バストアップに関する情報はたくさんありますが、それがバストアップのウソかホントかを見分けるのは難しいもの。

バストアップに良いとされる食べ物やマッサージ、サプリやクリームなど、ウソではないとしても効果がホントであれば、多くの女性がバストに関して悩みを持つことは少なくなるでしょう。

「豆腐やきな粉をたくさん食べるとバストアップするってホント?」

「女性ホルモンを増やせばバストアップするってウソ?」

などなど、バストアップにまつわるウソとホントについて見ていきましょう!

Sponsored Links

バストの大きさは遺伝が原因?

バストの大きさが遺伝に関係するという説は、3割がホントで7割がウソです。

と申したのは、バストの大きさは約3割が遺伝によるもの、約7割が生活環境によるものとされているからです。

確かに祖母も母もバストが大きければ、その子供もバストが大きく可能性が高まりますが、バストが大きい姉とバストが大きくない妹がいるように、個人の生活環境によってバストの成長に与える影響は異なります。

 

ご経験の通り、思春期から成長期にかけて女性ホルモンが分泌されることでバストも成長していきます。

ですので、その期間に分泌される女性ホルモンの量によって、バストの大きさが異なってくるのです。

 

女性ホルモンの分泌を減らしてしまう原因としては、過度な運動や無理なダイエット、受験や対人関係によるストレスや自律神経の乱れなどが挙げられます。

バストの成長を考えるのであれば、成長期にバランスの良い食事を取り、しっかり睡眠時間を取って、ストレスを溜めないよう規律正しい生活を送ることが大切です。

 

大人になったらバストアップしない?

ここで「大人になったらバストは成長しないの?」という疑問が浮かびますが、大人になってもバストアップする可能性はあります。

もちろん個人差はありますが、「またバストが大きくなったみたい」という声を実際に聞いた方もいらっしゃるでしょう。

 

バストは1割の乳腺と9割脂肪で出来ており、乳腺が発達すると、それを守る脂肪が増えバストが大きくなります。

基本的に乳腺の発達は20代中頃までに終わってしまいますが、乳腺を育てる環境が整っていればバストアップする可能性はあります。

 

先程も述べたように、女性ホルモンとバストの成長には密接な関係にあります。

思春期に分泌され始めた女性ホルモンは、20歳を過ぎたあたりから分泌量が安定し、30歳ごろにピークを迎え、35歳ごろから下降の道を辿っていきます。

ですので、大人になっても成長しきれてなかったバストは、正しく栄養を届けてあげることでバストアップする可能性があるという訳です。

 

バストアップを目指す上で大切なポイントは「バストに正しく栄養を届けてあげる」ということ。

女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」は増やせば良いというものではなく、ホルモンバランスを保つことが大切です。

また、その2つの女性ホルモンをコントロールしているのは脳内にある「視床下部」であり、「脳下垂体」がその指令を届けることが出来ないと「エストロゲン」と「プロゲステロン」は分泌されません。

視床下部は自律神経をコントロールする役割もあるので、ストレスや睡眠不足はバストアップだけではなく女性らしい健康的な美しさの敵となってしまいます。

 

それぞれの数値は病院のホルモン検査によって調べることが出来ますので、バストアップが目的ということだけではなく、健康のためにも定期的に検査してもらうようにすると良いでしょう。

Sponsored Links

バストアップに良い食べ物はウソ?ホント?

バストアップに効果がある食べ物として豆腐やきな粉に含まれる大豆イソフラボン、キャベツに含まれるボロン、鶏肉に含まれるタンパク質の3つをよく耳にするのではないでしょうか。

この3つの成分にバストアップ効果があるのかないのか、そのウソとホントについて見ていきたいと思います!

 

大豆イソフラボン

豆乳を飲めばバストが大きくなる、きな粉を食べるとバストアップする、というのはウソと言ってしまって良いでしょう。

食品安全委員会の報告にもありますが、大豆イソフラボンを摂取すると成分が変化し、女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをするので、女性ホルモンが足りない更年期女性の骨粗しょう症、乳がんの予防に期待できる反面、過剰摂取すると月経周期の延長、乳がんや子宮内膜増殖症のリスクを高めるということです。

「大豆イソフラボンが直接バストアップに効果がある」という医学的根拠は現段階においてはありません。

 

ボロン(ホウ素)

キャベツやリンゴなどに含まれる「ボロン(ホウ素)」にもバストアップ効果があると聞きますが、ウソかホントか気になりますよね。

アメリカ農務省の研究によると、閉経後の女性に「ボロン(ホウ素)」を投与したところ、エストロゲンの分泌が活性化されたという報告があります。

よって、ボロンを摂取するとバストアップ効果が期待できるという説が挙がりますが、もちろん直接バストアップに繋がる確証は現段階においてありません。

 

タンパク質

結果から申しますと、鶏肉などに含まれるタンパク質においても、バストアップに直接影響する効果はありません。

タンパク質がバストアップにおいて注目される要因となったのは、大胸筋を鍛えるとバストアップするという説でしょう。(大胸筋については後ほどご紹介します)

筋肉を形成する上で大切なタンパク質を摂取すると、筋肉が育つのでバストアップに繋がるということかと思いますが、もちろん筋トレをせず食べるばかりでは太ってしまうだけです。

 

イソフラボン、ボロン、タンパク質だけではなく、大切なことはバランスの良い食事を心掛けることで、正常な女性ホルモンの分泌を保つことです。

牛乳をたくさん飲めば身長が伸びると同じことで、それだけで背が高くなることがないことは皆さんもご存知の通りですよね。

 

大胸筋を鍛えるとバストアップ?

「大胸筋を鍛えてバストアップ!」と謳われていますが、大胸筋を鍛えることで得られるホントの効果は「バストの位置をアップさせる」ことです。

大胸筋を鍛えることで年齢や正しいケアが出来ずに垂れてしまったバストの位置を戻してあげたり、猫背など姿勢の悪さを改善してあげたりすることで、美しいバストの土台を作ってあげることが出来ます。

つまりは、大胸筋を鍛えてもバストサイズ自体が大きくなることはありません。

 

また、バストの9割は脂肪で出来ているため、もちろん大胸筋を鍛え過ぎてしまうとサイズダウンだけではなく、カチカチのバストになってしまいます。

日頃の運動不足や筋力不足を感じている方も、自分の身体とよく相談しながら、健康的な美しさを手に入れて下さいね。

 

バストアップにマッサージは欠かせない?

自分でも簡単に出来るマッサージがウソかホントかと言うと、バストアップ効果に期待が出来ます。

バストアップには「バストに栄養を届けること」が大切ですから、マッサージを行うことで血流が良くなり、血液の中に含まれる栄養がバストにも届けられるようになるからです。

エステに行ってバストをマッサージしてもらったら大きくなっていたという経験もあるのではないでしょうか。

入浴中や入浴後に疲れた身体を癒やしてあげながらリラックスしてマッサージしてあげると良いですね。

 

注意点としては、正しい方法でバストマッサージを行うこと。

強くやりすぎてしまえば、バストの形を支えているクーパー靭帯を傷つけてしまう危険がありますので、注意して下さい。

もし、正しい方法でマッサージを行ってもバストアップの実感が無いようであれば、他に原因があるのかもしれません。

冷え性や自律神経の乱れなどホルモンバランスが原因で効果が表れないこともありますので、規則正しい生活を心掛けましょう。

Sponsored Links

ブラジャーやナイトブラの効果は?

当然のことながら、ブラジャー自体にバストを育てる効果や機能はありません。

バストアップブラは、バストサイズを大きくする下着ではなく、バストを盛るように設計された下着です。

盛りたいばかりに締め付けの強いブラジャーやサイズの小さいブラジャーを着けていると、血行が悪くなってしまいバストに栄養が届かなくなってしまいますので、自分のサイズに合ったブラジャーを着けましょう。

 

また、ナイトブラは就寝時にバストが横や下と色んな方向に流れてしまうのを支えてあげるための下着であり、型崩れを防ぎながら快適な睡眠をサポートしてあげるための下着です。

ナイトブラの効果や選び方についてはコチラの記事で紹介していますので、参考にしてみて下さいね。

⇒ ナイトブラの選び方!自分に合ったブラを選ぶ【4つのポイント】

 

サプリやクリームを使ったバストアップ効果は?

バストアップを目指す上で一番気になるのがサプリやクリームを利用すること。

サプリやクリームを使ったバストアップは個人によって効果が異なりますので、ウソともホントとも言えないのが正直なところです。

同じサプリメントを試した人でも、「2カップの大きくなった!」という方もいれば、「お金の無駄だった…。」という方もいるでしょうから。

 

サプリやクリームなどを利用してチャレンジしてみることは否定しませんが、それらは「エストロゲン」もしくは「プロゲステロン」のどちらかの分泌を促すものが多いため、ホルモンバランスを崩す危険性があることを理解しておくことが大切です。

そもそもサプリメントやクリームは、不足した成分や女性ホルモンを補ってあげるためのものですよね。

 

危険な例としては、一時話題となった「プエラリア・ミリフィカ」が挙げられます。

プエラリア・ミリフィカはマメ科のつる植物で、イソフラボンより約1,000~10,000倍強い働きのある植物性エストロゲンとして注目を浴びました。

ただ、この強すぎる効果や製品によって配合量がかなり異なるため、過剰摂取による女性の健康被害が多々報告されています。

プエラリア・ミリフィカを摂取することによりエストロゲンが過剰に働いてしまい、ホルモンバランスが崩れることで月経不順や不正出血、腹痛や嘔吐、吹き出物やじんましんなどの被害があり、使用を禁止している国もあるほどです。

バストアップ効果があるとして注目されたプエラリア・ミリフィカですが、女性ホルモンを増やせば良いというものではなく、女性はホルモンバランスを保つことがどれだけ大切であるかを教えてくれた事例と言えるでしょう。

 

バランスを大切にしよう!

何事もそうですが、バストアップにおいても1つ1つに視野を狭めてしまうのではなく、バランスを考えながら総合的にケアしてあげることが大切です。

バランスの良い食事を取る、しっかりと睡眠を取る、適度に運動する、筋トレやマッサージでケアしてあげる、と総合的に体をケアしてあげることでホルモンバランスが保たれ、バストが成長する環境が整います。

 

基本的にバストアップにおけるマジックのような裏技は無いと考えた方が良いでしょう。

「最近運動不足だし、食生活が乱れてるかも…。」

「仕事が忙しくて、あまり寝れてないな…。」

と思い当たる節がある方は、まず自身の体と心をケアすることから始めてみて下さいね。

Sponsored Links