奥手な男性の脈ありサインは?シャイ男子を落とすアプローチ方法

奥手な男性の脈ありサインはとても分かりづらく、彼のことが気になるけど、脈ありか脈なしなのかハッキリしないのでどうして良いのか悩んでしまうもの。

しかし、そんな奥手でシャイな男性の心理を理解してあげることが、彼との距離を縮めるヒントに繋がります。

今回は、奥手男性の心理を読み解きながら、奥手な男性が送る脈ありサインとアプローチ方法についてご紹介します!

Sponsored Links

脈ありな奥手男性やシャイボーイの心理

脈ありな奥手男性やシャイボーイの心理

脈ありなのか脈なしなのかハッキリしない男性の言動に、「私はいつまで待てばいいの!」といった考えは一旦横に置いてみましょう。

恋愛に積極的な男性もいれば、消極的な男性もいるように、その男性のタイプと心理を理解してあげることが恋愛上手の秘訣ですよね!

奥手男子の心理は以下の6つ。

  • 自信がない、自己評価が低い
  • 恋愛に生真面目で不器用
  • プライドが高く、軽い男に見られたくない
  • 自分からアプローチして傷つきたくない
  • 相手も脈ありである確信が欲しい
  • 自分の世界を優先したい

これらの男性心理は複雑に絡み合うものであり、単純にイメージされる「奥手男性」「草食系男子」「シャイボーイ」に当てはまらない場合もあります。

ですので、「なぜ彼が恋愛に対して奥手なのか」の理由をイメージしてみて下さいね!

まずは、奥手でシャイな男性の心理について覗いていきましょう!

 

自信がない

自信の無さは恋愛に対して積極的になれず、女性に分かりづらい脈ありサインを送る原因になってしまうもの。

恋愛経験の少なさや女性と接する機会が少ない男性は、「女性を喜ばせるにはどうすれば良いのか」「自分を好きになってもらうにはどうして良いのか」が分かりません。

また、自己評価の低い男性は「アナタのような女性が自分を好きになってくれるはずがない」と、心の中で本当は積極的にアプローチしたい気持ちをグッと抑えてしまいます。

 

恋愛に生真面目で不器用

恋愛経験の少なさや自己評価の低さは、時に「恋愛において男はこうあるべき」といった固まった考えを持たせてしまうもの。

「恋愛は男がリードするべきだ」なんて考えは、かっこよさをアピールしたい、好かれたい心理が強まって、逆に自分にプレッシャーを与える結果になり、いざ女性と対面するとソワソワしたり、素っ気ない態度を取ってしまったりしてしまいます。

自分のことを良く見せようと頑張り過ぎて、「いきなり高級なレストランに誘って女性に引かれた」なんてエピソードもありますよね。

 

プライドが高く、軽い男に見られたくない

奥手男性に意外と少なくないのが、プライドが高く、軽い男に見られたくないというタイプ。

勉強や仕事に対しては他の男性に負けない自信があっても、恋愛経験の少なさがコンプレックスになっている場合も。

プライドの高さから、好きな女性や周囲に好意を悟られたくない心理も働くことで、受け身な恋愛を選択してしまうこともあるでしょう。

また、恋愛以外に対する男としての自信は、「男はこうあるべき」といった自己肯定を強める傾向にあり、誰もがイメージする硬派な日本男子を演出させてしまいがちです。

 

自分からアプローチして傷つきたくない

振られることや嫌われることに対する不安や恐怖心が強くなってしまい、恋愛に積極的になれない男性も少なくありません。

男性も女性も性別に関係なく、わざわざ自分を傷つけるようなことは避けたいと思うものですよね。

しかし、恋愛というのは理由なく好きの感情が自然と生み出されてしまうものでしょうから、好きな気持ちと叶わない恋(と思ってしまうネガティブな感情)とで葛藤してしまうのでしょうね。

 

相手も脈ありである確信が欲しい

本当はハッキリした脈ありサインを送って女性と仲良くなりたいと思っているのが奥手男性の本心。

ですが、自信の無さや恋愛に対するコンプレックス、プライドが高くなってしまい傷つきたくない心理から、女性も自分と同じだけ脈ありである確信が掴めないと積極的にはなれません。

 

自分の世界を優先したい

モテることや女性への関心よりも、仕事や趣味といった「自分の世界」を優先する男性も少なくありません。

そのようなタイプの奥手男性の気持ちとしては、「女性と付き合うことで自分の世界を優先出来なくなってしまうことを避けたい」という心理が隠れています。

もう少し深く見ていくと、「アナタのことだけを優先出来ない俺のことを理解して欲しい」という心理があるのでしょう。

追いかける恋愛よりも、追いかけられる恋愛を思い描いているのでしょうね

奥手男性のシャイな脈ありサイン

奥手男性のシャイな脈ありサイン

先程ご紹介してきたように、恋愛に奥手な男性の心理は、片思いをしている女性心理に近いと思いませんか?

奥手でシャイな彼の脈ありサインを感じ取りたいのであれば、「男なんだからハッキリしてよ!」なんて考えは一旦横に置いてあげると読み取りやすくなるはずです。

では、奥手男性特有のシャイな脈ありサインがどのように送られてくるのかを見ていきましょう!

 

遠い距離で目が合うが、すぐそらす

視線に気づいた女性と目が合うと、恥ずかしい気持ちからすぐ目をそらしてしまうのが奥手男性の特徴の一つ。

一般的に、好意や興味のある対象を無意識にも視界の中に入れておきたいのが男性という生き物。

無意識に好きな女性を目で追ってしまいますが、「恥ずかしい」「好意を悟られたくない」心理から、目が合うとそらしてしまうようになります。

「なんか気づけば目が合うような…」と感じるのは、「悟られたくないけど、意識して欲しい」脈ありサインだったりするものです。

 

近くになると目を合わせないし、素っ気ない

遠い距離では目が合うのに、いざ近い距離で対面すると目を合わないどころか、素っ気ない態度を取ってしまうのが奥手男子。

その理由は、「うわ~!近い!」とただとにかく恥ずかしいからなんです。

また、「恥ずかしがらずに声をかけるんだ!」「男らしく堂々としていなきゃ!」なんて考えが自分へのプレッシャーとなってしまい、脈ありどころか脈なしと思えてしまう態度を取ってしまいます。

 

彼の脈あり度を見極めるポイントは、他の女性にはフランクなのに、アナタに対してだけ素っ気ない態度を取るかどうか。

片思いの男性が近くにいてドキドキした経験を思い返してみると、奥手男性の心理がイメージされやすいですよね!

 

顔や視線はそらすが、身体やつま先は自分を向いている

恥ずかしい気持ちや好意を悟られたくない心理から、顔や視線をそらしてしまうのが奥手男性。

そこで、彼の身体の向きが自分に向いているか、つま先が自分に向いているかをチェックしてみましょう!

心理学的に、男性は好意のある女性に対して、身体を正面に向けようとしたり、つま先が自然と好意の対象に対して向いてしまったりする傾向にあるとされています。

「なかなか目線を合わせてくれないなぁ…」と奥手な彼の目線だけに注目せず、身体やつま先の向きもチェックしてみて下さいね!

 

気がつけば近くにいる、会話に交ざってくる

気がつけば彼が近くにいるけど、特に話しかけてくるようなことはないというのも脈ありサインの一つ。

それは、好意のある異性と同じ空間を共有したい心理があるからです。

また、自分からは話しかけられない奥手男性は、近くにいながらタイミングを見計らって、会話に交ざろうとすることもあります。

突然会話に交ざってきながら、「俺は」「自分は」と主張をしてくるのは、自分のことを理解して欲しい脈ありサインだったりするのです!

 

LINEやメールはマメで丁寧

緊張や恥ずかしさから対面した時には素っ気ない態度を取ってしまう分、LINEやメールではマメに返信が返ってきたり、丁寧に共感して聞き上手になってくれたりするのは奥手男性らしい脈ありサイン。

好意のある女性に対して「好かれたい」「頼りがいのある男に見られたい」心理があるものの、直接の会話ではそれのアピールが難しいので、LINEやメールで精一杯アピールしようとするのでしょう。

 

「LINEでは盛り上がるのに、何で直接話すと素っ気ないの?」とLINEやメールと同じように自然な会話を楽しみたいのが女心でしょう。

ですが、恋愛に不器用なため、素直に表現できない奥手でシャイな男性心理を理解してあげることも大切ですよ!

 

女性の好きなことを真似する

好意のある異性が、どんなことが好きで、どんなことに興味を持っているのか、相手のことを知りたいと思うことに男女差はありませんよね。

気になる人の好きなアーティストの曲を聞いてみたり、好きな漫画を読んでみたりするのは、好意のある異性との共通点を作ろう、共感出来る部分を探そうとする心理があるからでしょう。

 

ただ、奥手男性の場合は、その脈ありサインがとても分かりづらいもの。

「そういえば、○○が最近同じジャンルの曲にハマってるらしいから聞いてみたら?」なんて、明らかに今まで触れることの無かったことに興味を示すのは、会話のキッカケをあわよくばで期待している奥手男性ならではの脈ありサインなんです!

 

意見に肯定して共感してくれる

LINEやメールであれ、途中から会話に交ざってくる場合であれ、アナタの意見に共感してくれるのは脈ありサイン。

男性は競合性、つまり他の人間よりも自分が優れていることをアピールしたい傾向にある生き物です。

したがって、男女を問わず、好意のない人間に対しては「いや」「しかし」などと逆説的な言葉を用いて、意見を否定しようとしますし、特に男性間においては「うんうん」「そうだね」などと相づちを打たないこともあります。

 

しかし、好意のある異性に対しては「気に入られたい」心理が働くので、相づちを打ちながら共感しようとしますし、「俺もそう思う」と意見を肯定しようとするものです。

 

さりげない優しさをアピールしてくる

男性は好きな女性に対して頼られたい心理が働くので、男らしさのアピールの一つとして「優しさ」を表現しようとします。

奥手男性の場合、それは本当にさりげないもので、お菓子をくれる、飲み物を買ってきてくれる、他の男性より重たい荷物を持っている、隠れて仕事をフォローしてくれているなどで、誰かに教えてもらったり、よっぽど注意深く見ていないと見抜けない脈ありサインを送っています。

 

他の男性に嫉妬してしまう

他の男性と仲良くしていたり、楽しそうに会話したりしている様子を見て嫉妬してしまうのも奥手男性らしい脈ありサインの一つ。

自分もその男性のように気軽に会話したい反面、そう出来ないもどかしさを比較して、やきもちや嫉妬心が芽生えてしまうこともあります。

だからこそ、昨日は2人きりで仲良くしていたのに、今日は急に素っ気ない態度を取ってしまうなんてことがあるのです。

奥手な男性を落とすアプローチの方法

奥手な男性を落とすアプローチの方法

奥手な男性が送る脈ありサインについてご紹介してきましたが、改めて片思いしている女性心理に似ていると思いませんか?

「男なんだから」という考えも一つですが、相手を変えるより自分が変わるほうが恋愛を進めるに有効な手段はありません!

奥手な男性を落とすための効果的なアプローチ方法をご紹介しますので、奥手男子を好きになってしまった方はチェックしてみて下さい!

 

自分から積極的に

一般的なイメージの恋愛において、「男性がアプローチをして女性がその好意に応じる」の図がイメージされますが、奥手男性との恋愛にその図式は当てはまりません。

その理由は、お互い受け身であるために、恋愛どころか距離さえも縮まらなくなってしまうからです。

 

注意すべきは、女性自らガツガツアプローチすべきではなく、キッカケだけを作ってあげること。

「おはよう」「お疲れ様」の挨拶をしたり、「○○君は?」と声を掛けてあげたりしてあげればOKです。

奥手男性は恋愛に対して慎重であり、プライドが高く「男がリードするべき」という場合でも、ガツガツしたアピールは引かれてしまう原因になってしまいます。

奥手な彼がリードしやすいキッカケ、シャイな彼が話しかけやすいキッカケを作ってみて下さいね!

 

恋の進展を急ぎすぎないように

上で述べたように、男としてのプライドもある奥手男性ですから、女性がキッカケ作りとしてリードしてくれることに感謝と喜びの気持ちがあっても、女性にリードされる恋愛を望んでいないケースは多く見られます。

 

つまりは、恋愛が進展するキッカケ作りは助かるが、自分を男として立てて欲しい心理が隠れている訳です。

ですので、恋の進展を急ぎすぎて、女性がリードしてしまう恋愛の形は避けるようにしましょう。

 

脈ありサインをしっかり渡してあげる

遠くでアナタを見つめたり、LINEやメールで丁寧返信したりするように、奥手な男性なりに脈ありサインを送っています。

その脈ありサインの裏には、「アナタにも同じような脈ありサイン」が込められているもの。

 

つまりは、自分に対して脈ありである確信が欲しい心理が隠れています。

もし、奥手でシャイな男性を落としたいと思うのであれば、少し分かりやすく脈ありサインを返してあげて下さいね!

⇒ 男性の脈ありLINE!好意が分かる脈ありサイン【17個】

⇒ 男を落とすLINEテクニック!男子をキュンとさせるモテテク!

 

彼の意見に共感してあげる

アナタの意見に「うんうん」「そうだね」と共感しているのは好意の脈ありサインです。

また、「自分にも共感して欲しい」という心理が隠れており、好きな人に自分を知ってもらいたい脈ありサインでもあります。

共感してあげる時のポイントは、彼の名前を入れて褒めてあげること。

「さすが!」「すごいね!」だけではなく、「○○君のそういう所は素敵だと思うよ!」「やっぱ○○さんは違いますね!」といった形にして、上手な褒め言葉で彼の男心をくすぐってあげて下さい!

 

奥手男性を立ててあげる

先程も述べたように、奥手な男性の中には、「男とは」という固定観念や恋愛以外で他の男に負けていないというプライドを持っているケースも少なくありません。

ですので、受け身になって待つばかりではなく、男性がリードしやすいようにちょっとだけサポートしてあげて下さい。

例えば、「和食かイタリアンか悩んでるんだけど、○○君が食べたい方に決めてほしいな!」といった形です。

3歩後ろを歩く女のように男を立てるべきということではありませんので、シャイな彼をほんの少しだけ手助けしてあげて下さいね!

 

告白するなら自分からか確信を渡してあげる

奥手男性のことが好きになって、彼からの脈ありサインや告白を待っていたけど、ハッキリしない態度に冷めてしまい、彼から告白されたけど振ってしまったなんてエピソードもありますよね。

奥手なでシャイな男性は「嫌われたら」「振られたら」と最悪のケースを恐れるばかりに、積極的なアプローチを苦手としてしまいます。

 

ですので、告白については、女性から告白をするか、告白されれば付き合う確信を渡すようにしてあげて下さい。

「○○君が彼氏だったらな~」くらいにハッキリした形で、アナタからも脈ありサインを送ってあげて下さいね!

女性から告白する場合は、コチラの記事も参考に!

⇒ 片思いの告白の仕方【9つ】女の告白にテクニックは必要ない!

⇒ 告白セリフで胸がキュンとする言葉の【3つのポイント】

 

奥手な男性と鈍感な男性を勘違いしないように

「奥手な男性」も「鈍感な男性」も恋愛が苦手なイメージがありますが、「奥手」と「鈍感」は異なります。

「奥手」は、自分の好意や脈ありサインを思ったように伝えられないこと。

「鈍感」は、女性の好意に気づかない、女性の気持ちを読み取るのが苦手なことです。

 

女性から脈ありサインを送った場合を考えてみると、男性からハッキリした脈ありサインが返ってこないことに悩んでしまいますよね。

奥手な男性はその脈ありサインに上手にリアクション出来ないのであり、鈍感な男性はそもそも脈ありサインを返そうとしていないといった違いがあります。

気にある男性が「奥手」なのか「鈍感」なのかを見極めるには、コチラの記事もチェックしてみて下さい!

⇒ 鈍感な男の特徴と恋愛を進めるためのアプローチ法【9つ】

 

奥手で受け身同士の恋愛は進みづらい

奥手でシャイな男性は恋愛に基本受け身であるため、女性も同じように受け身で待っていれば、彼との恋愛はなかなか進んでいきません。

一度、気にある男性に積極的にアプローチ出来ないけど距離を縮めたいと思っている女性や友達から相談されたことを想像してみて下さい。

シャイな女心と奥手になってしまう男心との共通点が見えてきて、また男女ならではの違いも見えてくるはずです。

女性側も「男らしさ」を求めず、一度「1人の人間」として彼を覗いてみることが、奥手でシャイな男性を落とすヒントになるでしょう。