5月23日がキスの日というのはご存知でしょうか?

5月23日がキスの日である由来を知る方は少ないでしょうが、世界的なイベント日でもあるバレンタインデーやホワイトデー、クリスマスなどはよく知られている記念日であり、その由来や意味を知っている方も少なくないはず。

 

今回は、キスの日が5月23日となった由来や世界的なキスの日がいつなのか、またキスの日を少し特別な日にするための過ごし方をご紹介していきます!

キスの日(5月23日)の由来

キスの日の由来は、1946年(昭和21年)5月23日に日本で初めてキスシーンが盛り込まれた映画「はたちの青春」が公開となったことが由来となっています。

(監督:佐々木康、キャスト:河村黎吉、高橋豊子、幾野道子)

 

今では恋愛映画だけではなく、歴史、アクションといったジャンルの映画でも目にするキスシーンですが、戦後間もない日本ではキスはもちろんのこと、デートでさえも不純異性交遊と呼ばれ、公に恋愛をするのはどこか後ろめたく、コソコソと愛を育む恋愛スタイルでした。

 

そんな戦後の日本でしたから、映画の中とは言え日本初のキスシーンは超話題となり、見てはいけないものを見てしまうような興奮と恋愛映画ならではのドキドキとで連日満員になるほど。

 

ちなみに日本初となるキスシーンは、我々がイメージする唇と唇が直接重なり合うキスではなく、オキシドール(消毒薬)が染み込まれたガーゼを挟んだキスで、男性役の俳優さんは「接吻(キス)とは消毒臭いものでした」と語っています。

 

キスの日の由来となった映画でキスシーンを描写するようになったのは、戦後日本の占領政策を実施していたGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の指導によるもので、「今までのコソコソした恋愛スタイルではなく、人前でも堂々と恋情や愛情を表現することが日本人には必要」としたからとされています。

 

確かに、アメリカやヨーロッパでは「キスは挨拶みたいなもの」といったイメージがあるように、欧米人の愛情表現はストレートで純粋なイメージですよね。

 

日本初のキスシーンが盛り込められた映画の公開日がキスの日の由来となった訳ですが、昔と比べ自由に恋愛を楽しめるようになった現代においても、欧米諸国のように公の場でキスすることは少なく、2人のキスを大切にしようとするのは、古きを重んじる日本人ならではの特徴と言えるかもしれませんね!

世界的なキスの日はいつ?

日本におけるキスの日は5月23日ですが、世界的なキスの日は7月6日となっており、1990年にイギリスで発祥した独自のキス記念日が由来となり、2006年に「インターナショナルキスデー」(国際キスデー)として設立されます。

 

日本のキスの日が1946年だったのに対し、2006年とはかなり遅いような気もしますね。

日本においては戦後という歴史的背景があったからかもしれませんが、イギリスなどではキスは挨拶も含めとても馴染み深いものなので、わざわざ「キスの日」というイベント日を作る意味が無かったのかもしれませんね。

 

世界的なキスの日は7月6日となっていますが、6月19日は「国民のキスの日」とされているようで、

色んなキスの日があったり、日本と同じように国々によってキスの日が異なったりします。

 

アメリカでは4月13日または9月8日、韓国では6月14日、インドでは2月12日または2月13日がキスの日とされており(諸説あり)、オーストラリアの8月25日はキスをして仲直りをする日とされているようです。

 

日本ではあまり馴染みのないキスの日ですが、世界では色んな形でキスの日を祝っているのですね!

キスの日はどんなキスがいい?

キスの日は誰もが知る恋愛イベントとまでではありませんが、夫婦やカップルなど愛するパートナー同士でキスの日を楽しみたいですよね!

大切な彼に愛を届けるキスとして、キスの日の楽しみ方をご紹介していきます!

 

キスの日だから「ありがとう!」のキス

普段キスをしたいと思っても、キスをするキッカケがないとなかなか難しいところ。

ですが、それを解消してくれるのがキスの日なのです!

 

「今日は何の日か知ってる?キスの日らしいよ~」「今日キスの日なんだって~」などと、彼からのキスを誘うキッカケを作ってあげると良いでしょう。

普段のキスのキッカケ作りにお困りの方は、コチラの記事も参考にしてみて下さいね。

⇒ キスするタイミングは作り出す!彼氏とキスする【7つのキッカケ】

⇒ 彼女からキスを誘うのもアリ!キスをおねだりする【7つの方法】

 

ただ、それだけだと少し味気ないので、「いつもありがとね!」「これからも一緒にいようね!」と感謝の言葉や愛情表現を付け加えて、特別なキスの日を演出しちゃいましょう。

最近忙しくて構ってくれなかった彼も、もっと彼女を大切にしようと想ってくれるに違いありません!

 

色んなキスの種類を楽しむ

キスをイメージするとノーマルな軽いキスか情熱的なキスかの2パターン程度を想像しますが、キスに色んな種類のキスがあって、下の記事では25パターンのキスをご紹介しています。

⇒ キスの種類で彼氏をドキドキさせるテクニック【25パターン】

⇒ ディープキスを彼氏と楽しむための上手なキスの仕方【8つ】

 

いつものキスではマンネリしてしまう、特別なキスをするためにも刺激が欲しいという方は、色んなキスの種類を試してみて、楽しいキスの日を過ごしましょう!

 

キスの日の由来にちなんで恋愛映画を見る

先程もご紹介した通り、キスの日の由来は日本初となるキスシーンがあった恋愛映画でしたよね。

その由来にちなんで、映画館や家で恋愛映画を楽しむのもキスの日に最適です。

「キスの日って、日本初のキスシーンが由来なんだって」なんて豆知識を披露しながら、彼とゆっくり映画デートを楽しむのも良いでしょう。

 

言うまでもなく、恋愛映画は2人のムードを高め、雰囲気作りを助けてくれるものですよね。

いつも頑張る彼を労う意味も込めて手料理を振る舞うのも良いでしょうから、良い意味でキスの日を口実に豊かな2人の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか!

 

手紙(ラブレター)を送る

5月23日はキスの日ですが、ラブレターの日でもあります。

その由来は似ていて、映画会社の松竹が映画「ラブ・レター」の公開日と「523(こいぶみ)」という語呂合わせによって決められてイベント日です。

 

現代において手紙を渡すことはほとんど無いでしょうが、普段伝えきれない感謝の気持ちや彼を想う気持ちを手紙に添えて伝えると特別感を演出することが出来ます。

 

デートの帰り際や別れ際に、「プレゼントあげる!帰ったら読んでね!」と可愛く手紙を渡して、彼との距離をグッと近づけちゃいましょう!

 

ファーストキスの記念日として

付き合いたてやまだ進展のないカップルは、キスの日を利用してファーストキスの記念日にするのも良いでしょう。

特にファーストキスはタイミングやキッカケがとても大切。

彼が奥手でなかなかキスをしてくれないようであれば、少し勇気を出してキスをおねだりしてみるのも一つの手です。

 

2人にとって特別な思い出となるファーストキスがキスの日とは、ロマンティックで忘れがたい特別な日となるでしょう!

初めてはやはり男性にリードしてもらいたいものですし、緊張でそれどころではないという方もいらっしゃるでしょうから、不安な方はコチラを参考にして下さいね。

⇒ キスしたことない人が初キスを失敗させないための【6つのポイント】

 

キスの日をネタにしたイラストや漫画を描く

趣味がイラストや漫画を描くことで、キスの日をネタに創作活動を行っている方々もいらっしゃるでしょう。

特にTwitterで「キスの日」と検索すれば、創作活動に励む方々が理想のシチュエーションや憧れるキャラクターなどをネタにキスの日のイラストがたくさんアップされています。

 

キスの日にちなんだイラスト作りのネタにお困りの方は、コチラの記事を参考にネタを探してみて下さいね。

⇒ キスの場所の意味は?一覧と部位別に分かる【28の男性心理】

 

イラストや漫画を描く方と限定されてしまう部分もありますが、漫画やアニメ好きのカップルなら検索したツイートを送り合って楽しむことも出来ます。

 

片思いや気になる彼にアプローチする時の話題のネタとして、キスの日にちなんだイラストや画像を探してみるのも良いでしょう!

 

キスの日を楽しもう!

まだあまり馴染みのないキスの日ですが、カップルで特別な日として楽しむのも良し、キスの日にちなんだイラスト作りに励むのも良し、キスの日をキッカケに気になる彼のことを想い返すのも良しでしょう!

 

中には、キスと魚の鱚(キス)をかけて、キスの天ぷらを食べたなんて写真をSNSにアップする方も。

(面白いことに、毎月23日は「天ぷらの日」とされているので、5月23日にキスの天ぷらを食べるというのもあながち間違いではないのかもしれませんね。笑)

 

バレンタインデーやホワイトデーのように、カップルはカップル同士の楽しみ方があれば、個人ならではの楽しみ方があるのもキスの日というイベントです!

バレンタインデーの由来は下の記事でご紹介してますので、併せてチェックしてみて下さいね。

⇒ バレンタインデーの起源と由来!海外との習慣の違いは?

 

キスの日を恋人や友人と楽しむ特別な日として楽しんじゃいましょう!

Sponsored Links