過去のキスを思い返すと、忘れられないキスや忘れたいキスの思い出があったりしませんか?

「思い出の日にされた彼とのキスは忘れられない!」

「あんなキスの思い出なんて早く忘れたい!」

などなど、皆さんのエピソードを参考に、忘れられないキスと忘れたいキスについてご紹介していきます!

Sponsored Links

忘れられないキスの思い出エピソード

忘れられないキスというのは、二人の想いやシチューション、雰囲気など全てが重なり合ったことで幸せを感じられる嬉しいキスの思い出ですよね。

その忘れられないキスは、今の彼氏との素敵な思い出である場合もあるでしょうし、当時好きだった気持ちが蘇る元カレとのせつなくも良い恋愛経験として終えられたキスの思い出である場合もあるかと思います。

 

アナタの忘れられないキスの思い出を思い返して、ご紹介するエピソードを見ながらキュンキュンしちゃいましょう!

 

初めてのファーストキス

「キス」という経験を初めてするファーストキスは、やはり忘れられないキスの思い出として残るものですよね。

 

高校生になると気づき始めたお互いの恋心から、恋人未満の関係だった男友達や幼馴染と付き合うことになり、お互いどうやってしていいのかも分からないまま、不器用ながらもやっとの思い出繋がることが出来た甘酸っぱいキスの思い出。

 

社会人になって付き合った年上の彼氏とご飯デートで良い雰囲気になり、お酒の勢いもあって口唇を奪われるようにされてしまった不意打ちだけど甘い大人のキスの思い出。

 

初めて付き合った彼氏とドライブデートに行き、とても楽しいデートの思い出が欲しいと思っていたところ、別れ際に「今日はありがとう!おやすみ!」といってしてくれた感謝のキスの思い出。

 

などなど、爽やかな青春を感じさせる淡くも甘酸っぱいキスのエピソードがたくさんありますね!

 

甘酸っぱい思い出から「ファーストキスはレモンやイチゴの味」なんて言われたりしますが、実際はコーヒーの味がした、タバコの味がした初キスだったというエピソードも。

 

初めてだからこそ体験できるファーストキスならではのドキドキを思い出すと、思わずニヤニヤしてしまいそうですね!

 

年代別のファーストキス事情についてはコチラの記事で紹介していますので、後ほどチェックしてみて下さい!

⇒ キスしたことない人が初キスを失敗させないための【6つのポイント】

 

特別な日にした忘れられないキスの思い出

誕生日やカップルの記念日、バレンタインデーやクリスマスといった恋愛イベントの日には、普段のデートとは違う特別な一日になるもの。

夜景がきれいなリッチなホテル、イルミネーションで彩られたロマンチックな空間などの特別なシチュエーションであれば、特別な日の忘れられないキスとして残るものですよね。

 

特別な日に一日デートをして、彼から「これからも一緒に思い出作ろうね!」「やっぱり好きだ!」なんて甘い言葉を渡された時には思わずキュンキュンしてしまいます!

 

夜景を見ながら長くとも優しくしてくれた甘いキスがキッカケで付き合ったというエピソードもあり、これはキスの相性からパートナーとしての相性を感じたのでしょうね。

 

夏シーズンですと、七夕の美しい星空を見ながら、夜空に打ち上がる花火を見ながら、思い出に残るキスをしたエピソードもたくさんありました。

 

また、「特別な日」で忘れてはいけないのがプロポーズされた時のキス。

プロポーズのタイミングを待っていた女性からすると、片膝を床につけながら、指輪の入った箱を開いて「結婚して下さい!」というプロポーズはオーソドックスながらも女性の憧れの一つですよね!

 

中には、自分から逆プロポーズをして忘れられない思い出となったというエピソードもありました。

 

「なかなか彼がプロポーズしてくれない…」と悩んでいる方は、コチラの記事を参考にしてみて下さいね。

⇒ 彼氏が結婚してくれない!彼氏が結婚を渋る理由と対処法【8つ】

 

仲直りの忘れられないキス

些細なことでも、普段我慢している感情を爆発させてケンカをしてしまえば、大好きな彼と溝が生まれてしまい、危うく別れかけたというエピソードもあります。

 

ケンカ中はイライラしているので悪いイメージばかりが働いてしまいますが、久しぶりにあった彼のことがやっぱり好きだと感じて、申し訳ないお詫びの気持ちとこれからは彼のことをもっと大切にしようと思う気持ちから、

仲直りでした燃え上がったキスは忘れられないキスの思い出として残ることもあります。

 

そのキスがキッカケで別れることを避けることができ、無事結婚して幸せな毎日を過ごしているという羨ましいエピソードもありました。

 

男女共にですが、なかなか言葉では伝えられない気持ちをキスというコミュニケーションで伝えようとする場合もあります。

長いキスもその一つの形ですので、気になる方はコチラも参考に!

⇒ 長いキスは何秒でどれくらい?キスが長い男性の心理【10個】

 

別れの時の忘れられないキス

別れの時の忘れられないキスには2パターンがあり、一つは遠距離など大好きな彼との別れを惜しむキス、もう一つは破局の際にしたせつないキスがあります。

 

別れを惜しむキスのエピソードとしては、遠距離恋愛やどちらかが留学に行ってしまうなど、二人で会える時間が少ないもの。

大好きな彼が2年間留学に行くこととなり、「向こうで頑張ってくるから、俺のこと待ってて欲しい!」と言われてキスされることを想像すると、キスの思い出よりもその彼自体が忘れられない存在になってしまいそうですね。

 

たまに、電車の改札やホームなどでキスをしたり、抱きしめ合ったりしているカップルを見かけますが、はたから見ると「うわぁ~…」と思ってしまうかもしれませんが、なかなか会えない本人同士には忘れられないとても大切なキスですので、見て見ぬフリをしてあげて下さいね。

 

また、お互いが別々の道を歩もうとして別れという選択をした男女のせつないエピソードもありました。

「最後にキスさせてくれないかな」「思い出にしたいから、最後にキスさせて」とキスされると、まだ彼のことが好きな気持ちも残っているので、なんともせつない忘れられないキスの思い出となりそうです。

 

恋人ではなくとも良い関係の男性とデートをしていて、別れ際に腕を引っ張られて強引にもキスをされたというエピソードもありましたが、思い返してみてニヤけてしまわないようにご注意を!

忘れたいキスの思い出エピソード

続いて、忘れたいキスの思い出エピソードについてご紹介していきます!

ちょっとした気の過ちや勢いでしてしまった忘れたいキスですが、悪い意味では忘れられないキスとも言えますよね。

黒歴史のような忘れたいキスには、どのような思い出とエピソードがあるのか見ていきましょう!

 

好きでもない人とのキス

忘れたいキスの代表とも言える、好きでもない人とのキス。

さっさとファーストキスを経験したかったからキスしたけど、今は後悔しているなんてほろ苦い思い出もあるかもしれませんね。

 

学生時代、周りの友達にはほとんど彼氏がいて、自分も彼氏が欲しかった。

そんな時、好きでもないけど仲が良い男友達に告白されて付き合うようになり、付き合って1ヶ月後のデート中にキスしたけど、今では後悔した思い出。

と、誰と付き合うかよりも、付き合うこと自体に進んでしまった若いがゆえの過ちエピソードもありました。

 

男友達と飲みに行って、お互いの恋愛事情なども語り合って、楽しくお酒を飲んでいました。

話が深くなっていくとついついお酒も進んでしまい、気がつけば二人とも良い気分に。

帰り道を歩いている時にふと顔が近づき、お互いなんとなくキスをしてしまいました。

今思えば、なんでキスをしてしまったのか分からないほどです。

と、お酒の勢いとなんとなくの雰囲気でキスをしてしまったというエピソードもありましたね。

 

中には、大人数で飲んでいた後にキスをされたが、相手が酔っ払って吐いた後だったので、とても気持ち悪かったなんてエピソードも…。

また、彼氏と別れたばかりで寂しかったので、ナンパされた男性についていってキスしてしまったが後悔しているというお話もありました。

 

それが恋人関係に発展するキッカケであれば良いのでしょうが、好きでもない相手となると忘れたいキスの思い出として残ってしまうのでしょうね。

 

男友達にキスされた時の対策についてはコチラの記事を参考にしてみて下さい!

⇒ 突然キスされた!男友達にいきなりキスされた時の【5つの対策】

 

経験が浅かった時のキス

ファーストキスなどキスの経験がなければ、上手にキスを出来ない場合もありますよね。

少し可愛らしくも思えるエピソードもありますが、忘れたいキスの思い出として残ってしまっているようです。

 

高校生の時、好きだった彼とやっと付き合えることとなり、3ヶ月が経った時のこと。

彼の家で遊んでいたのですが、その日は親がいないということで、彼もキスをしようと決めていたんだと思います。

ちょっとした沈黙になってしまった時、彼が急に名前を呼んだので振り返ったら、見事にキスをしてきた彼の歯とゴチンとヒット!

ファーストキスだったのですが、とても痛い初キスの思い出となりました。

 

彼はいつ仕掛けるかキスのタイミングを探っていて、かなり緊張していたんでしょうね。

恋には勢いも大事ですが、このエピソードを聞くとちょっと勢いがあり過ぎたようです…。

 

キスが上手な男性は魅力的ですが、受け入れる女性側もテクニック磨きを忘れずに!

⇒ キスが上手い女性にハマる!男を虜にする【4つのテクニック】

 

終わってしまった時の別れのキス

忘れられないキスでもご紹介した別れのキスですが、失恋のつらい思い出から忘れたいキスの思い出となることも。

学校や会社など、元カレと顔を合わす機会があるのであれば自然と思い出してしまいますので、早く忘れたいけど忘れられないということで悩んでいる方も少なくないはず。

 

当時付き合っている彼はとても優しく、女性からもモテるタイプだったので自慢の彼氏でした。

ですが、付き合って半年が経った頃に浮気が発覚。

実は3股もしていたようで、私も遊びの中の1人と分かった時にとても悲しくなりました。

と、浮気をされたつらい過去の思い出自体を忘れたいという悲しいお話ですね…。

 

また、元カレに未練があるが別れを告げられたので「次の恋愛に進まないと!」と前向きに考えてみても、キスの思い出を忘れたい気持ちが強いほど、頭の中からはなかなか消えてくれないものです。

元カレとの思い出を忘れたい方はコチラの記事を参考にしてみて下さい!

⇒ 元彼を忘れる方法。忘れたい元彼に執着しないための心得【5つ】

 

自己中心的で乱暴なキスの思い出

やはりキスの思い出というのは、ロマンチックなムードと彼への好きな気持ちが高まった感情が重なり合った作られるものでしょう。

逆に、強引さを履き違えて、カラダ目的で乱暴にされてしまったキスの思い出は忘れたいキスの思い出として残ってしまいます。

 

ナンパやお酒の勢いで会ったばかりの男性と関係を持つようになった場合、その日限りだからと男性が女性を乱暴に扱ってしまうことも少なくありません。

普段のストレスを発散するために少しハメを外すことは悪くないことですが、ハメを外しすぎるともっとストレスになってしまうような忘れたい黒歴史を作ってしまうことも。

 

悪循環になるとどんどん自分を傷つけてしまうことになるので、忘れたい記憶になる前に、自分のことも大切にしてあげて下さいね。

 

口臭が気になるキスの思い出

キスをする上で気をつけたい口臭ですが、いくら素敵なイケメンでも臭いニオイがするキスは忘れたい思い出として記憶されてしまいます。

付き合って長いカップルや焼き肉デートなど、お互いが気にしない、お互い様の環境であれば許せてしまいますが、やはり口のニオイはどうしても気になってしまうものです。

 

ニンニクやネギなど口臭の原因となる食べ物のニオイ、ストレスやお酒の飲み過ぎからくる胃腸のニオイ、タバコによる口臭のニオイなどがあると、いくら素敵なムードだったとしても、そのキスは忘れたい思い出として台無しになってしまいます。

 

女性側の忘れたいキスのエピソードとして男性の口臭がきつかったという話がありますが、逆も然りで女性の口臭がひどくて嫌なキスとなったという男性側のエピソードもあります。

 

歯磨きや水分補給といった当たり前の対策も含めて、普段から口臭には気をつけておきたいところ。

どうしても口臭が気になる場合は、恥ずかしがらずに女性医師がいる歯医者さんで相談するようにしましょう。

 

「忘れられないキス」をするために

「忘れられないキス」と「忘れたいキス」の思い出エピソードについて紹介してきましたが、自分の経験や周囲から聞いた話などを思い出されたのではないでしょうか。

 

大好きな彼とするキスでも、ほんの些細なことがキッカケで「忘れられないキス」になるはずが、「忘れたいキス」になることもあります。

 

男性だけに任せるのではなく、女性側も「忘れられないような思い出になるキスをするのに、何か出来ることはないかな?」という考えを頭の片隅に置いておけると、彼ともっと素敵な思い出を作れたり、もっと大切に出来るキスの思い出が作れたりするのではないでしょうか!