褒め上手な女性の特徴は?モテ女が実践してる褒め方のコツ【9つ】

褒め上手な女性の特徴は?モテ女が実践してる褒め方のコツ【9つ】

褒め上手な女性は男性からモテるだけではなく、職場や友人からも愛されるモテ女です。

誰かに褒められるとやはり嬉しい気持ちになるもので、大人になると褒められることも少なくなりますから、相手にハッピーを分け与えてあげられる褒め上手な女性であることにはメリットがたくさんあります。

褒め上手な女性の特徴を見ながら、男性にも女性にもモテる褒め方のコツについてご紹介していきます!

褒め上手な女性の特徴

褒め上手な女性の特徴

褒め上手な女性の特徴から、なぜモテるのかの理由について探っていきましょう。

褒め上手とは「褒めることが上手である」ことを意味しますが、もちろんただ相手を褒めれば良いというものでもありません。

モテる褒め上手とは、「褒める」という手段も使って相手を喜ばせ、好印象を与えるのが上手な人のことを指すのかと思います。

ですので、褒め上手になろうとして上手な褒め方ばかりに注目しがちですが、表情や雰囲気、伝え方などが総合的にプラスされる褒め方をすることが重要なポイントになります。

近くにいるモテる人をイメージしてみても、色んな方法で好印象を与えて好意を持ってもらうのが上手な人が浮かび上がるのではないでしょうか。

 

褒め上手な女性であろうと思うのは、「モテたい」「良い印象を持ってもらいたい」など自分に対して好印象を持ってもらうことを狙いとしているはず。

つまり、「褒める」ことは好印象を持ってもらうための手段の一つであり、上手な内容の褒め方は慣れてから磨いていけば良いということを抑えておくべきかと思います。

では、モテる褒め上手な女性の特徴について見ていきましょう!

 

他人へのポジティブな発言を心掛けている

褒め上手な女性の特徴として、他人を評価する言葉が自分にどのような影響を及ぼすのかをよく理解していることが挙げられます。

褒め言葉のようなポジティブな発言であれば、良い影響をもたらしてくれる可能性が高まることを知っています。

また、悪口や陰口といったネガティブな発言は、得しないだけではなくマイナス評価に繋がってしまう危険性があることも知っています。

だからこそ、素直に相手の良い部分を見つけると素直に褒め言葉に変えてしまえるのでしょう。

もちろん相手の短所が目についたり、イライラしてしまったりすることはありますが、感情をコントロールして口には出さないようにし、愚痴をこぼしてしまう場合は信頼できる相手にだけ口に出すように心掛けているのです。

相手に対するポジティブな発言をして、ネガティブな発言をしないようにしているのですから、褒め上手な女性が男性にも女性にもモテるのは自然なことですよね。

 

伝わりやすい褒め方や言葉を選ぶ

相手に伝わりやすい褒め方や言葉選びが上手であることも褒め上手な女性の特徴の一つ。

なぜ上手であるかの理由は、褒め上手な女性は「こうなのかな?」「ああなのかな?」と相手の状況を見ながら想像をしているので、相手に伝わりやすい言葉の選択肢を多く持てるようになるからです。

相手の気持ちを想像して考えているからこそ、褒めるべきタイミングを逃しません。

褒める機会が多ければ褒められる機会も多くなりますから、相手に伝わりやすい褒め方や言葉選びがどんどん磨かれていくことで、褒め上手な女性はまたさらにモテる女性へと成長していきます。

 

リアクションを欠かさない

モテる褒め上手な女性は男性へのリアクションを欠かしません。

会話というコミュニケーションにおいてリアクションはとても大切なこと。

当たり前のことすぎて忘れがちですが、男性の自慢話にも「さすがですね!」「すごい!」「そうなんですね!」とリアクションをするかしないかでは印象が異なります。

わざとらしいリアクションはNGですが、相手の話を聞いていることは相手に関心を示している最低条件であることを忘れてはいけません。

 

笑顔で褒める

どんな時でも「女性の笑顔は武器」と言われますが、それは相手を褒める時であっても変わりありません。

どれだけ上手な褒め方をしていたとしていても、無表情や明るさのない表情であれば好印象としては残りませんよね。

また、それが他の人には見つけられなかった褒めポイントだったとしても、お世辞や下心があるように見えてしまい、結果として好印象を残すことは出来なくなってしまいます。

経験のある方も多いかと思いますが、褒めポイントがズレていると思っても相手が明るい笑顔で褒めてくれるのであれば、悪い印象を持つことはほぼないはず。

「褒める」という相手にとって明るい情報を伝えようとするのであれば、伝える側も明るい表情や雰囲気で伝えてあげる必要があることを褒め上手な女性はよく理解しているのでしょう。

⇒ 女性の笑顔に弱い男性心理とは?男性が惹かれる笑顔の効果!

褒め上手な女性になるための褒め方のコツ

褒め上手な女性になるための褒め方のコツ

褒め上手な女性の特徴が浮かび上がってきたら、次に褒め方のコツについて抑えていきましょう。

「相手の長所や褒めるポイントを見つけるのが難しい…」

「相手を褒めているのに、いまいち伝わっていないような気がする..」

と悩んでしまいますが、下記の褒め方のコツを抑えておくと自分らしい形がイメージしやすくなるかと思います。

褒めるポイントを見つけるためのコツ

  • 「感謝」できることを見つける
  • 上手に「比較」して見つける
  • 相手の「習慣」を見つける
  • 他人の褒め方を「真似」して見つける

好感を持たれる褒め方のコツ

  • 褒めるポイントを「変換」して褒め言葉に
  • 褒めるポイントは一つで十分
  • 嘘ではなく正直に褒める
  • 褒め言葉以外は口にしない
  • 人づての褒め言葉でもOK

褒めるポイントの見つけ方と好感を持たれやすい褒め方のコツについて紹介していきますので、自分のやりやすそうな褒め方の形を探ってみて下さいね!

 

長所を見つけるには「感謝」を見つける

相手の褒めるポイントを見つけるのに最も簡単な方法と言えるのは、「助かる」「ありがとう」といった感謝の言葉を伝えられるタイミングは考えてみることです。

感謝をしたいと思ったのは自分にとってプラスになることをしてくれたからでしょうから、それは相手を褒めるチャンスでもあります。

「ありがとう!いつも助けてくれて優しいね!」

「ホント助かる!○○ちゃんを彼女にしたいぐらい!」

「こんなに気遣い出来る彼女がいたら彼氏も幸せだろうね!」

などと、感謝の言葉に褒め言葉をプラスしてあげれば、好感度はグンっと高まります。

 

「比較」を使って長所を見つける

相手の長所や褒めるポイントを見つける方法としては、「比較」を利用するのが便利です。

  •  相手と自分
  •  相手と第三者
  •  過去と現在
  •  自分が苦手としていること

「比較」という言葉を聞くと悪い部分を見てしまいがちですが、相手の長所になる部分を「比較」してあげるのがコツのポイント。

例えば、同窓会で久しぶりにあった友人に「なんか大人っぽくなったね」と言ったりしますが、それは学生の時の「過去」と見違えるようになった「現在」を比較して言った褒め言葉であるようにです。

「大人っぽくなった」とすると、場合にとっては老けたように見えるというマイナスイメージになりかねないので、

「○○くんってスーツ似合うね!」

「なんかすごい仕事できそう!」

などと、過去と比較して変わった現在のポイントを具体的に褒めてあげるとより好印象になるかと思います。

 

相手の「習慣」や「ルーティン」を褒める

習慣やルーティンとは、その人が日々の生活をより豊かにハッピーにするために頑張っていたり、努力していたりしていること。

それは周りから見たら当たり前のことだったり、とても小さなことであるかもしれないが、「相手に対する理解度を示す」にはとても好感を持ってもらいやすい褒めポイントになります。

いつも身に付けてるアクセサリーや持ち歩いているアイテムでも良いでしょうが、ランチの手作り弁当や早い出社など他人と比較して努力している部分を褒めてあげた方がより好感を得られるようになります。

女性同士では「そのリップ可愛い!」「今日のお弁当もキレイだね!」といった挨拶代わりの褒め言葉を交わしているでしょうが、ほぼそのような褒め言葉が無い男性同士では女性の褒め言葉が特に輝きます。

「今日のネクタイ可愛いですね!」

「いつもこんなに早く出社してるんですか?」

そんなありふれた褒め言葉だったとしても、言われた男性は気分が変わるほどに嬉しいものですよ。

 

他人の褒め方や褒め言葉を「真似」してみる

褒め上手な女性は、自分以外の褒め上手な女性を参考にして上手に真似することが得意でもあります。

自分が褒められて嬉しかったことを他人にもしてあげられる気配りは、簡単かもしれないけど実際にやっている人は多くないことです。

自分が褒め上手になればなるほど他人にも褒めてもらえる機会が多くなりますが、それこそが「上手な褒め方」を学ぶチャンスになります。

自分が褒めてもらえた小さなハッピーを他人にも「おすそわけ」してあげようとする気持ちを持てることは、褒め上手な女性になるための近道になります。

 

相手の長所を褒め言葉に「変換」してあげる

「感謝」「比較」「習慣」「真似」をキーワードに褒めるポイントを見つけることが出来たら、どんどん褒め言葉に変換してあげて下さい。

上で挙げたように「感謝」から見つけた例であれば、他人を助けてあげられる「優しさ」、他人をサポートしてあげられる「気遣い」が褒めるポイントになるでしょう。

そこで「優しくて気遣いのできる女性とは?」といった「変換」をしてみると、夫や彼氏をサポートする献身的な妻や彼女像がイメージされ、「良い奥さんになりそう」「(〇〇ちゃんを彼女に持つ)彼氏は幸せだろうね」といった褒め言葉が作られていきます。

褒め言葉への変換に慣れていない方は、自分が苦手としている物事と比較してみるのが一番簡単かもしれません。

「〇〇ちゃんみたいに気遣い上手な女性になりたい~」

「私も〇〇ちゃんみたいな行動力が欲しい~」

といったように、自然と具体的な褒め言葉に変換されやすくなるでしょう。

自分の苦手な部分と比較する時に、変にへりくだったり、「私は〇〇だから~」とネガティブな表現はしないように。

ポジティブな褒め言葉を伝えているつもりでも、伝えてる本人がネガティブな印象であれば、受け取る方も素直に喜べなくなってしまいますので気をつけて!

 

サラッとした褒め方を心掛ける

褒めることに慣れてくると気をつけたいのは過剰に褒めすぎてしまうこと。

いかにも「褒めてあげてる」という印象を与えてしまうと、相手に気を遣わせてしまうばかりか、悪い印象に変化してしまう可能性があります。

褒めるポイントはシンプルに一つで十分です。

色んな所複数褒めすぎると、下心から言っている褒め言葉のような印象を与えかねません。

「褒めるポイント1つ+具体的な言葉」のセットを忘れずに、サラッとシンプルに褒めるのが褒め上手であるためのコツと言えます。

 

誠意を持って正直に褒める

褒め上手であろうとするのであれば、相手を褒める時は誠意を持って正直に褒めるように心掛けましょう。

決して無理をして褒める必要はありません。

また、高望みをして上手な褒め方をする必要もありません。

ウソではなく、本心から褒めたいと思ったことを褒めるようにしましょう。

お世辞のようなウソの褒め言葉や軽い褒め言葉は、ご経験の通り自然と伝わってしまいます。

好感度を持ってもらいたい気持ちばかりを強くせずに、相手を喜ばせることを第一にしておくことが大切なポイントです。

「与えられるからこそ与えてもらえる」という考えを持てると、褒め上手な女性に一歩近づくことが出来るはずです!

 

長所以外の部分は言葉にする必要はない

褒め言葉を伝える時は、相手が喜んでもらえるプラスの言葉だけを伝えるようにするべきです。

その理由は、その場は良くても、後々になって悪い印象に変わってしまう恐れがあるからです。

好印象を持ってもらうための褒め言葉だったのに、それではせっかくの褒め言葉も台無しになってしまいかねません。

「〇〇だけど(マイナス)、〇〇だよね(プラス)」といった褒め方をするケースもあるが、より好印象を与えたいならマイナスな言葉は避けた方が良いかと思います。

マイナスの言葉の後にプラスの言葉を付け足すのは、相手が怒らないようにマイナスな言葉を柔らかくさせるために使われることの方が多いでしょうから。

そのマイナスのニュアンスは、例え鈍感な男性であったとしても、気にしてないような女性であったとしても、いつか何かをキッカケに思い出されてしまうかもしれません。

褒め上手な女性の特徴でも挙げたように、良くも悪くも他人への評価は何かしらの形で自分に返ってくることが多いもの。

プラスをもたらすか、マイナスをもたらすかは褒め方や伝え方一つで変わってしまう場合があることを覚えておく必要があります。

 

人を通した褒め言葉は効果的

口コミや噂のように、私達人間は本人や当事者からよりも第三者からの情報や評判の方を信頼する傾向にあります。

それを心理学では「ウィンザー効果」と呼びますが、第三者を通して伝わった褒め言葉は信頼性がアップしますし、効果的と言えるでしょう。

「〇〇ちゃんが(アナタのことを)褒めてたよ!」って友達から言われると嬉しい気持ちになりますよね。

そして、その褒め言葉を伝えてくれた人にも好感を持つようになるかと思います。

自分の言葉で褒めるのは照れくさいといった時には、第三者の褒め言葉を使って相手を褒めてあげると便利かと思います。

 

また逆のパターンとして、アナタが誰かを褒める場合であっても、第三者を通した褒め言葉は効果的に伝わっていきます。

さらに、その場にいない第三者を褒めることも好印象になりますから、職場や友達同士でもどんどん良い人間関係を築いていけるようになるメリットまでもあるのです。

時に誰かの愚痴を吐いてしまうこともあるでしょうが、愚痴よりも褒め言葉を広めていく方がハッピーな環境を作っていけることでしょう。

相手にも自分にも褒め上手な女性はモテる!

褒め上手な女性がモテるのは、他人を良い気持ちにさせることが上手であることだけが理由ではありません。

相手を褒めるから、自分も褒めてもらえるようになるのでしょう。

相手の長所や短所を見つけられるから、自分の長所や短所を見られるようになるのでしょう。

誰かに褒め上手でいられるからこそ、自分に対しても褒め上手でいられるなるのでしょう。

 

相手をハッピーな気持ちにさせられるからこそ、アナタ自身も明るい気持ちで笑顔あふれるハッピーな毎日が過ごせるようになります。

男性からも女性からもモテる褒め上手な女性でいられるように、少しずつでもチャレンジ出来ることから試してみて下さいね!

そのちょっとしたチャレンジがアナタをよりもっと素敵に輝く褒め上手な女性に変えてくれますよ!

聞き上手な女性とは?聞き上手の特徴からわかる恋愛上手のコツ!