聞き上手な女性とは?聞き上手の特徴からわかる恋愛上手のコツ!

聞き上手な女性とは?聞き上手の特徴からわかる恋愛上手のコツ!

聞き上手な特徴を持つ女性は恋愛上手でもあるため男性にモテます。

聞き上手な女性は「聞く」という手段によって、好感や居心地の良さを伝えることが出来るからです。

コミュニケーションは「話す」と「聞く」のキャッチボールですから、恋愛における会話でもモテる聞き方があります。

聞き上手な女性の特徴を見ながら、恋愛に役立つ聞き上手のコツについてご紹介します!

聞き上手な女性とは「聴き上手」である

聞き上手な女性とは「聴き上手」である

まず始めに、聞き上手とは「聴き上手」であることを理解しておくことが大切です。

「聞く」と「聴く」は似ている言葉ですが、意味合いが少し異なる言葉です。

▼ 「聞く」と「聴く」の違い

  • 聞く:自然と周囲から音が「耳に入る」
  • 聴く:進んで理解しようと音に「耳を傾ける」

「聞く」と「聴く」には「耳に入る」と「耳を傾ける」という聞き手側の姿勢に違いがあるということ。

つまり、聞き上手とは「会話に耳を傾けてもらっていると相手に思わせるのが上手な人」であるということを重要なポイントとして抑えておく必要があります。

 

「耳を傾ける」とは理解しようと注意して聞くことです。

特に恋愛での会話やコミュニケーションにおいては、男性の会話を「聴く」ことで以下のようなメリットが生まれていきます。

▼ 会話を「聴く」ことのメリット

  • 会話を聴くことで「興味や関心」を示せる
  • 会話を内容を聴くからこそ「共感や理解」が深まる
  • 「相づち」や返す言葉のバリエーションが増える

話を聴くということは、相手に関心や理解を示し、好感を持ってもらえる相づちや返しを送ることに繋がるからこそ、聞き上手な女性はモテるという訳ですね。

聞き上手な女性の特徴

聞き上手な女性の特徴

では、聞き上手な女性はどのように「聴く」を行っているのか、その特徴から学んでいきましょう!

聞き上手な女性が実践していることは決して難しいことではありません。

ですので、いきなり上級者のマネをして「難しい」「出来ない」といったようなネガティブな考えは必要なく、少し意識を変えてみるだけで聞き上手への道は一歩進んでいきます。

男性に好感を持ってもらいやすい聞き上手な女性の特徴にどのような恋愛のヒントが隠れているのか、チェックしてみて下さいね。

 

相づちや質問でリアクションを返す

聞き上手な女性は相づちや質問でリアクションを返すことを忘れません。

人によって差はあれども、男性は女性から返ってくる反応やリアクションを見ながら好感や信頼を積み重ねていく傾向にあります。

逆を言えば、いくら外見がタイプの美人であっても愛想がなければ男性は逃げていってしまうもので、最終的には愛想の良い女性の方がモテていたなんて話はあるあるのことではないでしょうか。

 

また、男性は目的を果たすことに長けた脳を持つ生き物です。

特に飲み会や合コン、婚活パーティーといった恋愛の場において、「彼女を探そう」「デートに出来る女性を見つけたい」「お持ち帰り出来る子はいないかな?」といった目的を持って参加することが多いでしょうから、リアクションが返ってくる聞き上手な女性に視線が集中していきます。

自分に関心を示してくれていると男性に思わせることは、「俺にもチャンスがあるかも?」と思わせる隙に繋がります。

聞き上手な女性は「聴く」ことを上手に使って、男性がアプローチしやすい隙を作っているという訳ですね。

⇒ 男性が会いたくなる女性!また会いたいと思う女の特徴【9つ】

 

明るい笑顔と豊かな表情

聞き上手な女性であるためには、明るい笑顔と豊かな表情で聴くことが大切です。

笑顔のような明るい表情で聞くことは、ポジティブに男性の会話を聞く体制があることを示します。

また、豊かな表情であることは、男性の目から見ても分かりやすいリアクションになるからです。

「うんうん」「そうなんだ」といった相づちは、女性同士の会話では無表情であったとしてもあまり気にされないかもしれません。

ですが、恋愛の場で女性のリアクションに敏感になっている男性にとっては、目から入ってくる女性からのリアクションも自分への関心や好意を示す情報として捉えられていることを忘れてはいけません。

いくら上手な相づちであっても、表情が伴っていないと好意を持たれる相づちにはならないことを覚えておく必要があるでしょう。

女性の笑顔に弱い男性心理とは?男性が惹かれる笑顔の効果!

 

話を聞く姿勢が整っている

聞き上手な女性であろうと、返す相づちや会話の内容に注目しがちですが、聞く姿勢一つで印象が変わることも忘れてはいけません。

相手の目を見て聞くこともそうですが、「耳を傾ける」の言葉の通り、話をしている相手に対して身体や耳が向いているということも大切なポイントです。

まるで面接のように真正面を向いて視線を合わせるのは不自然でしょうが、髪を耳にかけるような仕草で「これなら〇〇さんの声が聞こえるね!」くらいの言葉を足してあげることで男性はキュンとしてしまうものです。

聞き上手な女性であるためには、相手の会話を聞く表情と姿勢が整っていることが基本になることを抑えておくことが大切です。

恋愛テクニックの一つとして、可能であれば男性の左側で話を聞いた方がより効果的な聞き上手を演出できるかもしれません。

その理由は、感情を司る右脳に対して左耳→右脳と情報が伝わっていきますので、関心や好意を示す聞き上手の言葉は左耳から入る方が好感を持ってもらいやすくなる傾向にあるからです。

自分の膝を男性の膝に軽く当てるくらいボディタッチも加えてあげると、男性の視線はアナタだけに向いてしまうはずです。

女性からボディタッチ!職場や飲み会で利用したいテクニック!

 

否定的な表現を使わない

会話の中で否定的な表現を使わないのも聞き上手な女性の特徴の一つ。

「いや」「でも」から始まる否定的な表現や反論は、会話の内容だけではなく相手を否定する表現のように聞こえてしまいかねません。

また、否定表現は上から目線の高圧的な印象も与えてしまう恐れがあるので、聞き上手な女性は否定的な言葉を口に出しません。

男性はコミュニケーションにおいて、競合性の意識があるため自分の感情や弱さを話したがらない傾向にある生き物です。

否定や反論で価値観の共有をすることは可能ですが、否定よりも「はい」「YES」といった肯定表現を使っった方が好感を持たれやすいだけではなく、男性の心を開くキッカケにもなるものです。

 

相手の話を先に聞く

聞き上手な女性は、自分の話よりも相手の話を先に聞くように心掛けています。

人はみな自分を知ってほしい、自分を認めてほしいといった承認欲求がありますので、自分の話をついつい優先してしまいがちです。

つまりは、自分のことを話したい男性の承認欲求を先に満たしてあげられることがモテる聞き上手な女性の特徴と言えます。

会話が盛り上がっていくと、「ねぇ、聞いて聞いて!」と自分の話を進めてしまいますが、相手を先に満たしてあげられるから、相手も心を開いてくれるようになることを忘れてはいけません。

 

相手の感情や気分を感じ取る

聞き上手な女性は、相手の感情や気分を感じ取ることが得意です。

「この男性は自慢話が多いから、褒めたり認めたりするような言葉が喜ばれるのかな?」

「なんか元気が無さそうだから、明るい話題やポジティブな言葉を掛けた方が良いのかな?」

などと、会話の内容を聞くだけではなく、表情や雰囲気なども「聴く」ようにして相手の状況を感じ取ろうとします。

確かに、相手の感情や気分を感じ取ることは簡単ではありませんし、元々の性格から得意な女性もいるかもしれません。

ですが、「今どういう感情なのかな?「今どんな気分なんだろう?」と相手の状況を少しでも感じ取ろうと意識してみることが、聞き上手な女性に近づくヒントでもあります。

恋愛で聞き上手な女性になるためのコツ

恋愛で聞き上手な女性になるためのコツ

では、もっと豊かに恋愛を楽しむためにも、聞き上手な女性になるためのコツについて見ていきましょう!

▼ 恋愛で聞き上手な女性になるためのポイント

  • 「共感」や「同調」を示す
  • 「関心」や「興味」を示す
  • 「理解度」を示す

男性の会話を聞きながら「共感」「関心」「理解」を示すことが、恋愛でモテる聞き上手な女性になるためのポイントです。

共感、関心、理解をどのように示していくと良いのか、その方法やコツについて紹介しますので参考にしてみて下さいね!

 

相づちをしてリズムや雰囲気を合わせる

「うんうん」「そうだね」といった相づちは会話のリズムやテンポを作るために用いられますが、会話だけではなく、全体の雰囲気やリズムなど波長を確認しながら確かめていくために用いることが大切です。

会話のスピードや声のトーンを確認するように「うんうん」と相づちをしていくからこそ、聞き上手な女性の特徴でも挙げたように、相手の感情や気分が見えるようになっていきます。

ただ会話のテンポを合わせる「うんうん」と感情や気分を理解しようと耳を傾ける「うんうん」では、同じ相づちであっても相手に伝わる関心度には大きな差があるもの。

テンポだけを合わせようとして口癖のように「うんうん」と相づちを返すタイプの方と話していると、「この人、ちゃんと話を聞いてるの?」と感じた経験もあるはずかと思います。

相づちは相手の話を聞いているという関心を示すのに最も簡単な方法ですから、明るい表情や聴く姿勢と合わせて意識してみて下さいね。

 

相手の相づちや仕草をマネする

もし相づちのコツがいまいち掴めない時は、会話の相手か聞き上手だと言われる人の相づちを参考にしてマネしてみることをオススメします。

会話相手の相づちを真似するメリットは、ミラーリング効果と言われるように、自分と同じ言動や仕草をする相手に好感を持つ心理が働きやすくなるからです。

それは相づちだけではなく、言葉の語尾やイントネーションなども同様で、同じ方言やなまりに親近感を覚えることがあることも例の一つとして挙げられます。

 

また、聞き上手な女性の相づちや返す言葉、表情や姿勢をマネすることからチャレンジしてみると、好感を持たれるコツやヒントが見つかりやすくなるかと思います。

好感のある人の言動や仕草をマネしてしまうのもミラーリング効果の一つですので、友人同士や職場でも聞き上手な女性と仲良くなって、会話の中から聞き上手になるためのコツを盗んでみると良いでしょう。

「なぜ話を聞いてもらって好感を持ったのか」を考えてみることがポイントです。

恋愛心理学で惚れさせる!男心をつかむ恋愛テクニック【28選】

 

会話の内容を掘り下げる

聞き上手であるためには、単純な相づちだけではなく、会話を受けて内容を掘り下げていくことも大切です。

「もっと」「詳しく」といったように一つの話題を掘り下げていくことで、男性は自分のことをしっかり話すことが出来ますし、自分との価値観を図るチャンスにもなります。

一つの話題を掘り下げるというと難しいように感じるかもしれませんが、とても簡単な質問をするだけで自然と掘り下げていくことが可能です。

▼ 聞き上手な女性になるための質問やフレーズの例

  • 「もっと」
  • 「さらに」
  • 「詳しく」
  • 「どんな?」
  • 「どれくらい?」
  • 「いつ?」
  • 「いつから?」
  • 「誰と?」
  • 「どこで?」

これらの質問フレーズは、本当に興味があることや絶対知りたいこと、今調べたいことなどであれば必ず入るフレーズかと思いますので、相手に関心や興味を示すのにとても便利なフレーズと言えます。

 

▼ 話題を掘り下げる会話の例

男性:「ジムに通ってるんだよね」

女性:「鍛えてる男性って素敵ですよね!どんなトレーニングをしてるんですか?」

男性:「筋トレがメインで、たまにランニングとかかな」

女性:「そうなんですね!私もジムに通おうか悩んでるんですけど、どんなジムが良いのかわからなくて…」

男性:「初めてならちゃんとインストラクターがついてくれる所が良いかも。やり方とか使い方とかわからないと思うから。」

女性:「ありがとうございます!家と職場の間ぐらいが良いんですけど、どこで調べたらいいのか…」

男性:「○○ってサイトとかSNSとかで調べたら、口コミとか評判とか詳しく見れるかも!」

などと男性に会話の主導権を持たせるようにしていくと、男性も気持ちよく会話を楽しめるでしょう。

男性が詳しそうなこと、男性が話したそうなことを連想してあげて、聞き上手な質問やフレーズを付け足してみて下さいね。

 

質問の前には相づちを入れる

話題を掘り下げる聞き上手な質問やフレーズについて紹介しましたが、上の例の通り、質問をする前に相づちを入れてあげるとより効果的でしょう。

サラッと入れても効果的な相づちは感謝の言葉や褒め言葉。

「教えてくれてありがとう!もう一つ聞いてもいい?」

「詳しいですね!もう少し教えてもらってもいいですか?」

といったように、「なるほど」「そうなんだ」では味気ない印象の相づちを感謝や褒めの言葉に変えてあげるだけで印象が異なりますよね。

自分の話を聞いて興味の質問が返ってきたり、笑顔の感謝が返ってきたりする女性にキュンとしない男性はいません。

 

「わからない」「知らない」ことは関心を示すチャンス

「わからない」「知らない」といった興味の無い話は確かに聞くにはつらいかもしれませんが、聞き上手な女性を演出するチャンスでもあります。

女性が興味を示さない話であっても、会話がそれなりに盛り上がるのは男性が話し上手だから。

話し下手な男性であれば、話題が良かったとしても話し手と聞き手が噛み合わないので会話が盛り上がらないことが多くあります。

そこで役立つのが、先程も紹介した聞き上手な質問やフレーズになるという訳です。

聞き上手のコツは、関心や理解を示すことがポイントでしたよね。

話し下手な男性に対して「わからないから教えて欲しい」「知らないことだから詳しく聞きたい」という聴く体制を示すからこそ、聞き上手として好感度が高まる仕組みを理解しておく必要があります。

その男性がターゲットではなかったとしても、第三者の会話を見て「俺にもチャンスがあるかも!?」とアプローチさせる隙を見せることはとても役立つ恋愛テクニックでもあります。

 

相手の感情に共感する、同調する

女性は男性に比べて、相手の感情に共感したり、同調したりすることを得意とするとされています。

同性間のコミュニケーションにおける男女差から見ても、男性は一緒に行動をすることで共感し価値観を交換し合うことに対し、女性は「私も!」「わかる!」という共感や同調の言葉でお互いを支持し合うことで仲を深めていきます。

ですので、「私も」「一緒」といった言葉を得る機会が多くない男性にとっては、女性からの共感や同調の言葉は男の承認欲求を満たす胸キュンフレーズに変わってしまいます。

質問と共感の言葉で関心と理解を示すことは、聞き上手な女性に欠かせない特徴です。

 

ポジティブな表現は相手にもポジティブな感情を持ってもらいやすくなりますので、「はい」「YES」といった肯定の表現もプラスしてあげるとより良いかと思います。

「うん!私と一緒だね!」

「ホントに?分かってくれる人がいて嬉しい!」

といったように、共感と理解をセットした言葉に男心はくすぐられてしまうものです。

男子がキュンとする言葉!胸キュンが止まらない【20の言葉】

 

聞き上手と褒め上手を合わせる

聞き上手な女性は褒め上手な女性でもあり、聞き上手と褒め上手をセットにすることがモテる女の秘訣でもあります。

聞き上手であることも褒め上手であることも、「聞く(聴く)」と「褒める」という手段で相手を喜ばせるのですから、両方組み合わせるべきものと言ってしまって良いものでしょう。

相手を理解しようと耳を傾けることがデキル聞き上手であるからこそ、相手を喜ばせる褒め上手になれると言ってしまっても良いかもしれません。

聞いて欲しい気持ちを察するからこそ聴き、褒めてもらいたいだろうから褒めてあげられる。

そんな男心を知る女性がモテないはずがありませんよね。

褒め上手な女性の特徴は?モテ女が実践してる褒め方のコツ【9つ】

 

会話の内容を繰り返す

会話の内容を繰り返すバックトラッキングは聞き慣れた言葉でオウム返しと言われるように、聞き上手な女性として相手に理解を示す基本テクニックです。

男性:「最近料理にハマってるんだよね~」

女性:「料理にハマってるんですね~」

と会話の内容をそのまま返すことでテンポを作りながら、会話を進めていくテクニックをバックトラッキング(オウム返し)と言います。

 

ただ、そのままのオウム返しだけでは好感を持ってもらうには物足りませんので、話題から相手が話したいであろう内容や感情を読み取ってあげることが聞き上手のコツになります。

男性:「最近料理にハマってるんだよね~」

という先程の例であれば、

女性:「自炊するの楽しいですよね!でも大変じゃないですか?」

女性:「料理するのハマっちゃいますよね!どんなの作るんですか?」

などと、大変さだったり、ちょっとした自慢を聞いて欲しかったりする男性の感情を見てあげると、好感を持たれやすいリアクションを返せるようになるでしょう。

オウム返しをすることは、会話のテンポを作ることだけではなく、同じような環境の自分の感情を思い出すことにも繋がりますので、より共感力を持った返しが見つかるメリットもあります。

 

会話の内容をまとめる

オウム返しのもう一つの手法として、会話の内容をまとめるという聞き上手のテクニックもあります。

「こういうことですよね?」

「こうだと思うんですけど合ってますか?」

といったように、内容をまとめて要約してあげることで理解度を示すことができる聴き方です。

もちろん色んな恋愛の場で役立つテクニックですが、特に職場のような仕事場でのコミュニケーションにおいて有効であると言えるかと思います。

ビジネス向きの聞き上手テクニックとはいえ、職場恋愛においてデキる女は男性にとって輝いて見せる存在に映りますから、恋愛でも仕事でも身につけておきたい聞き上手テクニックの一つです。

職場で男性がキュンとする瞬間!社内でドキッとするタイミング

 

会話を中断しない、否定しない

最後にもう一度覚えて欲しいこととして、聞き上手な女性であろうと思うならば相手の会話を中断したり、否定したりしてはいけません。

いくら上手な相づちであっても、いくら聞き上手な質問を返しても、いくら上手に聞き上手を演出できていたとしても、相手の会話を否定してしまっては最終的にネガティブな印象を与えてしまうだけになってしまうからです。

人は心理的にいくら途中経過が良かったとしても、最後の印象が強く残ってしまう心理を持つ生き物です。

最後が良ければ全て良しと言われますが、その言葉が真実であることに違いはありません。

「いや」「でも」といった否定的な表現は避けるべきと先に述べましたが、相手の会話を中断してしまうことに最も気をつけるべきです。

「うんうん」といった相づちもタイミングが悪ければネガティブな印象になり、「わかる~」といった共感の言葉も遮るようなタイミングであれば相手は不快な気持ちになってしまいます。

聞き上手な女性として見てもらいたいことは主観的な感情であり、聞き上手な女性かどうかは相手側が決めることです。

聞き上手な女性として思ってもらうことが重要なのではなく、相手に気持ちよく会話を楽しんでもらい、好印象を持ってもらうことが最終的な目的であることを忘れてはいけませんよね。

 

聞き上手になって男性にモテる恋愛上手に!

聞き上手な女性であろうと、完璧を求めて誰にでも好感を持たれる女性になるのはとても難しいことです。

ですが、10人ではなくても3人にモテる女性、3人ではなくても1人にモテる女性になることは、意識を一つ変えてあげるだけでも近づいていけるはずです。

万人に受ける聞き上手であるためには才能が必要になるかもしれませんが、1人の男性に受ける女性であるためには必ずしも万人に受ける聞き上手である必要はありませんよね。

落としたい1人の男性に誘われるためにも、自分を愛してくれる1人の男性を探すためにも、聞き上手な女性であるためのコツを使って、アナタの恋愛を豊かにしてみませんか?