距離の恋愛に比べて、遠距離恋愛はお金がかかるなど負担に感じることが多くありますよね。

電話代やデートの時の交通費、宿泊費、食事代やレジャー費など合わせると一度のデートでかかる金額は安くないでしょう。

アナタが会いに行くことがあれば、デート一回にどのくらいの金額が必要となるのか、会いに来るのにかかる時間など想像がつくと思います。

 

遠距離恋愛では「喧嘩が増えた」「連絡する回数が減った」など、お互いの意思疎通が上手くいかないために気持ちが離れる原因が増える傾向にあります。

解決するコツは不満を言うのではなく、感謝と思いやりの気持ちを言葉にしていきましょう。

遠距離恋愛で感じる負担を知っているのなら、「食事代は男性が払うもの」「彼氏だから会いに来てくれて当然でしょ」ではありませんよね。

アナタが「彼女なんだから会いに来いよ」なんて当然のように言われたら悲しくなりませんか。

「遠いし、時間がかかるし、お金がないし・・・」という場合もあるでしょう。

相手も同じで「遠くて、時間がかかって、お金がない」場合があると思います。

遠距離恋愛の秘訣は、相手への感謝と思いやりの気持ちを表すことです。

ごちそうしてもらったら「ありがとう」、会いに来てくれたら「嬉しいな」「次は私が会いに行くね」など、言葉にして伝えるのがコツですね。

アナタが言われて嬉しい言葉は、彼も言われて嬉しい言葉なのです。

お互いに相手を尊重し合えば、感謝と思いやりを忘れないのではないでしょうか。

遠距離恋愛だけでなく、人と長く付き合う上でも、長続きする恋愛をする上でも大切な秘訣と言えるでしょう。

⇒ 長続きするカップルの秘訣!仲良しカップルの【13個の特徴】

 

遠距離だからこそ気持ちは素直に伝える

お互いに好きだからこそ遠距離恋愛でもお付き合いを続けているかと思いますが、わかっていても好きな気持ちを言葉にすることはとても大切です。

直接会って、表情を見て声を聴いて、肌で感じる機会が少ない遠距離恋愛の場合、大袈裟なくらいの愛情表現をするのが気持ちを伝えるコツでしょう。

「彼は私のことを好きだな」「今日は機嫌が悪いみたい」など、直接相手の存在を感じるだけで伝わる気持ちもありますよね。

その伝わる機会が「すぐに会える距離の人」に比べて少ないのですから、「○○くんと会えた今日は最高の日だよ」「大好き~!!(飛びついてハグする)」など、すぐに会える場合の愛情表現より1.5倍くらいの表現をするのが相手に気持ちを伝える秘訣です。

 

お付き合いも長くなると「好きなんて言わなくてもわかるでしょう?」「離れていて寂しい気持ちに気付いてよ!」など、彼がわかってくれないことに不満を持つようになりがちです。

ですが、相手の心が読めるエスパーでもない限り「言葉に出さないアナタの気持ち」は伝わらないのです。

会えない時は「会えなくて寂しいな・・・」など、LINEやメールで可愛く伝えてみるのも良いでしょう。

但し毎週や2~3日おきなど頻繁に伝えると相手をするのが面倒くさく感じてしまうので、時々甘えるのがコツです。

「離れてみると、やっぱり○○くんが好きって改めて思うなぁ」など、ぽろっと口からこぼれてしまった様に電話でも気持ちを出すのはいかがでしょうか。

ストレートに伝えるのも良いですが、いつも同じ「好き!」と言うだけでは相手も「いつものことか」と慣れてしまいます。

ワンパターンにしない秘訣は、手紙やカードを送るなど遠距離恋愛ならではの方法も利用することです。

素直な気持ちをどんどん伝えていきたいですね!

 

遠距離恋愛が「成長」させてくれるもの

遠距離恋愛においては、彼氏と会えないこと、目に見えない不安、それから来る疑心といったマイナスな材料が二人の前に障壁として立ちはだかります。

ですが、その「不安」を少しづつ乗り越えていくことで、それぞれ個人が成長していき、二人の絆はより深まっていくものでしょう。

例え、将来お互いが違う道を歩むことになったとしても、それは遠距離恋愛を通じてアナタが努力したからこその結果であり、自分自身を褒めてあげるべき成長の証とも言えます。

遠距離恋愛特有の障壁は様々ありますが、恋愛における基本的な部分に違いはありません。

寂しい、つらいという主観的なマイナス感情を抱え込んでいるだけでは、アナタも二人の関係も成長はしていきません。

彼との連絡の言葉、彼との貴重なデートの時間、彼を想う素直な気持ち、それぞれを一つずつ大切にして、ゆっくり少しづつ二人で進んでいきましょう。