好きでたまらない男性心理!好きすぎる女性に取ってしまう行動

好きでたまらない男性心理!好きすぎる女性に取ってしまう行動

好きでたまらない女性や彼女に対する男性の行動とは積極的でストレートな愛情表現やアプローチが想像されますが、必ずしも女性にとって分かりやすい脈ありサインが送られてくるとは限りません。

確かに男性は好きすぎる女性にハッキリした脈ありサインを送る傾向にありますが、その好意のサインに注目していなければ簡単に見逃してしまう可能性もあります。

また、「彼と両思いのように感じるけど確かな自信は持てない」といった場合でも、好きでたまらない男性心理を理解することはその答えを見つけるヒントに繋がります。

好きでたまらない男性心理を見ていきながら、好きすぎる女性に取ってしまう男性の行動について一緒に見ていきましょう。

好きでたまらない女性に対する男性心理

好きでたまらない女性に対する男性心理

女性のことが好きでたまらない男性心理を想像していくにあたっては、まず始めに男性のタイプをイメージしてあげる必要があるかと思います。

積極的にストレートな愛情表現をしてくる男性もいれば、奥手でシャイな性格から消極的な脈ありサインだけを送る男性もいますよね。

ただ「好きでたまらない」「好きすぎるというほどに強い好意を持っていることから、男性は必ずどこかのタイミングでハッキリとした脈ありサインを送るようになります。

女性の皆さんにとっては分かりにくい脈ありサインであっても、男性にとっては本命度の高い脈ありサインを送っている可能性もあります。

まずは、好きでたまらないと想うからこその男性心理について見ていきましょう。

 

女性に好かれたい男性心理

好きでたまらない女性に対して、自分と同じように女性から好かれたいと思う心理に男女差はありませんよね。

好きでたまらない気持ちが伝わり、相手も同じように好きだと思ってもらえている両思いの関係を実感できる時ほど嬉しい気持ちになるかと思います。

「じゃあ、ハッキリした好意を示してくれないと分からないよ!」というのが女性の本音かと思いますが、人間同士の恋愛や心理とはとても複雑であるため、好きでたまらない女性であってもハッキリした脈ありサインが送られないケースもあります。

最も想像しやすい例としては、男性自身の自信や相対的評価が影響されるケースです。

簡単に申すのであれば、ルックスの良さや経済力といった魅力を持つ男性はモテる経験や女性を落とす自信もあるでしょうが、一方で自分の魅力に自信を持てない男性は好きでたまらないと思っていてもストレートに気持ちをぶつけられないものです。

好きでたまらないという強い好意があるので何かしらの脈ありサインを男性は送るのですが、女性から良いリアクションが返ってこなければ男性はさらに萎縮してしまう傾向にあります。

もちろん興味の無い男性に対して配慮すべきとは言いませんが、女性を口説くことに長けているかどうかだけではなく、男性が自分に好かれようとしているかどうかという視点を持ってみると、彼氏候補となる男性の幅は広がることでしょう。

 

自分をよく見せたい、男として意識してほしい男性心理

好きでたまらない女性に好きになってもらいたい気持ちから、「自分をよく見せたい」「カッコいい所を見せたい」「男として意識して欲しい」と思うのが男性心理というもの。

女性視点から見るとあまり受けの良くないように思えるアピールですが、男性が武勇伝を語ったり、他の男性よりも優れていることをアピールしたりするのは、自分が優秀な男であることを好きでたまらない女性に伝えようとする心理があるからです。

男性という生き物は色んな女性にモテたい心理を持つ傾向にあるため、特に合コンや飲み会といった出会いの場では優秀な男アピールをよく見掛けることでしょう。

ただ、好きでたまらない女性に対しては本命度の高い一途な想いを伝えようとするため、その女性の前だけでカッコつけようとする傾向にあるものです。

嫌われたくない男性心理

好きでたまらない女性に好かれたい、優秀な男として意識して欲しいという男性心理がある一方で、好きでたまらないと思うからこそ女性に嫌われたくない心理も同時に強くなるもの。

男性の恋愛は加点方式、女性の恋愛は減点方式と言われますが、男性は本能的なのか今までの恋愛経験からなのか、好きでたまらないと思うほどの女性から嫌われるようなことはまずしません。

だからこそ、優しさアピールのように女性からのお願いやわがままを何でも聞いてしまう男性がいるという訳です。

好きな男性に嫌われないように、男性の言うことを何でも聞いてしまう女性の心理をイメージしてみるとその男性心理を理解しやすいのではないでしょうか。

もちろん好きでたまらないからこそ嫌われたくない男性心理は、過度なワガママやお願い事が続くことによって冷めていく傾向にあります。

男性の本命度をうかがう程度の駆け引きは良いかと思いますが、男性を自由に利用しようとすれば彼の気持ちが冷めていくことを忘れてはいけません。

 

困っている女性を助けてあげたい、守ってあげたい男性心理

好きでたまらない女性が困っていれば助けてあげたい、力になって守ってあげたいという保護本能の男性心理は本命度が高まるほどに強くなる傾向にあります。

その保護本能の心理は気遣いや優しさといった脈ありサインとして送られるようになり、また自分のことをもっと頼って欲しいという男性心理を強めるようにもなります。

「荷物重そうだから持つよ!」

「これから寒くなるから風邪ひかないように!」

といった気遣いの言葉は、好きでたまらないと思える女性をサポートしてあげたい男性心理があることを理解してあげるべきでしょう。

もちろん社交辞令や紳士的な気遣いから、このような優しい言葉を投げかけられることもあるかと思います。

ですが、まず保護本能といった男性心理は脈なしや興味の無い女性に向けられることはなく、自分にとって大切だと思える相手だけに向けられる行動であることを覚えておきましょう。

 

自分だけの女にしたい男性心理

当面の目標としては好きでたまらない女性との恋愛が成就して無事カップルとして結ばれることにあるでしょうが、好きでたまらないという強い好意の感情であるからこそ、自分だけの女にしたい、手放したくないといった男性心理は強くなります。

それは独占欲の心理として紹介されますが、独占欲とは男性にとって特別な価値を持つ女性であるからこそ持たれる心理でもあります。

好きでたまらない女性が隣にいてくれるからこそ頑張れる。

好きでたまらない女性が自分のことを好きでいてくれるからもっと好きになれる。

それだけ男性にとって魅力的な女性であり、手に入れることが出来たのであれば絶対に手放したくない女性だと思われている証拠とも言えるでしょう。

好きすぎるからこそ取ってしまう男性の行動

好きすぎるからこそ取ってしまう男性の行動

好きでたまらない男性心理を始めに紹介した理由は、その心理が好きすぎるからこそ取ってしまう男性の行動と結びつくからです。

つまり、私達が男性の本命度を見極めようとするためのポイントは、男性の行動が脈ありかどうかで判断するのだけではなく、「その行動をしたのはこういう男性心理があるから?」と想像してみることが大切であると考えます。

ですので、これから紹介する「好きすぎるからこそ取ってしまう男性の行動」を見ていくにあたっては、上で紹介した男性心理を思い返しながらチェックしていただければと思います。

彼の気持ちとアナタの気持ちを確かめるためのヒントとしても、好きすぎるからこそ取ってしまう男性の行動についてチェックしていきましょう。

 

女性をよく見るようになり、目が合うことが多くなる

人は好きな対象を視野の中に入れておきたい心理を持ち、無意識にも好きな人を目で追ってしまう傾向にあります。

そのため、男性が好きすぎる女性を目で追っていれば視線を感じるようになり、よく目が合うようになるという訳です。

一目惚れした場合には相手を5~7秒見つめてしまい目が離せなくともされており、好きすぎる女性を目で追ってしまう無意識の視線は、気になる程度の好意の視線と比べてより多く向けられるかと思います。

また、その好意の脈ありサインは視線だけではなく実際の距離感に表れることもあり、なるべく好きな人の近くにいようとする心理から気づけば近くにいるといったケースも増えるようになります。

学生時代を思い返してみれば、気になる彼と話すことは出来なくても同じチームでスポーツしたり、同じグループで作業したりするだけで共有感が生まれたように感じて嬉しい気持ちなった淡い思い出もあるのではないでしょうか。

好きすぎる女性への行動というよりは脈ありサインとして紹介されることが多いものの、まだ距離感が縮まっていない関係であるからこそ、少しでも好きすぎる女性と接するチャンスを作ろうとする男性心理がうかがえます。

 

他愛もない話でも会話を広げようとする

男性が好きな女性に取ってしまうLINEでの行動に関するアンケートによると、「他愛もない話でも会話を広げようとする」という回答が52.9%と最も高い結果となっています。

男性が他愛もない話でも会話を広げようとする基本的な心理は、好きすぎる女性と多く接してしたいことにあるかと思いますが、転じて自分をよく見せたい、男として意識してほしいためアピールをしたい、仲良くなってデートに誘いたいといった男性心理もうかがえます。

特にLINEやDMといったコミュニケーションの場では、表情や声が見えない環境であるからこそハッキリとした好意のサインを送ろうとする男性も多いものです。

男性の脈ありLINE!好意の男性心理を見抜くポイントは?

 

女性のことを知ろうとする質問が増える

誕生日や日々の出来事など相手のことを知ろうと質問が増えるのも、好きすぎる女性に対して取ってしまう男性の行動の一つ。

男性が好意を持つ女性の情報を知ろうとする心理は大きく2つに分けられるかと思います。

一つは、シンプルに好きすぎるからこそ女性のことをもっと知りたいと思う男性心理があるから。

もう一つは、女性の趣向や価値観に関する情報を得ながらデートに誘うキッカケを探る男性心理があるからです。

例えば、血液型を聞かれた後に「A型とO型って相性が良いらしいよ!」というアプローチが送られてきたり、地元や出身地について尋ねられた後に「俺も行ったことある!」「良い所だよね~」と共通点を見つけては会話を広げようとしたり。

また、好きな食べ物を聞かれた後に「肉好き女性にオススメお店があるよ!」「このお店気になってるんだけど一緒に行かない?」とデートのキッカケを作ろうとしたりするようにです。

 

自分に関する話題が増える

女性のことを知ろうとする一方で、自分のことも好きになって欲しい男性心理から自分の情報を伝えてくるようになります。

その行動の中には自分がどのような人なのかを理解して欲しい心理と併せて、自分のことを好きになって男性心理が隠されていることでしょう。

自分の情報をさらけ出す行動は相手に対して心を開いている証拠でもあり、好きすぎる女性ともっと仲良くなりたいと思っている男性心理の表れでもあります。

2人だけの秘密を共有しようとする

2人だけの秘密や時間を共有して他の人が入り込めない世界を作ろうとする心理を「クロージング効果」と呼びます。

代表的な例を挙げるのであれば、恋愛相談をしている内に相談相手を好きになっていたといったような形です。

特に悩みや相談というのは信頼できると思った相手に対してするでしょうし、好意を持つ相手だからこそ力になってあげたいという心理が強くなることでしょう。

男性から悩みや相談事を打ち明けてくるのは女性を信頼している証拠であり、男性が女性の悩みや相談に真剣に向き合っているのはそれだけ女性のことを大切に思っている証拠でもあります。

恋愛心理学で惚れさせる!男心をつかむ恋愛テクニック【28選】

 

女性との会話の内容や情報をしっかり覚えている

女性の情報を知ろうとする心理、自分に関する話題が増える心理、2人だけの秘密を共有しようとする心理に繋がるものとして、男性は好きすぎる女性の会話や情報をしっかり覚えているものです。

それは、好きすぎる女性に好かれたい男性心理でもあり、好きすぎる女性に自分をアピールしたい男性心理でもあり、また好きすぎる女性に嫌われたくない男性心理による行動でもあります。

女性のことをたくさん知って女性の情報をしっかり覚えておけば、デートに誘うチャンスが増えるでしょうし、話題を広げることも出来るでしょうし、女性に嫌われるリスクを減らすことも出来るでしょう。

本命度の高い好きすぎる女性であるからこそ、女性に嫌われるようなリスクは避け、慎重に行動しようとするのも男性心理の一つかと思います。

 

女性からの頼み事やお願いは二つ返事で引き受ける

好きすぎる女性の力になりたい、困っていれば守ってあげたいという保護本能の男性心理によって、女性からの頼み事やお願いは二つ返事で引き受けることでしょう。

人間は誰でも大変なことや面倒なことをやりたいとは思いません。

ですが、「好かれたい」「嫌われたくない」という心理があるからこそ、労力を苦とも思わず女性の力になろうとするのでしょう。

興味の無い女性や気になる程度の女性に対してはNOと言えることであっても、好きすぎる女性だからこそYESと言ってしまうのはそれだけ本命度が高い証拠とも言えます。

ただ、男性の本命度を確かめようとして難しいワガママを言ってばかりでは男性の心も冷めてしまうので、自分の自信の無さや承認欲求を満たそうとして男性を利用するようなことは避けるべきでしょう。

 

何かと2人きりになろうとする

何かと2人きりになろうとする男性の行動は、積極的でストレートな好意のサインであるかと思います。

ご想像の通り「2人きりになる=デート」であることから、男性は何かを理由にして女性をデートに誘おうとする訳ですね。

なぜ2人きりになろうとするのかと言うと、最もシンプルな理由は邪魔されずに自分をアピールする環境が整うことにあるでしょう。

他にも女性を狙っているライバルの行動を気にする必要はなくなりますし、一旦でもデートの時間だけは自分を見てもらえるため精一杯のアピールを行うことが出来ますよね。

本命彼女かデートで見分ける!本気の男性が取る【10の態度】

計画的なデートをしようとする

「映画館に行こう」「美味しいお肉を食べよう」くらいの予定を立ててデートに行くかと思いますが、好きすぎる女性とのデートではより計画的にデートプランを立てようとします。

その理由はとても単純で、出来る限りで好きになってもらいたいし、出来る限りで失敗したくないと思う男性心理があるからです。

食事デートに行く場合でも、予め好きな食べ物だけではなく苦手な食べ物をチェックしておいたり、良い雰囲気であれば近場のお店を用意しておいたり、サプライズでプレゼントを用意しておいたり。

また、一日デートする場合でも、万が一雨が降った場合のデートプランを用意しておいたり、時間が余った時に楽しめるプランを用意しておいたり、女性の足が疲れないようなルートや移動手段を用意しておいたり。

これらをサラッとしてしまえる紳士的な男性の好感度は高いでしょうが、多少不器用なりにでも最大のおもてなしをしようとした男性の気持ちを理解してあげるべきであるかと思います。

確かにデートをどれだけ楽しませてくれるかは一つの判断材料になりますが、それだけではなく男性がどのような気持ちでデートに望んでくれたのかを少しでも想像してあげることが彼の本気度を確かめるヒントになるはずです。

 

デート費用は全ておごろうとする

好きすぎる女性とのデートですから、デート費用は男性が全て持とうとするかと思います。

その行動は男性の懐事情によっても異なるかと思いますが、好かれたい気持ちからカッコつけてよく見せたい心理でもあり、嫌われたくない心理による行動でしょう。

男性とは目的や問題解決のための論理的思考を得意とする傾向にあるため、効率良く労力を掛けながら「目的」を達成する傾向にあります。

ですので、好きすぎる女性のためであれば計画的なデートプランを練る労力も苦にはならず、また自分が我慢することになっても好きすぎる女性のためであれば大きな出費も必要な投資と考えることでしょう。

 

女性の都合や気持ちを尊重する

好きすぎる女性に嫌われたくない心理によって、男性は女性の都合や気持ちを尊重しようとします。

デート日を決める場合でも、本当は埋まっている予定を無理にずらして女性の都合に合わせようとするでしょう。

また、好きすぎる女性の気持ちを尊重しようとする心理から、女性の意見や価値観を否定することはなく、自分の気持ちを押し付けようとはしません。

常に最優先であるのは好きすぎる女性であり、好きすぎる女性のためであれば自分が犠牲になることも苦にならない男性の本気度がうかがえますよね。

 

恋のライバルに負けないように努力する

仕事や勉強、部活動でもそうですが、恋のライバルに負けないように努力するのも好きすぎる女性への行動です。

それは自分がライバルよりも優れていることをアピールする心理であり、自分を恋愛対象として見て欲しい心理によるアピールでもあるからです。

特に男という生き物は同性同士での競合心が強く、俺はこいつより優れている、俺はこいつにこの部分で負けているということを心の中でしっかり意識している傾向にあります。

女性の皆さんから見れば低レベルのように思えるかもしれませんが、俺の方がケンカが強い、俺の方が酒が強い、俺の方がモテるといった言い争いを見たこともあるのではないでしょうか。

ただ、好きすぎる女性に認めてもらうためには身内だけの言い争いによる優劣では不十分であり、複数の第三者から認められるしっかりした評価や結果が必要であると考えるのかと思います。

男性が仕事で大きな成果を出した時や、大きな決断をした時に告白やプロポーズをしようとする根底には、恋のライバルとの差別化を図ろうとする男性心理があることを覚えておきたい所です。

他の女性を見ない、他の女性に関する話をしない

好きすぎる女性へのド本命な気持ちがあるからこそ、一途で他の女性に揺らぐことのない確かな好意が存在するかと思います。

それは、彼にとって女性がそれだけ特別な価値を持つ女性であり、他の女性では満たされない魅力を感じている証拠でもあるかと思います。

その純粋な一途さは他の女性から見ても素敵な魅力であるため、その男性はモテる男性であるかも知れません。

ですが、彼の中には好きすぎる女性のことしか映っていないため、他の女性に目を配ることもなく、また他の女性に目を配る余裕すらないとも言えるかと思います。

ただひたすらストレートに一人の女性だけを見ていることは、最大の愛情表現であり男性の本気度の表れとも言えるでしょう。

 

家族や友人に紹介しようとする

好きすぎる女性だからこそ自分への理解度を深めてほしい心理から、自分のテリトリーである家族や友人を紹介しようとする傾向にあります。

それはもちろん自分のことをより理解してほしい好意の心理によるものですが、もう少し奥には周りから固めて女性を逃さないようとする男性心理も隠れているようにも思えます。

ただ、私達が見るべき部分は自分が愛する家族や友人と仲良くして欲しいと思う男性心理の部分かと思います。

逆の立場として、アナタも自分の友達と彼が仲良くしてくれていれば嬉しい気持ちになりますよね。

 

関係が浅い段階では弱みを見せようとしない

まだ関係が浅いと思える段階では、男性は好きすぎると思うほどの本命女子に対して弱みを見せようとはしません。

その理由はとても単純で、女性の前でカッコ悪い所は見せたくないし、出来る限りカッコ良い部分を見せたいと思う男性心理があるからです。

カッコつけようとする男性心理は、好きすぎるといった強い好意を持つ女性に対してだからこそ強くなることは想像しやすいものかと思います。

女性だって好きな男性の前では、いつでも可愛いと思ってもらいたいものですよね。

 

関係が深まると弱音をこぼしたり、甘えたりしようとする

一方で関係が深まると弱音をこぼしたり、甘えたりしてくるのは、他には見せない弱みを信頼できる女性にだけ見せても良いと思う男性心理があるから。

また、弱音をこぼして甘えてくるのは、自分と同じように女性にも自分を頼っていっぱい甘えて欲しいと思う男性心理の表れでもあります。

今までずっとカッコつけてきた男性が急に甘えてくることに抵抗を感じるかもしれませんが、男性とは好きな女性に甘えたい気持ちをずっと我慢しており、その気持ちを理解して受け止めてほしいとも考えています。

それを受け止めるかどうかが女性の気持ち次第ですが、受け入れる準備があるのであれば受け止めてあげることでまた一つ恋愛や信頼は進んでいくものかと思います。

男性が送る「寂しいサイン」と寂しい時に隠している男性心理

将来の夢や理想の恋愛、結婚感について語る

将来の夢や結婚感、理想の恋愛やカップルの形について男性が語るのは、女性と2人でいる将来を描きイメージした経験があるからでしょう。

その将来観がより具体的であり、2人の現実により近い未来像であるほど、女性への本命度はより高いものと考えられます。

一方で、現実と伴わない夢を語るばかりであったり、現実味のない将来を描いていたりする場合、よほどアナタが男性への可能性を感じていない限りは避けるべき案件であるように思えます。

その理由を言うまでもないかと思いますが、運良く上手くいった将来は描かれているものの、運悪く上手くいかなかった将来に対する対策が描かれていないように思えるからです。

自分が成功した時の隣にいるアナタが描かれていることはあっても、成功していない時の隣にいるアナタを幸せにする姿は描かれていないように思えますよね。

夢はいくらでも語れますが、2人が幸せになれる現実的な将来はそれなりの覚悟がないと語れるものではありません。

 

キスの回数が増える

好きすぎる女性への愛情表現としてキスの回数が増える傾向にあります。

オックスフォード大学の研究者らによると、長期的な恋愛と短期的な恋愛を望む人によってキスの重要度が異なるとする結球結果が発表されています。

短期的な恋愛を好む女はセックス前のキスが最も重要であり、セックス中から後、セックスをしていない時につれてキスの重要度が下がるのに対し、長期的な恋愛を好む人はセックスする前のキスとセックスをしていない時のキスに同等の重要性を持つことが分かったとしています。

つまり、好きすぎる女性との長期的な恋愛を望む男性はセックスとは関係ない場においてもキスという愛情表現やコミュニケケーションに重要性を持っているためキスの回数が増える傾向にあると言えます。

本命のキスと遊びのキスで異なる男性心理【11選】

 

我慢出来ないとカラダを求めてくる

まるで燃え盛る恋のように、好きすぎる女性を求めて抱きたくなる衝動を抑えることは出来ないでしょう。

この衝動は単なる性欲を満たしたい心理といった簡単な言葉では片付けきれず、好きすぎるからこそいっぱい触れ合っていたい、好きすぎるからこそいっぱいキスしていたい、好きすぎるからこそ手放したくない、好きすぎるからこそ心も体も繋がっていたいと思う色んな好意の心理が複雑に絡み合った衝動と言えるでしょう。

もちろんセックスが終わった後にピロートークにも抜かりはなく、ベッドの上でも最大の愛情で包み込もうとするのが好きすぎる女性に対する男性の行動でもあります。

男性はセックスした後に冷たくなるとされますが、それはオスとしての生物的な行動であり、生殖活動に集中した後の無防備な状態を外敵から襲われないように、急速に冷静を保とうとするオスならではの行動であるとされています。

そんな状態でも女性のことを第一に想って最優先に気遣うのは、それだけ女性に対する本気度が高い証拠であると言えるかと思います。

男性がエッチしたくなる瞬間とムラムラする男性心理

好きでたまらない男性からの脈ありサインを見逃さないように!

「好きでたまらない」という言葉の表現から、男性は積極的でストレートに好意の感情をぶつけてくるようにイメージしてしまうかもしれません。

ですが、実際には男性のタイプも関係して、好きでたまらないからこそ強い感情を抑え込もうとする男性もいれば、上手に表現できない男性もいることを理解してあげる必要があるかと思います。

それを男らしさや女らしさのように区別してしまうことは簡単ですが、「好きでたまらない」「好きすぎる」という強い好意の感情を自分らしく伝えようとすることは難しく、悩んでからまってしまう心理に男女差はないことを理解してあげる必要があるでしょう。

ほんの一歩男性の立場に立ってあげることで理解できる男性心理があり、見逃してしまいそうな脈ありサインをキャッチできることもあるかと思います。

自由恋愛をする上では自分の好みだけを追求していけば良いでしょうが、結婚やパートナー探しとなると好みや理想とは異なる観点を持つ必要があることから、男性から好きでたまらないと思われる女性であるための在り方についても考えてみてはいかがでしょうか。

本命彼女と遊びの違い!本命彼女にだけ見せる本気の男性心理